映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんこんにちは5月1日に行って来ました!

映画館での映画鑑賞は4月1日以来です。
映画のブログなのに何やってんでしょうかね。

さて、GANTZですが、
2011年4月23日に公開される続編の公開前夜に
日本テレビ系列

『金曜特別ロードショー』にて

『アナザー GANTZ』

が放映されたそうです。

私観てなかったのでよく知りませんが。。

映画では描かれなかったもう1つのストーリーとか。

それぞれのキャラの現実世界での顔が明らかにされているようです。


加藤晴彦観たかった!

原作にも登場するガンツの謎に迫るルポライター菊地(加藤晴彦)の視点で創られているとか。

さらに見逃していじけていた私に朗報が!

なんと
5月13日に
DVDとして発売になるそうです。
(>ω< )

じゃあ、レンタルに出るかな‥。(せこい!)

あっ、特に観てなくてもあまり映画に影響ないそうです。
安心しました。
夏菜がファンの方にはいいかもしれないようですー。


では、映画の話を
《感想》
どこからが本当でどこまでがCGなのかよ全く境目が分からなかった。

今回のVFXは細かいです。凄く頑張ってました。もうちょい費用と日数があればもっと良く創れたかもしれません。結末もあれはあれでいいのでは。

もともとパラレルワールドなのですから
また、別バージョンのお話を期待してます。

アニメの続編を観てみたいです!


どうか創ってくだちい!


《美術頑張った》
今回は今は使われていない旧神戸市中央卸売市場本場だった場所を東京の商店街に作り替えて、
仮面ライダー並みに爆破シーンを連発してました。
二宮くん吉高由里子をおんぶして走ってますが
この時は役者は勿論、スタッフもめちゃススだらけになったそうです。


地下鉄シーンは東京都のりんかい線大井町駅を借り切って行われたとか。
今回はどうやって撮影したのか気になりました。
黒服星人との死闘が繰り広げられる地下鉄車輌は、ホンモノそのまま実寸サイズセットとして再現。
横浜にあるCMスタジオに80メートルの長さの屋根付きの場所があったそうで1両が3分割できるようになっていて、撮影の都合に合わせていろいろトリックしたそうです。

全然分からなかったよ。
Σ( □ ;)

まだまだ今回どうやって撮影したのか分からないものがいろいろあります。
映画って面白い!

と私には思える作品です。


《アクション、バトルに大満足》
アクション好きな人、オススメします。
地下鉄では刀同士のバトルシーンの連続ですが、転送先は地下鉄。お客さんが沢山乗って来ます。
今回はガンツスーツを見てクスクス笑ったり写メる人達。
『見えてる!!』

そして滑稽なシーンが一瞬にして惨劇に。

顔ギリギリに刃先を掠めてるけれど怪我しなかったのが奇跡だな~。
と思いましたが、
もしや刀の長さをVFX使った?

でも、今回の黒服星人
の黒服達は
マジ不気味でした。
よくあの顔の人達集めたなぁ。

綾野剛(アヤノゴウ)って確かSPの劇場版で、最初に出てきましたよね…!?
身体柔らかくして撮影に臨んだ甲斐がありましたね。
本当に軟体で不気味だけれど美しかった。
インパクト強すぎるw
これからが楽しみです!
スポンサーサイト

【2011/05/04 14:26】 | 邦画
トラックバック(6) |

Res地下鉄バトル
愛知女子
いしもちさん
こちらこそ、はじめまして!

私首都圏には疎くてよく分からなかったのですが、そうですか。

地下鉄を走るりんくうがJR埼京・川越線にも乗り入れているのですね。
教えてくださりとても嬉しいです。あの車輌はすごく気になっていましたが、詳しく分かって良かったです!!

いしもちさん、どうもありがとうございました!
こちらは最近、更新が遅くなりがちですが、
また今後とも遊びにいらして下さい。

ではでは失礼いたします。


地下鉄バトル
いしもち
はじめまして、
地下鉄城南線における黒服星人とのバトルシーンですが、実際のりんかい(東京臨海高速鉄道)電車の車内を忠実に再現したものですけど、この電車はJR埼京・川越線にも乗り入れてますから沿線に住んでる方々が地下鉄バトルを観てたら、さぞかし驚いてたのではないかと思われます。
では、失礼します。 

GANTZ PA コメントありがとうございます
珍竹燐
コメントありがとうございます。
トラックバックは各個記事にあります。

GANTZゲームを終わらせるだけならそうなんだけど、何事もなかったようになってしまうのは残念な感じでした。

また、よろしくお願いします。

Resこんにちは
愛知女子
よしなさん、こんにちは。
ロケ地のお近くにお住まいでしたか!
自分に縁のある場所が映画になっているとは素敵ですね。
兵庫県は日本一ロケ地を提供しまくってますね。
あの商店街のシーンは
今は更地ですがGANTZの撮影に使われた事を、地元の方々は喜んでみえるそうで。良かったですね。
コメントありがとうございました。


こんにちは
よしな
愛知女子さん、こんにちは。

大井町、青物横丁などなど僕が以前住んでいたところに近くて、映画本編の他にも、そう言った所で楽しめました。僕が住んでいたころとだいぶ変わってるなぁ(笑)。
今回のバトルシーンは人間対人間風で前作と違ってまた違う迫力がありましたね。おもしろい作品でした。

Res映画を観られて良かったですね
愛知女子
ナドレックさん、こんにちは。コメントどうもありがとうございます。
はい。久しぶりの映画館です(笑)
へんてこな星人…。
私は漫画未読でよく分かりませんが、
最強のぬらりひょん星人との対決がもし可能ならば観てみたいです!大阪のメンバーと同時に召還される話は面白そうです。
これからも、まだまだやって欲しい映画です。

ではでは
失礼いたします。



映画を観られて良かったですね
ナドレック
アクションが良かったですね。
殺陣の振り付けは見事だったと思います。ヘンテコな星人が影をひそめたのは残念ですが、アクションするためには仕方がないですかね。



愛知女子
ひろたかさん、こんばんは!
ひろたかさんも1日にご覧になりましとは…。
黄金週間なので、恐らくそちらも大変混んでいたかと思います。(^∇^)

ところで、西くんのそんな台詞が…。観たい!
毒気付くセリフいいわー!!(>ω< )

都会周辺ではガンツのロケ地を散策する人もいるとか。
ガンツ大人気ですね。


ひろたか
こんばんわ♪
僕も同じ1日に観てきました^^

やっぱり、あのオープニングがインパクトありましたね!
しかも前作見て無くてもある程度ガンツのルールが理解できるようなカットを挿入してるところもイイ!
DVD買ったらあそこだけ繰り返しみたいですw

アナザーは西君の学校のシーンとかあって面白かったですよ♪
「…愚民どもが」がちょっとツボです^^

コメントを閉じる▲
こちら何故か、
豆腐ではなく豆富なのですね。

京極夏彦原作『豆腐小僧双六道中ふりだし』を映画化

《声の出演》
深田恭子、武田鉄矢、小池徹平、大泉洋、平野綾、檀れい、松平健他

3Dアニメ
妖怪なのに
人を恐がらせることができない
でも、キミにしかできないことがきっとある!


お母さんからもらった大事な紅葉豆腐を手離してしまうと豆富小僧は消えてしまうキャラらしい。なんという弱点…。

豆富小僧のお母さんは自分の豆腐を豆富小僧に与えたせいで消えてしまったと達磨は言っていました。
この時点で豆富小僧のお母さんが一体何者なのかは設定されていません。
お姉ちゃんは轆轤首なのだからお母ちゃんは轆轤首では???
なんで見越し入道の息子がこんなに弱い?

と疑問やツッコミがありまくりですが、
原作まだ未読の為よく分かりません。


とにかく、すこぶる愛くるしいキャラです。
今時の言葉で言う
『癒やし系キャラ?』


宣伝をご覧になったなら分かりますが、2頭身の豆富ちゃん。
ある日、
お父さんの見越し入道の元を離れ、
1人でお母さんを探しに出掛けます。

ところが、日頃から見越し入道を目の敵にしている芝居者狸にまんまと騙され、人知れず達磨とお堂に封じ込められてしまいます。

時代は200年たった現代に。
達磨とにらめっこをしていたら突然、
バリバリバリとお堂を突き破るショベルカーが。豆富小僧達は慌てて逃げ出します。

外に出たはいいが。

しかし、そこにはかつての森も、見越し入道ら妖怪達もいなくなり…。
狸達が人間の欲望に巣くう時代になっていた。

そこで知り合った人間の女の子との心通わせる豆富小僧。

豆富小僧ら妖怪と狸達との諍いがコミカルに描かれています。
ディズニーみたい。

果たして、頼りない豆富小僧はお母さんに会えるのか。
そして人間のお友達アイちゃんの為に豆富小僧が出来ることは何か。

考え迷い、決断する豆富小僧には少し感動させられるかも。

子ども達には是非ともオススメ!!

ただ絵がコンピューターグラフィックなので
そちらが苦手な方にはあまりオススメ出来ませんが、豆富小僧は可愛らしかった!


《豆腐小僧について》
昔見た水木しげるの妖怪図鑑には、
豆腐小僧の豆腐を食べると全身にカビが生える。
と書いてあり、今回げっ!Σ( □ ;)

と思いましたが、
ぐぐってみましたら、
その悪い妖怪説は比較的最近、昭和以降の児童文学向け書籍による創作のようです。

豆腐を持って歩いているだけで別に何もしないのが定説。
良かった(*´∇`*)

《発祥》
安永年間に突然登場した妖怪とされ、当時の草双紙や黄表紙、怪談本、玩具のキャラクターとして人気を博し、その人気は明治時代まで続いていたそうです。
まあ、所説あるようです。
その一部ですが、
アダム・カバット説では豆腐商業関係者が販売促進の為に考案したものであり、
小僧の持つ豆腐に大抵紅葉が散らしてあり、『こうよう』→ 『買うよう』
て洒落を掛けている説。
また、多田克己は
一つ目小僧が豆腐を好むという俗説が豆腐小僧になった。固いも『こわい』という事から、柔らかい豆腐から『恐くない』
との意味を持っている説。
等々その所説ありそうです。

豆富小僧が主役は初めて。
今後シリーズ化するだろうか…。

まったりとしち深田恭子の声。
健気で小さい豆富小僧。豆富小僧の台詞回しにご注目。

ではでは

【2011/05/04 22:38】 | 邦画
トラックバック(3) |

Res最近は…
愛知女子
 ども、こんにちは!ゆうだい♪さん。
コメントをありがとうございます!
ご心配をお掛けしまして申し分けございません。Blu-rayのレンタルいいですね!!まだまだ数が少ないですが綺麗で音声もいいですから同じ値段ならDVDよりこちらを借りたい!と思ってしまいます。が、倍率高いのかタイミングが悪いのかなかなか空きません。
そろそろインセプション観なくては…。
また新作どんどん来てますね。
ゆうだい♪さんから映画のお話が聞けるとは。ξ(⌒‐⌒ξ
あとバイオハザードは最初の途中でリタイアしてしまいました。登場人物が次々細切れになっていくのに耐えられ無くて…。また、そろそろ再挑戦しようかと思います(笑)
ではでは
失礼いたします。
感謝


最近は‥
ゆうだい♪
結構更新期間が空いているようですが
急がしのでしょうか?自分は忙しいですwww

でも、ちょっと前にBDを借りて見ました♪
「インセプション」と「アイアンマン2」です。

インセプションはストーリーは「?」でしたが
映像と「夢」と言う内容に楽しめました!!
アイアンマン2は、よくある「ハリウッドの続編」って
感じです(1は好きでしたけどww)


今はバイオハザード(ゲーム版の3DCG)を
見たいと思っているけど見れてない状況です。
またの更新待っていますよ~。


愛知女子
ふじき78さんこんにちは。トラックバックありがとうございます!
fc2で良かった‥(汗)

ところで、豆富が進化して爺になる?Σ( □ ;)
多分すぐ豆腐落としちゃいますよ。
こちら確かに、話に深みは全く無いですね。
うーん、例えるなら豆腐みたいに淡白な映画ですね。
薬味の無い豆腐みたいな‥。
頑張らないのが売りなのかもです‥。

ではでは失礼いたしました。




ふじき78
いきなり老成して豆富爺になったら、それが一番怖いかもしれない。

映画は萌えキャラメインで話がちょっと追いつかなかった感じですね。

Res豆腐は観るのではない、食べるのだッ
愛知女子
どうも窓辺のマーガレット愛知女子です。
りとらさん、コメントありがとうございます。
って、りとらさん!一瞬どなたからかとびっくりしましたよ…。(笑)

こちら桂三枝実の番組の挨拶に使われていたとは知らなくて、
しばらく「窓辺のマーガレット」を検索して考えてました。ξ(⌒‐⌒ξ

ところで、妖怪豆腐小僧は映画「妖怪大戦争」にも出ていたそうですね。
私はこの映画、小豆とぎが強烈で忘れてました‥。
冷酷な妖怪美女役、栗山千秋、美しかったけど怖かったですw
ところで、豆腐小僧で画像検索してみましたよ。明らかにキユーピーちゃんにコスプレさせただけだったり、
どう見てもエイリアンやのっぺらぼうだったり…。色々突っ込みたくなるモノ満載ですね。(笑)

しばらく爆笑しながら見てました。
これは確かに‥。
(^m^)

ではでは失礼いたします。

Resこんばんは。
愛知女子
NANTEIさん、コメントありがとうございます。
拙い文章で、お恥ずかしい。まだまだ未熟者でございます。
何かお気づきの事がございましたら仰ってくださると嬉しいです。
NANTEIさんは色々な分野にお詳しいようで。私なんぞ遠く及びませんよ。

「豆腐小僧」は今回の映画がきっかけでざっとですが、調べました。

NANTEIさんもこういう伝承などの蘊蓄に興味がおありですか。
何だか嬉しいです。

ではでは失礼いたします。




豆腐は観るのではない、食べるのだッ
りとら
こんばんわ、窓辺のマーガレットりとらです。
映画は観てませんが、豆腐小僧の存在を知ったのは、
映画「妖怪大戦争」が初です。
普段邦画を見ない自分ですが、
栗山千秋様を見たいが為に観ましたw
劇中の豆腐小僧は、ほとちゃんが
ほぼノーメイクでやってましたねw
因みに豆腐小僧で画像検索すると、
アニメの可愛らしい小僧とは似ても似つかぬ、
かなりキモい画像がてんこ盛りですw
愛知女子さんは見れないかもw
駄文失礼しました~。

こんばんは。
NANTEI
ほんとうに映画、アニメ好きなのですね。
文章から伝わってきます。
それから「豆腐小僧」のうんちくも面白い。
私はこういう話、たまらなく好きなのです(笑)。

コメントを閉じる▲
上映時間125分
【キャスト】
小栗旬
長澤まさみ
佐々木内蔵助
石田卓也
矢柴俊博 やべきょうすけ 浜田 学 鈴之助
尾上寛之 波岡一喜 森 廉 ベンガル
宇梶剛士 光石 研 中越典子 石黒 賢
市毛良枝  渡部篤郎

【スタッフ】
監督:片山修
脚本:吉田智子
音楽:佐藤直紀
撮影:藤石修
美術:新田隆之
主題歌:「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」コブクロ
(ワーナー・ミュージックジャパン)


原作 石塚真一
1971年生まれ茨城県出身。2001年「TheFirstStep」で第49回小学館新人コミック大賞一般部門に入賞。2003年から「ビッグコミック オリジナル」に「岳 みんなの山」にお連載を開始。同作で2008年3月に第1回マンガ大賞を、2009年1月に54回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。

【感想】
漫画は読んだことありません。映画に出てくる三歩は漫画とは少し違うそうで、漫画のようにスーパーマンでは無く、ピンチにもなるし、怪我もする生身の人間らしいキャラです。

以前山の映画『劔岳点の記』を観たときと比較してしまいますので、感想書き辛いなー。と思って伸ばし伸ばしにしておりました…。
ちょっと違和感があって、何なんだろうと思っていました。
人が少なすぎるんですね。
小栗旬演じる三歩と長澤まさみ演じる久美ちゃん殆ど二人で登ってます。
それは撮影が標高第3位の山、奥穂高岳で危険な雪山登山だからだそうです。
人数を最小限にへらし、ガイドをマンツーマンでつけることになったそうです。
前日に、ガイドチームがコースを確認してポイントにハーケンを打ってそこに命綱としての600メートルに及ぶロープを使用して準備。
スタッフと小栗は
上高地→横尾山荘(泊)→涸沢(泊)→穂高岳山荘→三歩が奥穂高岳の頂上に立つシーンを撮影。と、まあこんな具合に苦しんだそうな。


三歩の親友が落ちる場面では「ファイトー!」「イッパーツ!!」
のCMの酷いNG版みたいでした。
あれはショック…。

山岳救助ですから、人が怪我をしたり、背負っているうちに死んでしまったりと普段経験しない人の死というものに嫌というほど接していく映画ですが、
三歩はちょっと考え方の次元が違うのですね。
彼は別に山岳救助隊でも何でもなく山に住み着いている山岳ボランティアなので、義務感も使命感も背負っていません。

一方、目の前で苦しんでいる人がいたらなりふり構わず無謀な行動をとることもある山岳遭難救助隊新人の久美ちゃんは現実の無情さに打ちのめされたり、逆上したりします。
しかし、当たり前ですが、大ベテラン三歩はもう心が大きいのですね。山の素晴らしさも過酷さも色々知り尽くした上で活動しています。
山の世界の住人のような三歩です。アクシデントが起こると、山岳遭難救助隊は彼に協力を頼むのです。
アクシデントにも動揺しないで諦めない三歩。
でも、不注意で遭難した人を決して叱らないないのです。
自分の不注意でクレバスに落ちた遭難者が謝っているのに対し、

「よく頑張った!!」
そして、
「また山においでよ!」
と声を掛けます。
それもニッコニコ笑顔です。
こんなによく笑う小栗旬は初めてですね。

あの爽やかニコニコの演技の裏で小栗旬は高所恐怖症を克服しながら相当訓練を積んでこの映画に望んだとの事です。

「いい映画」だったと言うには何か足りない気がする映画でした。

雪山の話にしてはちょっと、遭難救助隊のチームワークが見られなかった気がします。

佐々木蔵之介や渡部篤郎達はきっと登りたかっただろうな..。
この辺りが盛り上がらないな、と思う原因かと。
結局小栗旬が頑張れば頑張る程、周りが何もやっていないように見えて差が出来てしまうんです。

それでもこの映画の山の素晴らしさと過酷さ、遭難事故の怖さを伝えている数少ない貴重な山の映画です。
それに携わる人間ドラマも伝わったと思います。

エンドロールでは神々しい金色の夕日に染まる金雲が広がっていますー。
場面変わらないで欲しかった!!
あと10分眺めていたかったです!!
あと、エンドロールのあとに素敵な絶景に立っ三歩さんのおまけがありますからお見逃しなく。

【三歩名言集】
クイズ、山に捨てちゃいけないものは?
ごみと命。

良く、頑張った。

感動した、生きてた君に。また山においでよ。

悲しいことが起こるのが、山の半分、
楽しいことがあるのも、山の半分。
二つあわさって山なんだ。
学校も、いやな勉強が半分、
楽しい遊びが半分、
生きるのも、死ぬのも、半分、
でも、どっちかを多くするかは、自分で決めること。


歩いて、登って
汗かいて、笑って
にぎり飯を食う。
それと……空気がうまい!


私からも一言。「おとこめし食べたいw」
※おとこめし:米を1.5合分をがしがしと握る塩おむすびに海苔(大判2枚)を巻いたもの


あのでかいおにぎり握れない……。
けど忘れられないわ…。あのとうちゃんと息子の話。



【2011/05/19 03:03】 | 邦画
トラックバック(10) |

Res撮影の苦労
愛知女子
まてぃさん、コメントありがとうございます。また、先程はTBもありがとうございました。

雪の降る厳しい冬山ロケを乗り越えて創っただけでもう立派ですよね。

山岳救助の冷徹な現実を描いていたのは邦画では初めてだと思います。

あの死骸を投げる場面、衝撃的でした。
下界では考えた事がない厳しい現実が山では当たり前なのですね。

ではでは失礼いたします。




撮影の苦労
まてぃ
こんにちは。
マンツーマンでガイドがついたんですね。
やっぱり冬の北アルプス、相当危険なんだと思います。
しっかり登山訓練した小栗君と長澤さん、よくやった、とほめてあげたいです。
確かに盛り上がりは今ひとつでしたが、山岳救助の冷徹な現実を描いていたのは好感が持てました。


Resおひさです~
愛知女子
cyazさん、どうもご無沙汰致しておりまして申し訳ございません。
m(_ _;)m

こちらこそ
TB&コメントをありがとうございます。
(*´∇`*)

「おとこめしもそうですが、やはり食べれるときに食べておかないと・・・ですね(笑)?!」

はい。サバイバル用に胃を鍛えなくては…。

「でもあのスパゲッティは罰ゲームのような(笑)」
麺がてんこ盛りのスパゲッティを名古屋大学近くの「マウンテン」という所で食べた事がありますが、これは美味しく食べるのとはちょっと違いました…。
ξ:⌒0⌒)ξ=3
映画のスパゲッティは量はともかく、なかなか美味しそうでした。


最後のエンドロール、雲海を眼下に太陽と対峙する景色は下界では有り得ないですね。あれだけでもこの映画を観た価値はあります。

ご来光は本当は実際に見てみたいものですが…。
ではでは今後ともどうぞよろしくお願い致します。

m(*_  _ )m


おひさです~
cyaz
愛知女子さん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
おとこめしもそうですが、やはり食べれるときに食べておかないと・・・ですね(笑)?!
でもあのスパゲッティは罰ゲームのような(笑)
雲海を眼下に見ることって、人生でもなかなかないですよねぇ?
そんな景色をしっかり目に焼き付けておきたいものです^^

Resでだし
愛知女子
ふじき78さん、こんにちは♪TB.コメントありがとうございます!
出だしに滑落したあんちゃん、まさかまた再開するとは思いませんでした(笑)
雪山でなくても滑落はふつうにあります。

実は私も普通に橋を渡っていたら雨だったのでツルンと滑って崖から落ちかけた事が…。あれはコワイ!
みんな笑ってたけど…。
女性隊員はいてもいいのですが、その辺の男性隊員よりもしっかりしたキャラであって欲しかったのです…。
ちょっとレベル下げ過ぎではないかと思いました。

でも、まさみちゃんはよく頑張った!!


ではではまた




でだし
ふじき78
でだしの山をなめてる人が遭難しちゃうシーンが凄くあっさりスポみたいな感じで軽いのがリアリティあって逆に怖かったですね。

女の救助隊員はありじゃないの? 楽しんごみたいなのが出てきても嫌だし。

Resこんにちは!
愛知女子
 おくやぷさん、こんにちは。fc2にお引っ越しされたのですね。ヾ(^∇^)これからもよろしくお願い致します。
 ところで、おくやぷさんは漫画ご覧になったのですね。私は未読でこの映画を鑑賞しました。(^^)
 私の家族も山岳救助のドキュメント番組見てました。深夜から夜明けにかけてNHKの山の景色がただただずっと流れるだけの映像を録画しまくってほぼ毎日見ております…。
 
 この映画に女の子が隊員になる事自体おかしいんです。しかし、登場しないと男臭く汗臭い映画で終わってしまいますから仕方無いのでしょうが。まあ、かけ離れ過ぎて山岳救助隊には思えませんでした。
 どうせならガイドさんを脇役に入ってもらえば良かったのに…。
 結局、山の映画の主役はやはり山ですね。最後の槍を背景に撮った映像垂涎ものでした。
以前槍を背景にした景色が雲一つ無く綺麗に見える事がそんなに貴重な事とは知らなかったです。記念写真で先っぽだけ頭から突き出して見える状態の槍の写真を撮ったらすごく怒られちゃいましたよ。

ではでは


こんにちは!
おくやぷ
引っ越し先からTB送らせていただきました
よろしくお願いしますfc2です^^

わたしは原作読みだったのでもよもよしました

映画としては悪くなく普通
でも岳というのはなんだかイヤ
そんな感じでもよもよと…

映画だけ観てもあの命令違反はないと思うのですがねー
実際原作にはないですし
なぜあの命令違反がこんなに引っかかるかと申しますと、救助隊の在り方がぬるくなるからです
長野の山岳救助は最高峰スペシャリストと思いますので、そこをぬるぬる表現されると原作と違う、に関わらずもよもよします
ちなみに雪崩直撃も原作にはないし、久美父のエピソードもないです
ないないづくし
でもそこがメインでしたね

映画は映画で納得できればいいのですが

山はきれいで満足しました

ResTBありがとうございました
愛知女子
 ナドレックさん、こちらこそTB&CTありがとうございます。
“剣岳点の記”の時は険しい山でしたが、こちらは雪山ですから仕方無いのでしょうね。
 遭難救助のお話なのに無謀な撮影をする訳にはいきませんものね。
 あの某CM最近見かけない気がして寂しいです。


TBありがとうございました
ナドレック
なるほど、確かに他の隊員たちの登山シーンはないですね。
山岳映画でスケール感を出すのは難しいですね。

>「ファイトー!」「イッパーツ!!」のCMの酷いNG版

云いえて妙です。


コメントを閉じる▲
 どうも更新サボってしまいまして…。
あまりにも長く空きすぎました。
お許しくださいませ。
まあ、その理由は色々ありますが、
その中にご紹介したい企画があります。

 皆さんTwitterをされていらっしゃいますかね。

 今回、Revin氏が短編のコンペを開催している企画がありました。
 内容はプロアマ名前を伏せて小説を投稿するのですが、
採点もIDを申請すれば自由に参加出来て感想も書き込めるのです!
 こちら50近い作品全部を読み切り、再読するにはあまりにも時間が足りなかったです。(>ω< )
 投票は終わってしまいましたが、感想は書き込み出来るそうです。
 以前からこういう企画はあったそうで、小説を読んだり書いたりするお仲間内の企画だったそうです。
 今回大成功だったそうなので、また次に何かやって下さるとの事ですから楽しみです~。ξ(⌒‐⌒ξ
 もし、興味がおありでしたらこちらをご覧下さいね。
 携帯からはパソコンサイトビューアーからならご覧になれるかと思います。

第1回 Ustream Checker小説大賞 テーマ「愛」


 また、投稿作品を朗読する企画もありましたよ。
朗読を聞いて順位が変動したとかの噂もありましたが、私は朗読を少ししか聞かなかったのでよく知りません。
 時間帯が合わないのと、聞いてる時間が無いのと(録音できないのが残念)、個人的には朗読が作品のイメージに合わないものもありまして、ちょっと遠慮しました…。
スミマセン。(-ω-;)ヽ
あ、朗読の企画自体は好評でした!
 ただ心残りなのは、「うんこっこロボ先生」の作品がどう読まれたのかこれ、めちゃ興味深いです!!聞きたいです。(笑)
 最終日、24時で投票を締め切って即、結果発表と配信をしていたそうですが、私は聞き逃して寝てましたのでこちらの内容はよく知らないです…。

ではでは

【2011/05/19 10:31】 | 日記
トラックバック(0) |


愛知女子
koyakさん、お久しぶりです。
「人の忍法を笑うな」
は題名も内容も面白いので好きです。

企画者レビンさんも参加されている
「油紐ビッチ殺人事件」も題名が滑稽で話題になりました(笑)

うんこっこロボさんの作品は素直に面白いです!
作品の中でやはり秀逸だと思ったのが

「私が傷つけたすべての人に」

これ森田季節さんだったのですね。プロなのにノーギャラで投稿して下さるとは。
かなり太っ腹です。
今回時間が無くて無理がある内容の作品を投稿するアマの方々も多かったのですが、
プロはさらに少ない時間の中で、簡潔で読みやすい作品を決めて来ました!
時間内にポンと仕上げられる実力というモノをハッキリみせつけられましたよ。

プロはこの中では森田季節さんだけでは無いかと思うんですがどうなのでしょうかね‥。

なんだか生意気な事をダラダラとすみません。

駄文長々失礼いたしましたm(_ _;)m

どうもコメントありがとうございました!


koyak
お久しぶりです。
おお、このような企画があったのですね。

タイトルに何となく惹かれて「人の忍法を笑うな」を
読んでみました。
テーマが「愛」だということを忘れてしまいそうなほどの
おバカな展開でしたがクスリと笑わせていただきました。

「うんこっこロボ先生」など他の作品も読んでみたいと思います。


愛知女子
 ひろたかさん、どうもコメントありがとうございます。
 うんこっこロボさんの作品はこれ小説なのかな?
 ペンネームのイメージどおりふざけた感じかと思います‥。
 しかし、その割には誤字脱字が無いので話題になりました。(笑)



ひろたか
こんばんわ♪
面白そうな企画ですね^^

「うんこっこロボ先生」…神作品の香りがしますw
意外と感動巨編だったりしてw

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。