映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンダでマネーロンダリングとは‥と誰もが言ってみたくなりそうな(笑)

2009年、「アマルフィ女神の報酬」外交官黒田康作の続編。
舞台はスペインです。
世界遺産を空撮などでロケしています。

外務省 邦人テロ対策室所属 外交官
黒田康作
(織田裕二:1967年12月13日生まれ。神奈川県出身)

ビクトル銀行行員
新藤結花
(黒木メイサ:1988年5月23日生まれ。沖縄県出身)

インターポール
神足誠(カタリマコト)
(伊藤英明:1975年8月3日生まれ。岐阜県出身)

フリージャーナリスト
佐伯章悟
(福山雅治:1969年2月6日生まれ。長崎県出身)

日本投資家
川島直樹
(谷原章介:1972年7月8日生まれ。神奈川県出身)

財務大臣
村上清十郎
(夏八木勲:1939年12月25日生まれ。東京出身)

他戸田恵梨香
加賀丈史

【ロケ地】
闘牛場は、港町サンルカール・デ・バラメダで撮影。
フラメンコダンサーのいる路地などの様子は、主にセビーリャの市街地でロケ。
黒田が闇取引を暴くシーンはシェリー酒の産地、ヘレス・デ・ラ・フレンテーラで撮影。
ロンダの情景が空撮によって収められたそうです。
(ロケのシーンはみんなイマイチだと思いましたが。しかし、今回震災の影響での人不足、物不足を鑑みますと、様々な苦しい諸事情の中なんとかまとめて頑張ったようです。)

今回は予定していたよりはるかに沢山セットを作る事になったそうです。
列車の車内は撮影の時間帯や日時指定などの問題でセットになり、お金と時間が合うものにしたそうなので、本物の車輌よりは狭く、中のデザインも本物の車輌とは異なっているそうです。

スペインの小路など、一部の街並みもオープンセット。
アンドラも一部街のセット。
本当にほとんどセットです。スゴイΣ( □ ;)

【感想】
人物の撮り方がドラマ調なので顔のアップが多かった。

話はもうひと捻り欲しかったかな‥。
しかし、シンプルで分かりやすいです。


今回は東大出のエリートに伊藤英明、
銀行ブローカー(これもエリート)に黒木メイサとあるが‥ちょっとみなさんエリートらしくなかった。
仕方無いのですが(笑)


【アクションにご注目】
今回はアクションに力を入れていました。
伊藤英明がSPみたいに走って、頑張ってましたね。
マジで速く走るんです!追いかけられる役、黒木メイサは必死で走っていたそうです。
(さすが海猿!)

銃撃戦では空砲を使って車が実際に潰されてます。なかなか日本ではこんな荒っぽいカーアクション出来ないそうですね。ξ(⌒‐⌒ξ


【トラブル】
雪が多い事で有名なアンドラは今回雪
が全く無かったそうです。“スノービジネス”という機材で街の一角を雪景色にして撮影&掃除が大変だったとか。
マジックアワー狙いで撮影が間に合わず、最終日に撮り直すことに。
しかし途中、カメラが凍りつき動かなくなるハプニングが。


【みどころ】
アンダルシア・ヘレス
撮影の山本英夫氏も思わず「こんな景色はなかなか見られないですよ。」と語る。魂を奪われるほど美しい景色だったそうです。

監督もこの地をロケ地にしたのは、ここにただすむ結花の姿がキービジュアルとして浮かんだからだそうです。

(すみません、あんまり景色として印象に残っていない..。もう少し出していて欲しかったです..

【面白かったところ】
夏八木勲で締めくくり!なかなか笑いました。


【余談:スペイン人の食生活恐るべし…】((((; Д ))))

スペインは間食を含めて1日5食。
1日のメインの昼食は2時間かけて食べるそうです。しかも、14時頃からとな。地方だと2時間以上も昼食をとるところも。昼寝の時間もあるとか‥。
夕食の時間は21時以降から簡単に済ませるとか。
こりゃ撮影がはかどらないわけだわ…。




スポンサーサイト

【2011/07/03 14:03】 | 邦画
トラックバック(7) |

Res今日見てきました
愛知女子
よしなさん、トラコメありがとうございます!
『このシリーズ、犯人がすぐわかりすぎ!』
まさにそうでしたね(笑)
あら、新聞記事に出てきましたか?Σ( □ ;)
ルカス……結花の妹『ルカ(漢字何でしたっけ)』…でしたね!

戸田恵梨香はちょい役でしたので残念。
ならばポスターには夏八木勲が並んだ方が良かったと思いました。

ではでは


今日見てきました
よしな
こんばんは。
このシリーズ、犯人がすぐわかりすぎ!
新聞記事に流花(流果だっけ?)って出てきた時点で、あの人かってわかってしまう。でも、犯人がわかっても楽しめますね。戸田恵里香がちょい役だったのがちょっと残念。

ふじき78さんへ
愛知女子
トラックバックとコメントをありがとうございます!
FC2接続よくないみたいですね。
何度もすみませんでした‥。(-ω-;)ヽ


ああ、そうか芸能界ではエリートなんでした・・・。

私も日常会話の半分でもを出来るくらい努力しなくちゃ…。
そうだ!!
来年のNHKスペイン語講座は伊藤英明に決定!!




ふじき78
> 今回は東大出のエリートに伊藤英明、
> 銀行ブローカー(これもエリート)に
> 黒木メイサとあるが‥
> ちょっとみなさんエリートらしくなかった

エリート街道をセクシーボディーだけで渡り歩いてきた二人に向かって何てことを・・・。

でもまあ、伊藤くんはガテン系な役、多いから東大出身には見えないですね。個人的には日常的な外語使えるだけで拍手物ですけど。

Res謎解き
愛知女子
クマネズミさん、リンダの意味を教えて下さりありがとうございます!
私、スペイン語は全くノータッチなものでしてヾ(^∇^)
なる程、
「linda」は、「londa」♪
素敵なセンスですw語学に精通してる方はもう全然違いますねー!

The Blue Heartsの「リンダ リンダ リンダ」はそういう意味でしたか!
なる程…
lindaでありたい愛知女子ですξ(⌒‐⌒ξ
「オリンダ」という都市名にはそのような由来が…。スペイン語が語源な都市は他にもありそうですね♪
いろいろ勉強になりました。
ありがとうございました。(″´∇`″)/



謎解き
クマネズミ
決して謎を掛けたつもりはありません。
つまらないことでお時間を取らせてしまい、申し訳ありません。
「linda」は、「londa」つながりでタイトルにしたところ、The Blue Heartsの「リンダ リンダ リンダ」と同じで、「美しい、かわいい」といった意味で、「愛知女子」さんも「linda」なのかもね、と思った次第です!
(「女性向けのJCB LINDAカード 」でも、そういった意味合いで使われているのではないでしょうか?)
これはスペイン語ながら、ポルトガル語でも同じで、ちなみにブラジルには「オリンダ」(Olinda)という都市が東海岸にありますが、ここに到着したポルトガル人が“ナント美しい!”と叫んだためにそのような都市名になったとされています。


Res lindaかも?
愛知女子
クマネズミさんお早うございます。
トラコメ賜りましてありがとうございます♪
ヾ(^∇^)
ロンダのギャグは滑っちゃいましたか…(笑)

クマネズミさんは海外にいろいろとご縁があるんでしたね。
スペインにも行かれましたか!!

ん?リンダ…?
Wikipedia見てみましたが、

『ロンダの起源は、紀元前6世紀頃に住んでいたケルト人で、彼らはこの地をアルンダ(Arunda)と呼んでいた。後にフェニキア人が近郊に村をつくり、そこをアシニポ(スペイン語)と呼んだ。古代ギリシャ人に征服されたアルンダは、ルンダ(Runda)と改名された。』
とまたまだ続くわけですが、何か昔から侵略、征服を繰り返された土地なのですね。

ところで、関係ありませんが女性向けの 
JCB LINDAカード
なるものがあるのですね。


アクションですが、
私は時代劇や仮面ライダー以外邦画ではあまりアクションは期待してません(笑)
最近益々、映画に3Kをお金をかけていないような…。
私はドンパチばかりの映画はあまり好きではありませんが、
イケメンの肉体を使うアクションはいいと思います!
ハリウッドは凄い予算を費やしてますね。(◎_◎;)

銃規制された日本では規模が小さくなるのは仕方ないんでしょうかね。
狭い国内ですし、国内ロケ出来る場所が基地か取り壊し予定の広い場所くらいしか無いですから。

「夏八木勲で締めくくり!」
黒田の黒子ぶりに助けられた功績に、戸惑いながら結局ドヤ顔で頷く場面がおかしかったです。
(n^ω^)n

最近は「ロンダリング」より「ローンダリング」の方が呼び方が主流になって来ているのでしょうかね?

世界史とかいろいろ観てみますと、発音の違いに時代を感じます。

学生時代、「コーラン」「モハメッド」と習った部分は今試験では「クルアーン」「ムハンマド」になってたり…。
けっこう人の名前なんかは注意しないと「誰それ?」と、学生さんには通じないかもしれない…(笑)

あと、すみませんが
lindaの謎を教えて下さい!
降参ですw

(*´∇`*)





lindaかも?
クマネズミ
お早うございます。
「人物の撮り方がドラマ調なので顔のアップが多かった」とは、大層ユニークな感想だなと思いました。
ただ、
「ロケのシーンはみんなイマイチだと思」われたそうですが、クマネズミには、ロンダの奇観には驚きました。
また、「伊藤英明がSPみたいに走って」とありますが、ハリウッド映画なら派手なカーアクション(『ボーン・アイデンティティ』におけるパリでのカーチェイス!)になるところを、予算規模の小さな邦画なので肉体を使っているに過ぎないのでは、と思いました。
それでも今回の作品では、「こんな荒っぽいカーアクション」が見られるところ、あくまでも日本基準によるのではないでしょうか?
さらに、「夏八木勲で締めくくり!なかなか笑」ったとありますが、彼のG20における演説シーンを指しておられるのでしょうか(それとも、通訳ブースに織田裕二の姿がなかったことでしょうか)?
なお、「ロンダ゙でマネーロンダリング゙とは」とありますが、全く些末なことながら、Londa (ロンダ)とlaudering(ローンダリング)とでは、あまりうまい懸け言葉にはならない感じがするところです。

コメントを閉じる▲
矢沢あいの漫画1~5巻(完結)を映画化したものです。大きい版です。

「NANA」は連載止まってましたが今どうなってますかね?


向井理は漫画のキャラとは大分違います。
しかし、上映後はおばちゃんからお姉ちゃんまで向井理の話題に盛り上がってましたね。(笑)
私が入ったスクリーンは小さめでしたが客席は満杯に近かったです。

ジャンルは青春ストーリー。

いやはや振り回される北川景子の百面相を見ているとなかなか笑えました。
リカちゃん人形みたいに衣装が次から次へと目が行ってしまうくらい素敵なんです。。
こんな普段着着てる人いないよw(笑)
しかし、楽しいw終始楽しい!


【作者紹介】
矢沢 あい(やざわ あい、1967年3月7日うまれ。兵庫県出身。大阪モード学園中退


映画の服は、春夏新作モードの服が登場しているようですね。
それだけでも見応えあり。

いやいや、
あの滅茶苦茶ぶり実にいい!
ドラマやアニメは知りませんが観てみたかったです。

今回は女の子なら100%近く楽しめますが、男の子も観て下さいww(年齢に関係無く)
しかし、7月1日で上映を終了してしまう劇場も。
学生さん達もせっかく期末テストも終わったんですから。もうちょっと長くやってあげてくださいな☆(本音)


【序盤のあらすじ:Wikipediaより】

早坂紫は、進学校に通う優等生。学校と塾と家を往復する人生に疑問を感じながらも日々を送っていた。

「ねえ! ちょっと!!」そんなある日、街で永瀬嵐に声をかけられる。彼は矢沢芸術学院の生徒で、学園祭のショーモデルを探していたのだ。そして出会うデザイナーの卵達。小泉譲二(ジョージ)、櫻田実和子、山本大助(イザベラ)。全く異なる世界の彼らに対し偏見を抱いていた紫だったが、一緒に行動するうちに、彼らの真剣に人生に向き合う思いやひたむきに夢を目指す姿勢に惹かれていく。

【スタッフ】
監督新城毅彦
脚本坂東賢治
音楽池頼広
主題歌YUI『HELLO Paradise Kiss』
撮影安田光
編集深沢佳文
早坂紫 - 北川景子 / 幼少期:熊田聖亜
小泉譲二 - 向井理
永瀬嵐 - 賀来賢人
櫻田実和子 - 大政絢
山本大助(イザベラ) - 五十嵐隼士 / 幼少期:小林海人
徳森浩行 - 山本裕典
麻生香 - 加藤夏希
浩行の彼女 - かでなれおん
カメラマン山口 - 弓削智久





【2011/07/03 19:23】 | 邦画
トラックバック(4) |

Res向井くんのキャラクター
愛知女子
こんにちは!
漫画キャラとイメージ全然違いうのですよw
そういえば、漫画雑誌無かったですね…。

じぇいそんなんかと出会ったら人生終わりやんかぁ!!
じゃあこちらは危ないオジサンを眠って呼びましょう!



向井くんのキャラクター
ふじき78
そうですか、原作と違うんですか。
「岳」も「高校デビュー」も劇場で見本コミックをもらったけど、これはもらわなかったなあ。

「そいつと出会った途端、全てが壊されてしまう」なんて言われるからにはホッケーマスクにチェンソー着用くらいで出会ってほしかったですね。

Resうまいなあ!
愛知女子
NANTEIさん、こんばんは!
うわ!ありがとうございます。Σ( □ ;)
恐れ入ります。

こちらこそ、NANTEIさんの風流な記事を
いつも美味しく読ませていただいております♪

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
ξ(⌒‐⌒ξ



うまいなあ!
NANTEI
映画鑑賞のまとめかた^^。
そうだ、これから映画はここで観ることにしよう!
(^0^)。

コメントを閉じる▲
2009年制作
監督:テディ・チャン
R-15


1906年辛亥革命前夜の香港に孫文が密談の為、日本から帰って来る。
その情報を受けた活動家の陳少白。
同時に、清王朝西太后から国賊孫文の暗殺指令が出される。
少白は孫文の会談の間の1時間を稼ぐため、替え玉を乗せて人力車で街を駆け回る。500もの暗殺集団を引きつけ、足止めをする小集団‥不利過ぎるw


こちらはアクションものですが、
その前に武装集団一人一人の人生の挫折、悲喜こもごも、訳ありを人間ドラマとしてよく描いてあるのが特徴的です。
逝くといちいち生年と没年がテロップで出るものですから、実在の人物かと思ってしまいました。(笑)

結局、肝心な孫文はチョイとしか出て来ません。
ですからこれは義士団とその家族が主役ですね。まあ、日本の時代劇によく似ていますが‥。

明らかに日本映画と違うなぁと思ったのは女の子でも容赦なくボコボコになる所でしょうか。

しかし、まだこのような時代劇のセットで撮影出来るとは…。

何か暗殺集団達の影がイマイチ薄いのが残念。

Twitterでも呟きましたが、
義士団の剣客達はブランクが空いていた筈なのに忽ちカッコ良くなって、活躍しまくるのはおかしいだろうwwと矛盾を感じましたが、
死を覚悟した達人はああいう奇跡を起こすものだと思う事にしましたョ。

この映画すごく評判が良かったので便乗しましたが…
そんなに感動もハラハラもしなかったです…。
何かイマイチ。あとワンプッシュ足りないんですね。
カンフー映画でよくある怒りの感情部分があまり無いと言えばいいのでしょうか。香港アクションにしては感情が抑え気味、人間ドラマ部分を多くしたという気がします。(すみません、香港映画はジャッキーやリーくらいしか観てないので
おそらく今回はあえてそうしたのでしょうね。


話は日本の時代劇の方が敵味方と共感できるかな。
と思いました。

そりゃあ、あのムチャクチャなアクションにはかないませんが‥。(笑)


この映画、ハマる人は嵌ると思います。
特に男性にはかなりウケるかもしれません。
セットはよく頑張って創ってありました!

後悔:パンフ仕入れとけば良かったです。

反省:観る前に評判を聞きすぎて期待し過ぎた‥
話半分くらいに減らして観るべきでした‥。



ではでは


【2011/07/06 12:13】 | 邦画
トラックバック(4) |

Resこんばんは。
愛知女子
NANTEIさん、コメントありがとうございます。
お返事遅くなりまして失礼致しました。

私も映画館ではたまに寝てしまいそうになります(笑)

NANTEIさんはいろいろな香港映画ご覧になったのですね!
ウオン・カーウアイはまだです。今度チェックしてみます!
この「宗家の3姉妹」は観たいですね。

今話題の中国映画といえば…
「ジェット・リー」(リー・リン・チェン)が出演する「海洋天堂」が新聞などに宣伝されています。
自閉症の息子を持つ末期癌の父親役を好演しているとか。

愛知はいつやるのかわかりませんがいつか観てみたいですね。

アクション以外で私が印象に残っているものは
「女人四十」や「覇王別姫」ですね。古いのばかりですみません(-ω-;)ヽ


ではではまた♪




こんばんは。
NANTEI
なかなか珍しい映画をご覧になりますね。
昔、マギー・チャンが出演した「宗家の3姉妹」というのを観ましたが、良かったですよ。香港映画はウオン・カーウアイが好きで、全作品観賞しましたがついでに中国の映画にも関心を持つようになりました。小品の中には魅力的なものもけっこうあります。
あ、最近は前も話した通り居眠りしてしまうので、
何も観ていませんが・・・(-m-’)。

Resこの映画はスゴい
愛知女子
クマネズミさん、TB&コメありがとうございます!
クマネズミさんは矢張り「ハマり」ましたね!ξ(⌒‐⌒ξ
みなさ「十三人の刺客」と比較されますね。こちらは待ち受ける側で「孫文の義士団」とは逆ですが、少数精鋭で死闘を繰り広げる所が似ていますね。
私は古くて申し分けございませんが、「将軍家光の乱心 激突」とよく似ていると思いました(笑)こちらはご存知の通り、待ち伏せる将軍家光の刺客(ほとんど幕府軍…)
と死闘を繰り広げ、世継ぎの竹千代君を守って江戸に行く話ですが。圧巻でした。

確かに腐敗した政治に打倒清朝を掲げて立ち上がり結束していく姿は男性なら心踊るものがあったかもしれませんね。

個人的にはあの美しい夫人が落ちぶれた元夫の前に現れて、
現夫と娘の為に闘って欲しいと懇願するす心情が理解出来なくて…。
自分なら別れていようが、夫や息子を死地に追いやる事は出来ないなぁ…。
もし行こうとしていたらミザリーみたいに足をへし折ってでも…なんちゃって(笑)

中国の女性は違うのですかね…。(-ω-;)ヽ
所々あれ!?
と思う所があって…。

困難に勇猛果敢に挑むのはいいんですが、
もうちょっと真田太平記みたいに影武者を複数に分けて攪乱するなど、作戦は無かったんだろうか…。
武道の見せ場もいいですが、時間を稼ぐならちょっと作戦に知恵を絞って欲しかったですね…。
何か不満を述べる感想になりがちで申し分けございません。(-ω-;)ヽ

しかし、私がこの映画で良かったと思う部分は渋々だったお父さんが理不尽な仕打ちに怒って立ち上がる姿です。
あれには目がまん丸になりましたよw

ではではまた、
そちらのブログに遊びに行きます、よろしくお願い致します♪


この映画はスゴい
クマネズミ
お早うございます。
「愛知女子」さんは、「そんなに感動もハラハラもしなかった」とのことですが、クマネズミは「男性」のこともあり、「ハマり」ました。
この映画は、辛亥革命直前という時代設定と、「チョイとしか出て来」ない「肝心な孫文」―ラストで大写しになりますが―の存在が扇の要で、孫文が香港を訪れた目的を成功させようと、清朝打倒を叫ぶ「革命」派が身命を賭するために、異様な緊迫感が映画に漲るのではないか、と思いました(『SP革命篇』で言われる「革命」とはまるで違うものです!)。
「カンフー映画でよくある怒りの感情部分」が、“至上な目的の達成”に置き換えられた、といえるかもしれません。
むろん、そんなことは一切無視して、『十三人の刺客』のように、壮絶な戦いぶりだけを堪能することも出来るでしょうが(でも、後者だって、稲垣吾郎の明石藩主の非道さが描かれていればこそ、ではないでしょうか?)。

コメントを閉じる▲
【キャスト】
志田光司:三浦春馬
富永美優:榮倉奈々
志田美咲:小西真奈美
初島百合香:井川遥
初島隆史:高橋洋
高井ヒロ:染谷将太
志田裕子:長野里美
志田実:小林隆
原木健一:宇梶剛士
初島かりん:岩花桜
神林:安藤玉恵
野村:松田沙紀


原作:小路幸也「東京公園」(新潮文庫刊)
(1961年旭川市生まれ、江別市在住。広告制作会社、ゲームシナリオライターを経て、メフィスト賞受賞作『空を見上げる古い歌を口ずさむ』(講談社)で2003年に作家デビュー)。雑誌「ダ・ヴィンチ」で映像化して欲しい小説1位に選出
『東京公園』は12才の時、生まれて初めて見た洋画『フォロー・ミー』(キャロル・リード監督)の雰囲気を小説で描いてみたい、という思いから構想された9作目の作品。


【スタッフ】
監督・脚本:青山真治
(1964年生、北九州市出身。自らの監督作品等で脚本を手掛ける一方、数々の国際映画祭に出品、選出。日本が誇る世界的映画監督。
01年に初めて手掛けた自作のノベライズ小説『EUREKA』、05年『ホテル・クロニクルズ』11年より舞台初演出となる『グレンギャリー・グレン・ロス』を公演。)

脚本:内田雅章 合田典彦
音楽:山田動生 青山真治
撮影:月永雄太

2011年
119分



3年前にプロデューサーの齋藤寛朗が「東京バンドワゴン」シリーズ(集英社刊)を読んでいた事がきっかけで、同じ作者の「東京公園」(新潮文庫刊)を手に取ったそうです。
旧知の仲である青山真治監督に原作を渡したのは、「今までに監督が映画では見せていない空気感に満ちた小説」だったから。その提案に、青山監督の「何か違う事がやりたい」という事で映画化に。
「今回はスタッフを含めて、これまでの自分の映画の語り方を変えたい。自分の言葉を捨てるスタンスに立ちたい。」との青山監督の意向を受けて、内田雅章、合田典彦と3人で意見を出し合いながら登場人物の関係性やセリフをブラッシュアップ。第6稿で現在の形に。そして、映画ファンでもある原作者が快諾。

2009年の終わりから共同脚本を手掛ける。


本当に言葉少ないです。後で気が付きましたが井川遥はセリフが無い…。にっこり微笑んでいるのが印象的でした。
お母さんにしては美しすぎる…。

クランクインは11月7日。青山監督4年ぶりの長編映画の撮影。
撮影は代々木公園のシーンからスタート。
(他の6つは潮風公園、猿江恩賜公園、上野恩賜公園、城北中央公園、光が丘公園、野川公園)
公園ごとの撮影のため、東京都の公園事務所の協力を仰ぎながら、ある程度の順撮りで進んでいったそうです。
ラストのホームセンターはIKEA新三郷店で撮影を敢行。


11月29日に大島でのロケを終え、クランクアップ。

映画の中に距離感や非日常感を織り込むために、光司と美咲が帰省する両親の家は、伊豆大島にある設定となった。
2010年夏に行われたシナリオハンティングで力強い風や光を感じた監督は、この島で撮影を行うことを決定。
筆島を初めて訪れた時は「風景の中に佇む岩がお墓のようにみえて、それが衝撃的だった」との事。

《感想》
小説未読。
予告編を見て関心を持った友人に誘われて観に行きました。
主人公の周りの設定が全く分からない状態から話が始まります。
ようやく分かって来た所で、話がクライマックスになり終わってしまいました‥。

ぼんやり分からないモノが鮮明になっていくので、観ている人はじっと傍らで登場人物達を観ている気になります。
短気な人にはちょっと退屈してしまうかもしれないギリギリ怪しい所ですが、そのギリギリさを最後までよく持って行けたと思いますー。


セリフは少なく、セリフ意外の表情の変化を長いカメラ回しで見せている創りは今まで観たことなく、ちょっと変わっているなと思いました。

「東京公園」という場所は存在しません。
私、東京の公園は行った事が無いのですが、この映画を観ていると、
よく手入れされたこんな公園で寝転がったり、木登りしたり、くつろいだり、眺めたりしてみたい気持ちになります。
主人公のような家族写真を撮り続ける学生さん、絵になる親子がいる風景を目撃出来たらいいかも知れませんね(笑)
東京に住んでる方ならだいたい、どこの公園の場所なのか分かるんでしょう。


話としては主人公と美女3人の関わりと謎の男と秘められたそれぞれの想いに「そうだったのか‥」と思わせていきます。

全体的にサラッとしていているかな。
見せ方やテンポが美味いなぁ。
と思いました。

写真好きの方、公園好きな方、でもそうで無い方々でも静かにゆっくりのんびりを味わうにはいい映画かもしれません。

尾行していた女に惹かれるのは光司のお母さんによく似ていたからなのですね。

《いいかも♪》
井川遥のベビーカーを押して散歩するお母さん役。
全然所帯臭くない!
笑顔が素敵でおしゃれな女性が公園にいる‥。
ふと目が合う。
そんな風景いいかも。

そして少し緊張しながらカメラを妻に構える夫とはにかむ妻。
そして、妻から夫を写してあげる場面。
カメラを構えた時、あんな微笑が飛び込んでくれたらいいなぁ♪

あと、エンドロール前のホームセンターが良かった!
見つけ出したスタッフ偉い!





久しぶりの更新で書き方を忘れてしまいまして長々と駄文を長々と連ねてしまいました。
お許しを。

(-ω-;)ヽ

【2011/07/16 08:35】 | 邦画
トラックバック(6) |

Res幽霊はどこにも
愛知女子
クマネズミさんこんばんは。
こちらの記事にもトラックバックとコメントありがとうございます!

こちら、まだ上映をやっている所があるのですね!
みんなが幽霊かもしれないと!?
その発想は全く無かったです!!
映画では何故ヒロを幽霊という設定にしたのか理由は調べてませんでした…。ozu(-ω-;)ヽ

東京公園~♪
そうですか、同じ東京でも西部と東部ではあまり関わりがないんですね…。
まあ、1つでも歩いた事がある風景が映画に使われているのはいいですよ♪こちらではなかなか無い事ですので東京羨ましいです。




幽霊はどこにも
クマネズミ
こんばんは。
愛知女子さんよりもなんと2ヵ月遅れで、この映画を見ることが出来ました。
おっしゃるように、「静かにゆっくりのんびりを味わうにはいい映画かもしれません」。ただ、榮倉奈々の元彼が幽霊というだけでなく、「ベビーカーを押して散歩するお母さん役」の井川遥や、それに小西真由美はおろか三浦春馬までも、あるいは幽霊かもしれない、と考えていったら、『日輪の遺産』の高女の生徒達と先生にも、結びかないとは言えないのではないでしょうか?だって、3.11であれだけ大勢の方が亡くなった後なのですから(辞任した大臣による「死の町」発言も、もしかしたら今の日本を象徴しているのかもしれません)!
なお、「東京に住んでる方ならだいたい、どこの公園の場所なのか分かるんでしょう」とありますが、ただ東京の西部に住んでいる者にとっては、東部の「猿江恩賜公園」「潮風公園」などはよくわかりません(「善福寺公園」とか「石神井公園」ならよく分かるものの、映画においては話だけで、実際には映し出されませんでした)。

Resこんにちは
愛知女子
ナドレックさん、こんにちは!
ワンテイクが長かったですー。が、小津安二郎監督に比べたら短いかも。小津作品に似てましたか。そういえば、榮倉奈々がこちらに語りかけるように話してくる場面とか、間合いがそんな感じですね。
小津安二郎監督と言えばあの絶世の美女原節子ですね♪
スクリーンでは美男はともかく美女は大事なのです~。
公園については東京在住の方は連想しやすいので羨ましい。(*´∇`*)



こんにちは
ナドレック
カメラ、長回しでしたか?
随所に小津安二郎そっくりな映像が見られて楽しめました。
主人公がカッコ良すぎて、美女にモテモテなのが、あまりリアルに感じられませんでしたが、小津安二郎監督も美男美女を配したがるからその点も見習ったのでしょうか。

東京在住だと、公園の名前を聞けばだんだん移動していることが判ります。


コメントを閉じる▲
毎度お馴染みの海坂藩(山形庄内がモデル)が舞台です。

原作:藤沢周平
「海坂藩大全」「闇の穴」

《あらすじ》
海坂藩士・戌井朔之介は脱藩した元藩士・佐久間森衛を討てとの藩命を受ける。その剣術を見込まれての事であったが、佐久間は朔之介の妹田鶴の夫であり、剣友でもあった。

佐久間の脱藩のいきさつは、失政により田畑が荒廃した海坂藩が背景にある。佐久間は藩主の杜撰な農政改革に上申所を出す。
その内容が今までの改革に批判的あり、的確な内容であればある程、当の藩主は自分の無能さを思い知らされる。
それで佐久間はすごーく恨まれる事に。
これを機に農政改革は見直しになるが、佐久間は謹慎になる。
そして、重い処断が下される前に妻の田鶴(戌井朔之介の妹・剣術の達人)と行方をくらます。

戌井を討つ時に、
兄妹で斬り合う事になる事を恐れ取り乱す母。
手向かって来たら斬れという父。
田鶴は斬らないと誓う朔之介。
朔之介は戌井家に仕える若党の新蔵を連れて江戸に向かう。

《見どころ:景色》
江戸に向かう道中の川、山、旅の道中の景色が絶景です。
こんな綺麗に景色を撮る映画は久しぶりですね。
どこで撮影しているんだろう‥。
と思わせられます。ひがしと旅してる気分になります。(*´∇`*)


○山形市 馬見ヶ崎川:朔之介と佐久間森衛が斬り合う場所。

○山形市 霞城公園:海坂城として東大手門で撮影場所。

○山形市 不動沢:朔之介と新蔵が、岩場で休息をとるシーンの撮影場所


○山形市 笹谷峠:あずま屋で握り飯を食べる朔之介と新蔵の順、吉村見栄子山形県知事の出演
シーン。Σ( □ ;)あれま!


○山形市 山寺:市川昭男山形市長や山形の各TV局のアナウンサー達の出演シーン撮影場所。

○鶴岡市 白滝不動尊/湯殿山/庄司谷地二十団地:海坂藩から江戸までの道中の撮影場所。


○鶴岡市 庄司谷地煙草団地:田鶴と佐久間が脱藩する道中、雪の降り積もる中のシーン撮影場所。

○上山市 旧尾形家住宅:17世紀に建てられたら茅葺き屋根の大型民家で国指定重要文化財。
行徳にたどり着いた朔之介と新蔵が宿泊する宿として撮影した場所。


○寒河江市 滋恩寺:746年に建立。国指定重要文化財。朔之介が瞑想し、佐久間との試合を回想するシーンの撮影場所

○西川町 月山:山形県中央にある標高1984mの山。江戸までの道中を彩る、雄大な景色が撮影された場所。

○中山町 柏倉九左ェ門家:1653年に建築された大庄屋の家。山形県指定文化財。佐久間との決闘前夜、朔之介が水浴び身を清めるシーンの撮影場所。


○常総市 板野家:戌井家のシーン

○千葉県 佐倉市の旧堀田邸:朔之介が過労からの藩命に困惑するシーンに。

○静岡県の掛川城:海坂藩城中で佐久間森衛が登場するシーン。


《見どころ:東》
体脂肪10%の肉体美。
キリッと引いた眉。
凛とした気高さが良かったと思います。
藤沢周平シリーズの2008年「山桜」も観てみたいですね。


《見どころ:斬り合い》
片岡愛之介さんは2007年「蝉しぐれ」に続き2回目の出演。
クライマックス部分は菊地凛子は殆ど喋って無いですね。
腕前はともかく、菊地凛子が斬り合う姿にお子ちゃま達は見入ってました(笑)

《見どころ:「お兄様はいやー!」》
幼い日の朔之介っ妹田鶴、そして新蔵による大きな伏線となる回想シーン。
ロケ地は筑波の奥、天神川。
小さい頃から武士として妹を躾ようとする兄朔之介。
しかし、小さい妹にはただただ厳しい所しか伝わっていないようだ。
妹は兄をライバル視している所もあるようで、兄の言う事は頑として聴かない。
しかし、他人である新蔵に言われれば素直に心を開いて言う事を聴く。

リアルにこんな兄妹や親子いますね‥。
小さい時は厳し過ぎると心を閉ざしてしまうんですね‥。
こうなると後々修復が難しそうです。

厳しさ、押し付けだけではいけないのだといい教訓になりましたョ。

しかし、お兄様より川の流れの方が怖いww

《キャスト》
東山紀之
片岡愛之介
勝地涼
菊地凛子
尾野真千子
藤竜也
松原智恵子


《スタッフ》
監督:篠原哲雄
(1962年2月9日生まれ。東京都出身。「地下鉄(メトロ)に乗って」「山桜」「真夏のオリオン」)

脚本:長谷川康夫 飯田健三郎

音楽:武部聡志
撮影:柴主高秀
美術:金田克美

殺陣指導:高瀬将嗣


【2011/07/16 12:56】 | 邦画
トラックバック(2) |

ふじき78さんへ
愛知女子
こんにちは!
いやいやきょうだい喧嘩にお母さんが参戦するとさらにややこしくなるかと…。
剣の達人になるくらいの妹ですからもう凄まじそう‥。
止めに入るのはやはりあの男しかいないでしょう‥。





ふじき78
> 「お兄様はいやー!」

別に兄妹二人っきりで暮らしてる訳ではないので、そういう関係をほぐすのは普通、母親がやるんですけどね。


コメントを閉じる▲



2011年7月15日発売!
ジャーン!
可愛いヴァンパイア美少女が表紙です。
最近のラノベのイラストは綺麗で可愛いですね…。
イラストはカラーや同じモノを含めて20箇所以上30箇所くらは入っている気がします…。

作者/森田季節
イラスト/尾崎弘宜(オザキヒロキ)

毎日、暑い日が続きますね。
最近「ガリガリ君梨味」が人気あるようで‥。
いやはや私はサイダー味しか試した事がありませんが。
皆さんの冷凍庫には何が入っているのでしょうね。
たまにはレディーボーデンとかドーンと入っていないかな…。(*´q`*)


さて、先日名古屋アニメイトまで出向きました。
アニメイトで買うと数種類のイラストカードのうち一枚付いてくるという特典がありましたので(笑)

客層は普通でした‥。カップルもいれば、会社帰りの人も。

この日は1階だけでしたがそれでも星の数ほど沢山種類が置いてありました。
棚が‥高いです。
\(-ω-;)/

こんな中から自分好みの本を探すのは大変そう‥。雑誌コーナーもうろつきましたが、一番上の棚にある雑誌を取ろうとしたら別の雑誌が雪崩を起こし
「わー!?」
\(  ;)/
と支えて数秒動けなかった‥。

それからは結局雪崩が怖くて雑誌は取り出せませんでした。


『お前のご奉仕はその程度か?』

ちょっと倫理上問題がありそうな題名ですがこの台詞ジワジワ流行っているみたいですね。(マジ?)

こちら、ギャグラブコメディーです。
イラストが多いですから漫画感覚で読んじゃえますー。

《ちょっぴりネタバレしちゃうので未読の方はご注意》

話の内容は日本の国内にどこにも属さない異界の地になってしまった場所に紛れ込む設定。
主人公はみにくい先祖(祖父、しかもまだ生きてる)の呪いのせいで毎日身の危険を感じる程災難にあっている。
あらゆる年代の女性にウンザリして暮らしている。
ある日、山の峠を越えたら吸血鬼の国だった‥
という展開が。
閉鎖された地区で吸血鬼の中に紛れた主人公。
周りからは隙あらば‥と噛みつかれまくる悪夢のようなお話です…。
これだけ聞くと血みどろホラーですが、
これにラブを織り交ぜてコメディに仕上げています。
ゲームみたいな設定です。何人かの美少女キャラに振り回され囲まれてワイワイ賑やかに。
モテモテやん!
今回捻りの得意な作者が、あまり捻らないで書いているので楽しいかも♪
今までダークや痛いモノが強い作品が多かったのですが
今回のコメディーはメッチャ上手いですよ!
高級な美少女がお好みでしたらツボるかもしれません(笑)

ゲームキャラみたいに癖のある愉快なロリキャラやおじさんな巫女系、変なストーカー系、コミカルな女王様系、変わった図書委員系、変態な武闘系と次々登場します。
お楽しみに!

ラブシーンはありませんが耽美に近い吸血萌えシーンには‥うふっ♪(≧ω≦)

しかし、やはり血みどろ風なラブシーンの挿し絵が無いのは残念です。
でも全然グロくないよん!安心して読めます。

ところで、疑問が‥。
作者さん過去どんだけ女難にあったの‥。
(いやいや冗談です。)

とにかく、わいわい賑やかな話です。
1冊で話の展開がギュッと詰まっているライトノベライズはそうはありませんのでかなりお得な部類の作品です!!

600円+税ですから、
ケーキや漫画買うのと同じように、
一度試しにこちらを買って読んでみてください!

続編早く読みたーい!


以上
『愛知女子の感想はこの程度か?』
でしたw


(*´∇`*)


【2011/07/17 17:07】 | 読書
トラックバック(0) |
小惑星探査機はやぶさの7年間の軌跡、完全ドキュメントです。
2003年5月9日。
本体わずか1m×1・6m×1・1m

《小惑星とは》太陽、8つの惑星、衛星、彗星以外にたくさん存在する岩のかたまりのような天体


《はやぶさのお仕事》
太陽系が生まれた手掛かりが残っていると考えられる小惑星『イトカワ』(世界最大タンカーより少し大きい程度)のかけらを地球に持ち帰る役目。
?イオンエンジンによる長期航行
?自律航法誘導
?微小重力下でのサンプル採取
?再突入カプセル(地球への帰還&サンプル入手)
?イオンエンジンを併用した地球スイングバイ
※スイングバイとは、天体の重力を利用して探査機の速度を加速・減速したり、針路を変えたりする技術。イオンエンジンを併用したスイングバイを成功させたのは『はやぶさ』が世界初。


《速い!》
秒速30~34キロメートル!東京から大阪までを15秒で通過しますw

《感想》
伏見ミリオン座ではいつ行っても500円で見られます。
この映画に人は出て来ません。
なかなか感動的でした。
上映後、鼻をすする人(自分も含む)もちらほらいましたし。


テレビ局も馬鹿番組ばかりでなく、1日1つずつでもロケットや探査機のドキュメンタリーを流してくれれば子ども達はみんな理系大好きになるのに‥。
CGアニメーションを使ってもっともっとこんな作品を世の中にプレゼントして下さいw

(/ `・ω・´)/
ぜひぜひよろしくお願い致します。


【2011/07/17 17:27】 | 邦画
トラックバック(2) |

Res浪漫ですね!!
愛知女子
koyakさん、こんばんは!(*´∇`*)
お久しぶりです。
ご無沙汰してしまい申し分けございません。

おお!!ドキュメンタリーお好きですか!!

こちら「はやぶさ」は元がプラネタリウム用なので、私でも分かり易くて良かったです。
(船漕いでる人もみえましたが…)

もしご覧になる機会がありましたらぜひぜひ!!
n(>ω< n)




浪漫ですね!!
koyak
お久しぶりです。
「はやぶさ」のドキュメンタリー映画!?
そのようなものがあるのですか!?
胸にキュンキュンくるものがあります。
うおおおおお、観てみたい!!

Res怪しい者でわありませぬ
愛知女子
りとらさん、こんばんは!
あら、携帯から見てくれたんですか♪

ところで、切り株映画と言う名の、
『ドキュンメンタリー』ですと!?((((; Д ))))
間違いない、あなたはりとらさんです!!

ドキュメンタリーは実は嘘だと言われていても、やはり怖そうです。
まさかホンモノをご覧になっているのですか!!
Σ( □ ;)

太陽系がいかに巨大なモノかを検証する動画…
そんなモノがあるのですか?
Σ(´ ∀` )

りとらさんは動画にもお詳しいですね♪

こちらは、お、お勉強出来ないので勉強中です…。(>ω< )

りとらさんの多芸多才ぶりには驚かされます!
きっとお勉強もバリバリ出来たんでしょうね☆

りとらさん、これからもまた、いろいろと教えて下さい~!!

ではでは




怪しい者でわありませぬ
りとら
またまた携帯からなので、URLないですが、本人なので安心して下せぇ(´Д`)イヤー、ドキュメンタリー嫌いじゃないのに、あまり観る機会ないですね~。
切り株映画と言う名の、
『ドキュンメンタリー』はしょっちゅう観てるのですが…(-゜3゜)ノ
宇宙も好きです。
この前、太陽系がいかに巨大なモノかを検証する動画観ました。
あんなにデカイと思ってた太陽が、
ミジンコ以下レベルなのにビックリでした。

さては愛知女子さん、自分と違って、お勉強出来る子ですね?(`・ω・´)b

ResNANTEIさん
愛知女子
こんばんは!
コメントありがとうございます。
はやぶさは機会がありましたらどうぞ♪

伏見ミリオン座は昔からある劇場ですよね。

《場所》
伏見ミリオン座も白河公園も地下鉄東山線伏見駅下車。
伏見ミリオン座は駅東の7番出口を出て『ヒルトン名古屋』が見える広小路通をそのまま納屋橋方面に向かって真っ直ぐ進みます。そして、1つ目の角を左に曲がってすぐです。
近くには、松島書店や御園座会館があります。


白川公園ですが、5番出口を南へ伏見通沿いを大須観音方面に向かって真っ直ぐです。
途中左手にしらかわホールが見えますね‥。懐かしい…。

って6年前!
つい最近ではないですか!!

釈迦に説法な説明の仕方になってしまいました。すみません。
(-ω-;)ヽ

東京はこの夏、おもしろそうな展覧会が色々あって羨ましいです。
『空海と密教展』これはいつか名古屋に‥‥
恐らく来ないでしょうね・・・・。(T一T)

ではでは



こんばんは。
NANTEI
この映画こそ見なければ、と思っているのですが、なんか気持ちばかりで・・・結局、みーんな見逃がすことになるのです(笑。
ところで伏見ミリオン座というのは、映画館の名前は知りませんが、もしかしたら白河公園方面にあるのでしょうかね。
名古屋・・・もう6年ほど訪れていません。

Resそういえば‥
愛知女子
ゆうだい♪さん、こんにちは!
そうですね。
たしかに本屋さんと結託したような作品ばかりでよね‥。
最近ネット配信する方々増えて来ました。
こちらはテーマが決まっているので好みがあえばなかなか面白そうです。


そういえば‥
ゆうだい♪
最近ドキュメンタリー映画って見てない気がします。。
愛知女子さんが言うように、最近のテレビはつまらないものが多くて見る気になりませんよ。
ドラマも映画も、小説やマンガの原作を使ったものが多いですからね(ハリウッドもそうですが‥)

このままメディア関係は廃れていくのかなぁって
勝手に思ったりしますよ~。

Resはやぶさ☆
愛知女子
alpacakewpieさん、こんにちは!
はい、こちらは竹内結子や西田敏行が出る映画とは別作品でなんです。
alpacakewpieさん、プラネタリウム大好きなんですか!
でしたら機会がありましたらご覧になるといいですね♪
プラネタリウムは楽しいですよね!
たまにウルトラマンやドラえもんがやっていました。
プラネタリウム版のはやぶさ映画も観たかったですね。
以前、プラネタリウムで家族が爆睡していびきが轟いていた事がありました…。



はやぶさ☆
alpacakewpie
そっか☆竹内結子とか西田敏行が出てるのとは
別のはやぶさの映画なんですね!!

なんかとっても良さそうなドキュメント…!
プラネタリウムとか大好きなんですよ~~。

東京でもやってるみたいなので私も機会があれば
ぜひ観てみたいですっ^^

コメントを閉じる▲
伏見ミリオン座にて鑑賞

この時のお客さんはご年配の女性グループが多かった。
ざわついたエンドロールは初めて経験しましたが…。
どうやら『蝶々夫人』のオペラが出て来なかっただの、『知ってる曲』が無かっただの、話の内容が呑み込めず確認しあっていたり・・・・。

なる程な…と思いました。

『西部の娘』を作曲中の時期のお話なので仕方ないです。
因みに『西部の娘』は1910年ニューヨークにて、『蝶々夫人』は1904年ミラノにて初演。

あと、オペラ作曲家の映画ですがオペラ無いんです。Σ( □ ;)

脇役の出演者は台詞は無く、なるべく削ってありました。
サイレント映画を意識した創りみたいな感じです。
話は酷いですが、なかなか名作☆☆☆

そこの土地の人たちを使った映画で素敵でした。ピアノ曲以外ほとんど音が無いのです。
が、生活音や自然の音が心地よいので自分もそこで生活しているような、眺めているような気分になりました。
全体的にいい雰囲気を醸し出しています。
景色も撮り方いいですし!

あと、この事件の大真実を見つけ出して作品に仕上げたとは…。やるなぁ。

予算をかけなくてもこんな素晴らしい表現の仕方がある…ヨーロッパ映画の魅力なのかな?
少しヨーロッパ映画を見てみよう!
とレンタルビデオ屋さんに行ってみたら…。
韓流ドラマが半分くらい占めてました…。
今までの名作は一体どこなのー(ToT)

古いモノは処分されてました・・・・。




「ドーリア・マンフレーディ事件」
1909年のある日、音楽家ジャコモ・プッチーニをスキャンダルに巻き込む事件が起こった。
プッチーニ家に勤めるメイド、ドーリア・マンフレディが自殺を謀ったのだ。
それもプッチーニの愛人という噂を苦にしての服毒自殺だった。
この映画は彼女が死ぬ直前までの様子を物語にしたものです。

プッチーニが愛したトスカーナ地方の景勝地トーレ・デル・ラーゴの風景。かつてのままのしずやかな美しさを湛えた湖畔のたたずまいを背景に繰り広げられる。
まるで無言劇のような人物たちの立ち居振る舞い。無駄なセリフが削ぎ落とされ、登場人物たちが近親者に宛てて書き送った手紙を朗読する声と、時折画面をよぎっいくプッチーニが作曲中のオペラ『西部の娘』のピアノによる調べだけが映画をひそやかに満たし、まるでサイレント映画を彷彿とさせるような映像の世界が、歴史の中に埋もれていた時間に、新たに光をもたらしてゆく。





出演者
プッチーニ役の人が自然体にピアノを弾き音楽家らしいプッチーニに似ていていいなぁ…。
と思ってパンフレット見てみましたら・・・。
ホンモノのイタリアの音楽家(作曲家、指揮者)でした。Σ( □ ;)
監督の友人なのですね(笑)

プッチーニの妻エルヴェーラ役以外は素人が演じています。

主役のドーリア・マンフレディ役も娘フォスカ役も演技経験のない素人とは…。

ベンヴェヌーティの師であるストローブ=ユイレの方法論譲りとも言えるようです。

音響デザイン
ミルコ・メンカッチ は4歳のとき、ライフル銃の暴発によって両目の視力を失う。その後聴覚に対する類い稀な才能を発揮する。
今回、メンカッチ自身が考案した《スフェルカル・サウンド》と呼ばれる独自のシステムによって繊細で斬新な音響を再現するのに成功。音の微妙な遠近感と空間を生み出すため、1本のブームに5本のマイクを装備して周囲の音を漏らすことなく拾い出し、臨場感あふれたサウンド・スペースを構築している。

《キャスト》
タニア・スクイッラーリオ/メイド、ドーリア・マンフレーディ

リッカルド・ジョシュア・モレッティ/ジャコモ・プッチーニ

ジョヴァンナ・ダッディ/プッチーニの妻エルヴェーラ

デボラ・マッティエロ/娘フォスカ

フェデリカ・ケッツィ/ドーリアの従姉妹ジューリア・マンフレーディ

《スタッフ》
監督・原案・脚本・美術/パオロ・ベンヴェヌーティ

共同監督・原案・脚本・音楽コーディネーター/パオラ・バローニ

撮影/ジョヴァンニ・バッティスタ・マッラス

美術/アルド・ブーティ
衣装/シモネッタ・レオンチーノ

音楽デザイン/ミルコ・メンカッチ
音響/アルベルト・アマート
編集/チェーザル・アウグスト・メネゲッティ

【2011/07/24 10:57】 | 洋画
トラックバック(1) |

Res音のないオペラ
愛知女子
クマネズミさんこんにちは。
TL&コメント賜りましてありがとうございます!
私も事前情報なく、題名を観て何気なくふらりと入りました。

プッチーニの愛人の正体が判明した時には驚きましたΣ( □ ;)
彼女確か台詞が無かったような…。

エンドロールで席がざわついていたのは小劇場にしては珍しい事でした。
情報通の方が情報を流さなかったのか、
ただ単に情報無く見に来ていたんでしょうね…。何かオペラの事、議論してましたし(笑)

クマネズミさんもアリアを聴けるだろうと期待されたのですか。
私もです…。


ヴィスコンティの『ベニスに死す』は有名ですね!!

『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』はこちらは8月から始まります。
予告編はなかなか強烈でした(笑)

上映期間短いみたいですね…。この期間に行く機会がありましたら観てみたいです。
ξ(⌒∀⌒ξ

ではでは





音のないオペラ
クマネズミ
こんにちは。
『プッチーニの愛人』については、事前の情報を何も持たずに映画館に入った人が多ければ、「ざわついたエンドロール」になるのは目に見えていますね!
クマネズミが見たときも、大部分が「ご年配の女性グループ」でした。でも、そういう方々の中には情報通の人がいて、事前に、この映画には『知ってる曲』が出てこないなどと他の人に知らせるはずでしょうから、なぜざわついてしまうのかよくわかりません。
クマネズミにしても、「ラ・ボエーム」のアリアでも聴けるかなと簡単に考えていたところ、途中から、どうもこちらが期待していた映画の作りとは違うな、と思えてきた次第です。
まさに、「予算をかけなくてもこんな素晴らしい表現の仕方がある」のですね!
ヴィスコンティやフェリーニなどを生んだ国の映画ですから、とても侮れないと思いました。
なお、 『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』をまだご覧になっておられないのでしたら、是非映画館に足を運ばれたらと思います。

コメントを閉じる▲
2001年 ハリー・ポッターと賢者の石
2002年 ハリー・ポッターと秘密の部屋
2004年 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
2005年 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
2007年 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
2009年 ハリー・ポッターと謎のプリンス
2010年 ハリー・ポッターと死の秘宝PART1
2011年 ハリー・ポッターと死の秘宝PART2



《感想》
3Dもありましたが画面が暗くなると見えにくいと思いまして2Dにしました。あと、眼鏡の上に眼鏡はちょっと…。

ヴォルデモート卿との全面対決。そして分霊箱の6つうちの3つまでは破壊した、あと残りの3つと、ハリーとヴォルデモート卿との因縁の謎が解き明かされる。

現校長、セブルス・スネイプ…彼がハリーにやたらと目をつけている訳も明らかに。

ハリーとジェニー(親友ロンの妹)の関係がありますから、ロンやハーマイオニィと3人で締めくくれないのではないかと心配しましたが、最後までこの3人がメインで話が進みましたので安心しました。

賢者の石からメインメンバーがほとんど欠けなかったのは奇跡ですね。よく最後まで創ってくれました!

誰?この巨人は…。
と思ったらネビル・ロングボトム役のマシュー・ルイスでした。Σ( □ ;)
いやいや一番変わりましたね!
ポッチャリではないけれど、ここまで大人に成長した事に、月日を感じます!

ラストの汽車を見送るシーン。
集まった子ども達が、ライバルになったり、友達になったりしてまたまた賑やかに成長して行くんだろうな~。
と思うと何だか感慨深いものがありました。

ご苦労様!
ありがとう!

素敵なフィナーレでした☆

お疲れ様です☆



【2011/07/25 13:02】 | 洋画
トラックバック(6) |

Resこんにちは♪
愛知女子
makiさん、こんにちは!コメントありがとうございます。
以前見たダドリー君は凄く変わってましたね。
今回は出番が無いので、見られませんでしたが…出番創って欲しかったですよ(>ω< )

makiさんも2Dで鑑賞されましたか!
そうですか、最初のとこしか飛び出てなかったようですか…。ちょっと気になってましたので、情報ありがとうございます。
音楽は前より評判良いようですね。
サントラ入手したら永久保存モノかもです♪

そして…本当にもう終わってしまいましたんですね。
長かったです…。毎年のように見られるペースでよく創りましたよ!

そういう意味でも大拍手です。
今回の学校を守る仕掛けのシーンにはワクワクしました。
バトルも観やすくて良かったですね。
∩(*´∇`*)∩
本当にこれで終わっちゃったんですよね…。(くどい)
本当に良い映画作品を創り続けて来れたキャストやスタッフ、スポンサーに大拍手です!!




こんにちは♪
maki
先日はコメントありがとうございました

>誰?この巨人は…。
に笑ってしまいました(失礼)
確かに一作目から比べると、本人やスタッフさんもびっくりの成長ぶりですよね~
個人的にはダドリー君の成長も4作目くらいでびっくりした記憶があります

私も最終作は2Dで鑑賞してきました
メガネにメガネをつける違和感もそうですが、最初のとこしか飛び出てなかったよーとの声を多く聴きまして…
大変面白かったですね^^ さすが、10年の集大成なだけありました
音楽が非常に効果的に使われていて、盛り上げてくれましたね!サントラが欲しいかもです♪
これで終わっちゃったんだーという感慨深いものがありますが、スタッフやキャストのみなさんに拍手を送りたいそんな気持ちになるエンドロール(長い)でした^^

Res私も観ました~!!
愛知女子
alpacakewpieさん、こんにちは♪
おお、ご覧になりましたか。
私も観たのに感想書いていないモノあります…(汗)
まさかあの少年達の何人かがこんなに早くオッサン化するとは、驚きました…。(失礼)
外国の男の子はホントに凄く変わりますね!
女の子は全然違いますが(笑)
今回は良く出来てましたよね。

コンタクトは怖くてつけられない眼鏡女子さんですw
いやはや先輩がレンズ割れたとか目の裏に行ったとか聞いて怖くなりまして…。

ではでは♪

∩ζ`◎=◎´ζゞ




私も観ました~!!
alpacakewpie
ハリポタファイナル私も観ました~♪
そして早く感想を書きたいのにまだ書けてないという。。(T-T)
ネビルくんはオッサン化が激しくてびっくりですよね!笑。
なんかホントいろんな謎も解けてせつなさにびっくりしたり
ラストは感慨深かったり堪能しました。。
いやーよかった~☆
ところで愛知女子さんってメガネ女子さんだったんですね♪(^-^)


Resハリポタ
愛知女子
ゆうだい♪さん、こんばんは!
サスペンスやミステリーご覧になりますか!
私は今年のかなり楽しめたミステリー?は高野さんの「ジェノサイド」です。
ミステリーやサスペンスはハマりますよね♪

ハリポタも人によってお好みがありますし、小説は誤訳がいくつかある為に話がおかしくなっている部分があるみたいです…。

しかし、機会がありましたらぜひ~。

ゆうだい♪さんはどんなミステリーやサスペンスをご覧になるかな‥。
き、気になる‥
ξ(⌒∀⌒ξ

ではでは


ハリポタ
ゆうだい♪
小説も映画も人気なのに、ほぼ見たことないです‥
本当一番初めの映画(賢者の石だったかな?)を
ロードショーでみたくらいかなぁ~。
歳を取るとファンタジー作品から離れてしまう悲しさw

昔は「果てしない物語」(映画はネバーエンディングストーリー)や
「ゲド戦記」(吾郎さんのアニメの原作)を図書館で借りて読むほど好きでしたが、
いつのころからか読む・見るをしなくなりました‥(泣


逆にサスペンスやミステリーなどの作品を
見ることが多くなったかも!
昔を思い出して、ハリポタも見てみようかなw

ひろたかさん!
愛知女子
こんばんわ!ヾ(^∇^)

是非是非ご覧ください(*´∇`*)
マルフォイ役の子、ハゲてました!?気が付かなかったですが言われて見れば確かに…。
Σ( □ ;)
『4作目辺りで主要キャスト代えるみたいな話もありましたが。』
えー!!でも、代えなくて良かったですよね…。

原作ラストの20年後のハリーの姿は……。
そのまんまの人達がやってますよ。
(^ω^;)

ではでは




ひろたか
こんばんわ♪
ハリーポッターシリーズは3作目までで断念していますが最終作だけは是非とも観たいですね^^
ネットでマルフォイ役の子がハゲてる画像を見て時の流れを感じましたw
でもよく最後までほとんどキャスト変えないでシリーズ続けましたよね♪
4作目辺りで主要キャスト代えるみたいな話もありましたが。

原作ラストの20年後のハリー達を誰が演じているのか地味に気になっていますw

コメントを閉じる▲
こんにちは!
蒸し蒸ししてますね。
家庭菜園のプチトマトは花さけど何故か実らず…。
モロヘイヤ2株は適当に摘みながらやっております。
モロヘイヤは簡単☆
また来年はもっと沢山プランターに植えようかと思いました。しかし、虫食いはありますが…、なんてったって有機野菜。しかし、放射能の問題で手頃な園芸用の土が今後、手に入るか…。

【地デジ騒動】
皆さんはスムーズに地デジ対策万全だったと思います。
うっかり屋の愛知女子は、録画機も代えなきゃいけない事を1ヶ月前に知りまして慌てておりました。
今見ているTVはハードディスク内蔵型なんですが…。
家族が使ってますし、
私の分は、今までVHSデッキで録画していたのでした。
地デジ用の録画機を改めて外付けする為に電気屋に行きますと‥。

品薄状態&品切れ状態でした。

予算は6万円以内。

2番組同時録画がバージョンがありましたので、只今取り寄せ中。
こちら容量が500ギガですが別売りの外付け機種(一万程)をつければ容量が1000ギガになるそうです。
まあ、そんなに観る時間も観たいモノもあまりないので(深夜アニメくらいしか)
不足感があれば、バージョンアップするための機種を外付けしようかと思います。

一番気がかりなのは、何年持つか…です。

(*´∇`*)

ではでは


【2011/07/28 13:44】 | 日記
トラックバック(1) |


愛知女子
ひろたかさん、こんばんわ♪
色々教えて下さってありがとうございます!

震災後、地デジ化は延長するとの噂でしたのにね…。

2K4K!?
スーパーハイビジョン放送、何ですかそれは!?
Σ( □ ;)
我が家は未だに3D録画がどうのとかの話題すら
まだまだまだ追いついてませんのに…。
トホホ。。

ひろたかさんはビデオ一体型のDVDレコーダーを使われているんですね。
なる程(◎ω◎)∩
それならビデオが観られて録画はDVDにすればいいと、そういう事ですね?

今回の騒動で、
ある程度は機械系に通じていないと生きて行けない気がしましたよw


ではでは
(機械音痴を少しずつ克服したいです。)





ひろたか
こんばんわ♪
延長されるかと思った地デジ化ですが移行されちゃいましたね。
恐ろしい事に2015年からは世間で2K4Kと言われているスーパーハイビジョン放送が試験的に開始されるらしいです。。
まぁ完全移行はされないと思いますが…。

我が家のリビングではビデオ一体型のDVDレコーダーが地味に大活躍していますw

Res地デジ化
愛知女子
ゆうだい♪さんこんにちは!

地デジ難民がそんなにみえるのですか…
皆さん携帯から観てるかもですね。

ゆうだい♪さん、確かPS3のトルネを取り付けるイラスト入りのお話がありましたね。

まさに選び方は人それぞれなのですね♪







愛知女子
谷さん、トラックバックとアドバイスありがとうございます!
『外付け地デジチューナーは6000円ぐらいから』ですか!安いですね!(゜∀゜∩
なる程、この場合、録画機につないでみないと録画出来るかは分からないのですね。
確かに素人さんは地デジ対応機器を購入したほうが良さそうです。

色々分かり易く情報提供下さってありがとうございました!



地デジ化
ゆうだい♪
今日のニュースみると、28万件はまだ地デジに対応していないみたいですね~。
ギリギリならないと、やっぱ変えないよなぁって思いましたw
(自分もそんな性格なので‥)

自分の場合はPCのモニタをテレビ用としても使いたかったので
当初はパソコンに地デジチューナをつけるつもりでしたが、
PS3のトルネの存在をしってこちらを購入しました♪

デジタル放送、テレビ録画、ブルーレイ、ゲームと
自分の趣味的に使える機能が多かったので満足です♪
自分の環境に合わせて購入するのが一番ですよ~。


外付け地デジチューナーは6000円ぐらいから。
ただ、今までの録画機にそれをつないで録画できるかどうか。
はやってみないと実はわからないものだったり。

録画時にコピーワンス信号が入るか、入らないか
は試してみないとわからない。

単純に地デジ対応機器を購入したほうが簡単なので
おすすめはできないです。

Resやっぱし・・・。
愛知女子
NANTEIさん、こんばんは!
そうなんです‥。
VHSじゃあ録画が出来ないんですよね(TωT)

こちら地デジTVを買う時にBlu-rayプレイヤーも一緒に買いました。
しかし!
家族が使うとすぐ満杯になり、ちょっと無理でした…。
始めからプレイヤーではなく、高いけどレコーダーにしておけば良かったと思います…。

NANTEIさんも外付け、これからですね!
ヽ(・ω・´)=☆

ところで、レコーダーのリモコン操作の自信が全く無いんですが…。
(◎_◎;)
ど、どうしよう…(汗)



やっぱし・・・。
NANTEI
私もそんなこと、ちっとも考えてなくて・・・。
同じくVHSで大丈夫と思っていましたわい(-m-’
先週、ある人に言われて、ガーンです@Δ@。
いろいろ聞かなくちゃ、まったく面倒な!

ですよね(^◆^)。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。