映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう下巻ですね!

人間の種類分け選別ゲームの理由が明らかに。
世の中は裏切り者の遺伝子で構成されている。破滅へ向かう人類。平和で優しい社会を作るため、人類の種を存続させるため、生贄が必要だと。


生贄の穴に落ちた生徒は生きているのか、
そこまで描いて欲しかったです。
当事者に遭うが、これから全てを教える所で終わってしまったよw

なんか、一番知りたい事が解決されずに終わってしまいました。溜まった疑問が半分も片付けられないw

この作品は私は個人的に何か違和感があります、何かを削られてしまって見落としているような…。
しかし、作者はそれを上手く、かわして描いています。
(作者までコンピューターじゃ無いよね!?)


下巻ではガラリ変わり、個人戦になります。
深く考えず、ゲーム感覚で読んでしまいたいが、下巻では許してくれそうにありません。皆さん裏切り、疑心暗鬼、駆け引き、色々クライマックスです…。
綺麗な心で綺麗に死にたい!
と思うか、生贄の山を築いても生き残りたいと思うか。
あなたはどちらを選びますか。
白黒はっきりしない曖昧さも美しくありました。

極限状態に陥った世の中でもし振るいに掛けられるなら。
他を犠牲にして生き延びる事の非情さ、悲しさ。
そして生贄の精神の美しさ…。
土橋流生贄ルールのお話。


【2011/01/27 10:46】 | 日記
トラックバック(0) |
kICK-ASS
「ass?どういう意味?」
「悪い奴らのケツ蹴っ飛ばすぜ?」
「パワーがあるぜ?(強そうな)」
自分なりの解釈ですがご存知の方教えてください。(o∩.∩)

最近やっと愛知県でも上映が始まりました。(いつも思いますが、なんで東京より遅いwww)
まず、この原作コミック
マーク・ミラー原案
ジョン・ロミータJr.絵
オールカラー
定価:2310円
小学館集英社プロダクション

映画館で販売されていました。オールカラーで日本語版です。読みやすかった。
しかし、
映画と変えてありますね。
キックアス以外コスチュームが違います(笑)
噂ではニコラスケイジのアイデアで60年代ウェストがまとっていたバットマンの姿のコスチュームを纏っているそうな。
レッド・ミストもなかなか派手になりました。

漫画では主人公は母を動脈ガンで亡くした可哀相な父と暮らす16歳。デイヴ・リズースキーで普通の高校生。
母親と生き別れ。父と何故か場所や名前を変えながら生きる少女ミンディ・マクレイディ10歳。
お話が大きく違うのはクライマックスとラスト。あのBig-DADDの復讐を誓う物語の漫画の部分がアメコミにはありませんね。
なによりケイティとの行く末が…。
撮影前は3巻目まで、撮影終了時に5巻目が、最終章の8巻目は映画の仕上げ中に発売されたそうです。
ちょっと待ったw
では、恐らくこの日本語版は8巻までの内容を1冊にしているのでしょうね。

ビッグニュース!!このキック・アスの続編が決まったそうです。Σ( □ ;)



アーロン・ジョンソン:デイヴ・リゼウスキ/キック・アス
1990年、イギリス出身


クロエ・グレース・モレッツ:ミンディ/ヒット・ガール
1997年アメリカ出身

クリストファー・ミンツ=クリス・ダミコ/レッド・ミスト
1989年アメリカ出身

マーク・ストロング:フランク・ダミコ
1963年イギリス出身

ニコラス・ケイジ:デーモン/ビッグダディ
1964年アメリカ出身

マシュー・ヴオーン:監督/製作/脚本
1971年イギリス出身

マーク・ミラー:原作/製作総指揮
1969年スコットランド出身

ジョン・ロミータJr.:原作(作画)/製作総指揮

プランBエンターテインメント
音楽:ジョン・マーフィー/ヘンリー・ジャックマン/マリウス・デ・プリーズ/イラン・エシュケリ
2010年アメリカ/イギリス
117分


《感想》
ハリウッドの条件通りPG13で、ヒット・ガールを削る指示に従っていたらここまで興奮するヒット作品にはなら無かったでしょう。また、コミックに生き写しにはしたくなかったそうです。
独立資金で作る決心をして、チャットサイトで披露した映像にマニアの少年達が夢中になったが、配給に同意されるか分からない状況だったそうな。
編集が終わり、完成品をスタジオ
(2008年9月からロンドンのエルスツリー・スタジオで撮影スタートしたそうです)
に見せたところ、やっとアメリカのライオンズゲートとイギリスのユニバーサルが配給に同意したそうです。

妥協した映画はつまらないです。妥協しなかったからここまで喜んで貰える作品になったのだと思いますが、暴力的表現、残酷なマフイアの拷問シーン、ヒーローを虐待してなぶり痛めつけるシーンはヤクザ映画みたいで私にはとても痛そうで辛かった…(汗)
ところが、20代の男の子達は喜んで笑ってみていました。
ええっ!今、笑うところかっ!?Σ( □ ;)

この映画を見終わったらしばらくは、男の子を見るとキック・アスコスチュームを脳内で着せまくりました。(笑)
「キック・アス!!!」

しかし何故、緑なのか。
まるで仮面ライダーレンゲルみたいだ。

選ぶなら、私は赤いレッド・ミストの衣装がお気に入りかな。赤と黒はいい!(>_<)


ところで、主人公の妄想シーンは勘弁してよw
男の子達に囲まれた席でしたから、かなり気まずい!
誰か笑えw私は無理かだから!

ヒット・ガールのアクションは壁を駆け上がる以外は9割方自分でこなしたとインタビューで答えていましたが。
本当にΣ( □ ;)
しかし、バタフライナイフの手さばき見事!!
よい子は真似しないでね。(笑)このヒット・ガールは2009年に製作だから今はかなり成長しているに違いない。

主人公のアーロンはいい目をしています!漫画では目抜き帽でしたが、口元を出していますね。容姿、全然平凡じゃないじゃん。
しかし、今後も期待できそう。
新しい軟弱ヒーローですw
見終わった後、興奮して胸が熱くなりました。

エンディングの時、椅子が振動するサービスでもあるのかと思ったら、お兄ちゃん達が体揺すってたw
なかなか音楽が良かったかな。


私としてはやはり仮面ライダーの方が好きだ m(_ _;)mすみません。
今回ヒット・ガールは、拳銃を撃ちまくりましたが、アメリカの銃を所持する事情がよく解らず調べてみました。
ヒット・ガール11歳ですから、
アメリカでは11歳で銃を扱う風習が地域によっては事実上無くは無さそうな気がしました。



気になる記述を見つけましたので一部分を載せてみました。




米国では、長物(ショットガンとライフル)は18歳以上、ハンドガンは21歳以上から購入できます。
ただし、州や地域によって独自の年齢制限が指定されている場合は、その地域の法律に従う必要があります。




今回事件が発生したバージニア州では、12歳の未成年でも攻撃用ライフルを保護者の承認なしに1月に1丁の割合で購入することができる。購入に年齢制限がない州もある。




要するに過去乱射事件があったような地域の住人の子供達は事実上所持して、使いこなせる可能性が高い、のかな。

要領を得なくてすみません。
今調べていますが、子供が銃を所持する国の事情などなかなか重いテーマを読んでいるうちに…。
訳が分からなくなりました。
m(_ _;)m
詳しい方見えたら教えて下さいw


追記を閉じる▲

【2011/01/27 18:32】 | 洋画
トラックバック(8) |

Resおもしろかった
愛知女子
よしなさんトラバ&コメントありがとうございます♪
よしなさんがヒット・ガールのクロエちゃんの表情をほめちぎるので、私も鏡で真似してみました。顔の筋肉が凄く疲れました。筋肉痛…(笑)
また、スラングで「超かっこいい!」とか「イケてる奴」みたいな意味。も教えて下さいましてありがとうございます!(∩.∩))
おお、よしなさん公式ツイッターアカウントをご覧になっていますか!
クロエちゃんもう益々可愛くなったのでしょうね。
よしなさんぞっこんですね(笑)
また、『GANTZ』の計も凄い妄想力を発揮してガンツスーツがムキムキに…。どこをムキムキにしているのか…。目の前の女の子を我慢したりする悩める高校生に笑えます。映画のキック・アスの主役にかなり似ている気がしますから、アニメや漫画にハマると思います。漫画は未読ですが、アニメは星野星人ならぬ鈴木星人を只今観ております。
ではでは今後ともよろしくお願い致します。


おもしろかった
よしな
愛知女子さん、こんにちは。
この作品、おもしろかったぁ~。ヒーローものって無表情で敵を殺すシーンが多いのに、ヒットガールの歯をむき出して敵に襲いかかるのは素敵でした。迷子を装っていたシーンは、男なら萌えっとなるはず。そんなクロエちゃんも明後日に誕生日を迎えるそうです。大人にならないでぇ~。。。

Kick Assは「ケツ蹴りあげるぞ!」という意味ではなく、スラングで「超かっこいい!」とか「イケてる奴」みたいな意味なんですって。公式ツイッターアカウントが言ってました。


aoiさんへ
愛知女子
こちらこそトラバ&コメントありがとうございます♪
ご覧になりましたか!!
凄く熱い映画ですよね。私も続編楽しみですwヾ(^∇^)
役者さんの成長も楽しみです。また、aoiさん今度ともどうぞよろしくお願いします。

ようやく観ました!
aoi
こんにちは!
ソーシャル・ネットワークのほうでコメありがとうございました♪
これようやく観ました~
確かに妥協いっさいないのがよかったですねi-237
でもオススメするのに人によっては躊躇しますね~、真面目な人は怒りそうで。笑
続編出るんですね。早く撮影してほしいな。

Resこんばんはー&ようこそ♪
愛知女子
アベネズミさん、どもどもー
続編の製作が決まりましたw
ですから、こちらで観られるのはまだまだ先の話なのでしょう。
クロエちゃんとニコラス・ケイジの誕生日プレゼント絡みは可笑しかったですね。完全にマニアな2人の世界ですね。いるんだろな、あんな親子。見た事ないけど…。
レッド・ミストの車には魅せられましたね。

おお!パンフレット買われましたか!? 安っぽい…。うーん、内容的にはもう少しプラスアルファ欲しい気も。

ではでは 今後ともどうぞよろしくお願いします。


こんばんはー
アベズミ
どうもー

続編が出るんですかっ。知らなかった・・・。

クロエちゃんとニコラス・ケイジの誕生日プレゼント絡みは良かったですね(笑)

レッド・ミストの配色なら車がめっちゃツボ!
派手だけどちょっとクールな感じの赤×黒いいですね~

そしてパンフレットがもの凄く安っぽかったのがまた良い所で(笑)





Resこんにちは♪
愛知女子
どうもこんにちは♪
yukarinさんコメント&トラバどうもありがとうございます!ヒット・ガールの登場のお陰でテンションが跳ね上がりましたね。客席の男の子達は一様に大喜びでした。
おお!yukarinさんもコスチューム赤派ですか!!やったww同志がいらっしゃいました。ヾ(^∇^)
また、続編楽しみですね。
ではでは


こんにちは♪
yukarin
これはヒット・ガールがいなかったら面白くなかったと思いますね。
子供が物騒なもの持ってていいのかーと思いつつ、カッコ良く思えてきてテンション上がってしまいました。

コスチュームはやはり赤が好きですねぇ。

Resひょろひょろ緑
愛知女子
ふじき78さんこんにちは♪トラバ&コメントどうもありがとうございます!
ば、罰ゲームですか…。Σ( □ ;)
なる程、確かに第一印象が大事!
あの状況で誰も助けないとは…。しかも撮影会になっとるし…。

私も疑問だったのですが、お話では、この緑の繋ぎ姿はなんのヒーローのイメージのコスチュームなのか分かりません。
私は「亀の忍者?」「ロック・リー?」「鎧を外したレンゲル?」
などのイメージでしたが、アメリカ人は何を連想するのでしょうか。興味深いです。




ひょろひょろ緑
ふじき78
一番最初にファミレスみたいなところで「おい、スーパーヒーロー姿の男が戦っているぞ」と言った通りすがり君が偉い。

だって、スーパーヒーロー姿に見えない。どっちかって言うと全身タイツでしょ。

「おい、罰ゲームの男が戦っているぞ」
これじゃいかんですよね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。