映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迫害され、財産を略奪されたユダヤ人の快進撃

ウォルフガング・ムルンベルガー監督作品

ナチス・ドイツの戦況を左右する名画の行方を巡り、ユダヤ人画商の命懸けの駆け引き。

1938年、オーストリアのウィーン。画廊を経営する裕福なユダヤ人一家、カウフマン家の息子ヴィクトル(モーリッツ・ブライプトロイ)

カウフマン家の使用人の息子でヴィクトルと家族同然に育った親友ルディ・スメカル(ゲオルク・フリードリヒ)が久しぶりに街に戻って来た。

そして2人の幼なじみのレナ(ウルズラ・シュトラウス)はヴィクトルの恋人。しかし親友のスメカルはレナを諦めていない様子。

新進画家モーリッツ(ギャグ?)の個展オープニングの日、ヴィクトルはインタビューでイタリア人女性記者からある詰問を受け戸惑う。
400年前にバチカンから盗まれた名画ミケランジェロの素描がカウフマン家に持ち込まれたとの噂を聞きつけ真偽を確かめに来たらしい。
父ヤーコブ(ウド・ザメル)は鑑定依頼されて一事的に預かったとごまかした。
酒の席で親友ルディに絵の事を聞かれたヴィクトルは家の隠し部屋にルディを連れてきてしまう。ミケランジェロの絵は150年前にユダヤ人の質屋が手に入れたもので、父が叔父から受け継いだものであった。

ヒトラーが国境に進軍して来た為、絵画の没収を恐れた父ヤーコブはスイスのチューリヒへ移す決心をする。
この事をヴィクトルは知らない。
ヴィクトルは街中でナチス親衛隊の制服を来たスメカルを見かける。
嫌な予感的中。
ナチス親衛隊の制服欲しさに密告したスメカル。とうとうナチス親衛隊が絵のある隠し部屋まで入って来た。
しかし、絵は父が新進画家モーリッツに模写を依頼していた。
模写を掴まされたナチス親衛隊。本物の絵の行方を知る父は収容所で亡くなってしまう。

絵の行方を血眼で探し回るナチス親衛隊に聴取されるヴィクトル。
ヴィクトルは自分達が連行されていた飛行機が狙撃され墜落した時に親友スメカルを助け出し入れ替わる事に成功した。

ここからヴィクトルとスメカルの立場が逆転するおかしな展開になる。
自分がスメカルだと主張する2人に戸惑うナチス親衛隊がコミカル☆☆(≧ω≦)

ユダヤ人の筈のヴィクトルはユダヤ人には見えない(どうみてもドイツ人)


\ハイルヒットラー!/

ビシッとキメる演技!
ヴィクトルはスメカルに、「君がどうしてこの制服を欲しがったか分かるよ。」など何だか将校に酔いしれてます(笑)

逆転劇の逆転劇の逆転劇が楽しかったです。

あのスメカル良かったわ(笑)

この映画の題名は「2人のスメカル」で良かったかも。名画を巡ってのお話だが、ミケランジェロはあまり重要ではない..。

歴史的背景と物語がうまくかみ合っていて良かったです。
すみません、始め駄作だと思って観ておりました。
あと、あのナチス親衛隊の制服は個人的に銀河英雄伝説を彷彿として堪能してしまいましたw

戦時中のどさくさで財産を没収されたユダヤ人やスメカルのような人間を生み出す社会構造。
ユダヤ人迫害を除けば真面目でいい奴らのナチス親衛隊。
分かる!

ナチス親衛隊もユダヤ人も色々と気の毒でしたが、この話はその時代要素をきちんと取り入れながらスリリングでコミカルに作ってあるので新鮮でした。

「カインとアヴェル」ならぬ「ヴィクトルとスメカル」の物語はドラマ化して長々やって欲しいくらいでした。



【2011/09/25 04:02】 | 洋画
トラックバック(5) |

Resなるほど
愛知女子
ナドレックさんこんにちは!
お久しぶりです!
コメント&トラバ賜りましてありがとうございます!(*´∇`*)
『2人のスメカル』に対して褒めて下さりありがとうございます(汗)
『ミケランジェロの暗号』という邦題が気になる方は多いんじゃないかなぁと思います。内容は想像と違っていましたが話はよく出来ていました。
私は、見終わって「ミケランジェロが残した暗号の謎解きじゃ無くてお父さんのヒントでしょう!」
と笑ってしまいました。
お父さんの名前がミケランジェロなら辻褄が合いますが…猛烈に座布団投げられそうw

最初シリアスな話かと身構えていたんですがね(笑)
(^m^)


なるほど
ナドレック
『ミケランジェロの暗号』という邦題は内容にそぐわないと思いつつ、ではどんな邦題なら良かったのかと考えあぐねていましたが、『2人のスメカル』はなかなか似合いかもしれませんね。


Resずっこけナチス
愛知女子
クマネズミさん、こんばんは。TLとコメント賜りましてありがとうございます!
まあ、歴史的観点から言えば色々あるとは承知で書きました。

例えば、散々酷い目にあって戻って来たスメカルを上官は包容して慰めたシーンです。日本軍から殴り飛ばされたり怒鳴られているくらいの大目玉ものかと…。
まあ、所属にもよるのでしょうが。
映画ではいつもナチス親衛隊は極悪人ですから今回は普通の人間らしい感情が伝わって来て良かったです。
ナチス親衛隊はどの映画でも極悪人役で登場するので‥。
もう、忠臣蔵みたいに異常にしつこいなと感じました。
ナチスドイツを悪役に仕立てておいて問題解決する作品の作り方はもういい加減辞めて欲しいな、と個人的に思っておりましたので、つい感想文に出てしまいました。
ちょっとヘンテコなお返事になってしまいましたが、どうかお許し下さいませ。
ではでは!

ずっこけナチス
クマネズミ
こんばんは。
おっしゃるように、この映画は、「時代要素をきちんと取り入れながらスリリングでコミカルに作ってあるので新鮮」で、特に、「逆転劇の逆転劇の逆転劇」は本当に面白いと思いました。
ただ、この映画は、歴史修正主義的な考えに基づいて製作されたものではないようですから、「ユダヤ人迫害を除けば真面目でいい奴らのナチス親衛隊」とか「ナチス親衛隊もユダヤ人も色々と気の毒」とまで言ってしまえるかどうか、疑問ではないかと思いますが。

Res こんにちは。
愛知女子
NANTEIさん、こんにちは!
こちらあのミケランジェロの名前が出ているので、メッチャ気になりました!!
タイトルに有名な芸術家の名前を付けた映画はたいてい変な話が多いのでですが(多分)
しかし、こちらは思ったより良作でした。私は観て良かったと思いましたよ♪


こんにちは。
NANTEI
駄作かなと思いながらも観る根性!(爆。
なんか砂金を見つける冒険に似ていますね^^。
今度の作品は金塊もののような・・・(●^o^●)。

コメントを閉じる▲
こんにちは!
大分前に観たのにアップ忘れてました…。

《感想》
原作未読です。
北海道が舞台ですが北海道行った事が無いためなかなか新鮮でしたよ。
主人公の探偵役に大泉洋ですがまんまコミカルなところがぴったりと当たりましたね。見事です!
普段何考えてるか分からないような雰囲気を醸し出している相棒役に松田龍平。今までに無い役ですが、カッコ良く見えないでいい味出してました。(剣岳点の記で生き埋めになってたあの役と同一人物…だよね。)

コミカルな部分はもちろん、ハードな部分、シリアスな部分もバランスがよくて久しぶりに美味しい映画でした!満足
〃〃(*´∇`*)〃〃

右翼系の組織の怖い役に出て来る加藤…途中まで役者誰だか解らなかったw
鼻ピアスにガムクチャクチw前髪下ろした目のキツいヤバい男。
高島きょうだいの弟だったぁwwwwΣ( □ ;)

なかなかコミカルで憎めない役でした。それでいて残忍な部分も持つ役をしっかり演じてましたね。
あと個人的にめっちゃ気になる役者が…。
パッチギ!でオデコが目立つ在日朝鮮人の役だったよね!…二面性がある役でしたが、がらっと豹変する所がツボでした!凶器持って暴れてコミカルなピエロ役でしたが良かったww
彼はこれからもっとどんどん色々活躍して欲しいと思います!!

他にも書きたいですがこの映画、脇役に愛着がもてる大変美味しい映画です。ですから飽きずに楽しく観られたのだと思います。
アクションはハラハラしましたよ!最初のハラハラを超えると、いけぇー!オラオラwwになってました…。


私がお気に入りなのは車に乗る時の場面です。
劇中にポンコツの車が出て来てボスンッ!
と黒煙を吐いて止まってしまうので観客を笑わせてくれました。
何だかルパン三世の車に輪をかけたみたいな凄いのが出て来ましたよ。
惜しい!!売店で売って欲しかった。(>ω< )

大泉洋は格好いい役だったと評判ですが、
どうみてもルパン三世だよwwww


ただ観る人によっては電話の依頼主が分かってしまっています…(-ω-;)ヽ

ウルトラマンのハヤタ隊員の正体を視聴者が分かっているような状態で観た人にとっては、

あれ?ルパン!!気が付いてたんじゃ無かったのかwwww

となりました。

今後またシリーズ化するかなぁ~? 期待してるんだけど…。


《あらすじ》
作家・東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。
札幌の歓楽街ススキノで活躍する探偵のもとに、コンドウキョウコと名乗るナゾの女から「ある男に会い、彼にひとつ質問してほしい」という依頼が舞い込む。簡単な依頼のはずが、探偵はその直後に危ない警告受け酷い目に…。
依頼が進んでいくうちにコンドウキョウコに纏わる不可解な事件に行き着く。
《キャスト》
大泉洋
松田龍平
小雪
西田敏行
田口トモロヲ



監督:橋本一
原作:東直己
脚本:古沢良太、須藤泰司
音楽:池頼広


【2011/09/30 23:28】 | 邦画
トラックバック(9) |

Resこんばんわ♪
愛知女子
エミさんこんばんわ!
こちらこそコメント&TBありがとうございます。
m(_ _)m

波岡一喜さんの情報ありがとうございました。
『陽はまた昇る』あれ、副担任を演じてましたか!!
このドラマは佐藤浩市や三浦春馬が出ているので面白そうだと思いました。が時間帯が合わなくて観られなかった…。
なのでDVD待ちしてます。

あのポンコツの車…すんごい車でしたね。
あれから私もテレビや携帯に声をかけて労るようになりました。
続編でもああいうシーンまたあるといいですね!
まさか車代えたりとかはしないと思いますが…。
ではでは



こんばんわ♪
エミ
コメント&TBありがとうございましたm(__)m

>パッチギ!でオデコが目立つ在日朝鮮人の役
波岡一喜さんですね。
つい最近だと『陽はまた昇る』で佐藤浩市演じる警察学校教官の副担任を演じてましたよ。

ポンコツの車に
「ごめんねぇ~」
と機嫌を取ってるシーンおもしろかったですよね。
続編でもあのシーンはあって欲しいです。


Res 0w0さんへ
愛知女子
こんにちは!
お久しぶりですw
0w0さん大泉洋さんのファンですか♪♪
「水曜どうでしょう」
あれ、それ私まだ観てない…。
一度チェックしてみよう♪
劇場でもDVDでも楽しいとおもいますよ!!
大泉洋の映画は『シムソンズ』『ゲゲゲの鬼太郎』他にも色々笑わせてくれてますね。今回コミカルですが、男の格好良さを少しにじんだほろ苦い部分もある美味しい設定になってます。(笑)
ところで久しぶりにブログ更新されましたね!
(゜∀゜∩
また遊びに行きますね♪


ではでは



Res疑り深いのは…。
愛知女子
tamacatさん、こんにちは!トラックバッグとコメント賜りましてありがとうございます。
そうですね。私は声だけで100%小雪だと分かるようにはなっていないと思います。
全然違う感じの声に変えてあれば良かったかもしれませんね。
私の場合は声だけでは分からなかったです。
お話ではコンドウキョウコと彼女は同一人物なのかなと思わせて違うのかなとズルズル行っていういるわけで…。
探偵が彼女の所に恫喝に行った場面ではもうほぼコンドウキョウコは彼女に違いないと疑念が確信に変わったかと思います。
しかし探偵の行動には…あれ?
と思いました。

後でコンドウキョウコと名乗って依頼した理由を手紙で告白している訳ですが。ロマンチックな出会いでしたね。まさかラストにあんな行動するとは思わなかったですが…。
鑑賞された方々はこの映画をご覧になって、まあ可能性は凄く高かったけどやっぱりね!!
と言う感じでしょうか…。
はい、ニヤリとした探偵の表情は、もうどう見てもルパン三世でした(笑)

ではでは





0w0
最近すごく気になっていた映画です♪♪
大泉洋さんが好きなので・・・「水曜どうでしょう」が好きなんですw
劇場に足を運ぶかDVDを待つか・・・w

疑り深いのは…。
tamacat
愛知女子さん、こんばんは。

「コンドウキョウコの正体が、声で判っちゃう」
という指摘が多いですが、個人的には「うーん。」と思っています。
たしかに僕も初めに声を聞いて「あの人では?」と感じましたが、推理小説ファンでもある僕は、
「いや、ミステリー映画でそんな単純な話はないだろ。これは何かのミスリードじゃないか?」
と考え、けっこう終盤の方まで疑っていました。
だから、他の色んなブロガーさんが「声で判る」と指摘しているのを見て、
「世間の人は意外と疑わないんだなぁ」と逆に驚いたぐらい。
もっとも、「犯人の名前だけ当てられても痛くも痒くもない」(by綾辻行人&有栖川有栖)じゃないけれど(笑)、
コンドウキョウコの正体だけでなく、その目的まで解き明かしてナンボの物語なので、
謎解きの魅力がそこまで希薄だったとは思わないです。

放火事件で死んだ被害者の名前が“近藤京子”だと判ったとき、
「これは面白くなってきたよぉ」とつぶやきニヤリとした探偵の表情が、まさにルパン三世でしたね。

Res koyakさん
愛知女子
koyakさんこんばんは!
お久しぶりです。
コメントどうもありございます!(゜∀゜ξ∩
koyakさんもご覧になりましたか!!
フジ子ちゃんみたいなのは無かったですが見せつけているあの女性は何なのでしょう(笑)フジ子ちゃんと違うのは探偵が全部スルーしてた‥。

ところでkoyakさん札幌出身でしたよね!!ニヤニヤいいなー!私もニヤニヤする映画が欲しいです!

そうなんです!
大泉洋はシリアスな場面でシリアスな演技をしてもどこかコミカルなんです!
(笑)
暴力シーンがあっても大泉洋ならどこか安心して観られました。

北海道民ならではの楽しみがあっていいですね(*´ω`*)




Res・・・探偵
愛知女子
ふじき78さんこんばんは!
そういえば先ほどナドレックさんの話題にも出て来たんですが、
私』まだ「悪夢探偵」は観てないんです。
あれ?私まだ観てない‥。
マントの下、すっぽんぽんという設定は話題になりましたね。
いやいや、雪の北海道とか「悪夢」以外有り得ないでしょう!
もし、あったら酷い‥。何しに逝くんだろ。







Resこんにちは
愛知女子
ナドレックさん、こんばんは!
コメントどうもありがとうございますヽ(・ω・´)ゝ
あの方は波岡一喜さんとおっしゃるのですね!!!
教えて下さりありがとうございます~。
早速ググってみました!観たはずの映画にいっぱい出てます。
雰囲気全然違うから同一人物と解らなかったのがいくつか…。(-ω-;)ヽ

不良以外の役柄をこなしている作品を一度見直ししてチェックしなくては(笑)Σ( □ ;)

なる程!探偵では無くてあえてトボけた研究者の方を演じている、この映画は俳優さんの使い方が上手すぎですね(笑)

ではでは




Resウワーッ目が回る
愛知女子
クマネズミさんこんばんは!
トラックバックとコメントありがとうございます(*´∇`*)

ちょっと今回HTML調子に乗って使い過ぎました(笑)目がチカチカしちゃいますよね。

∩(〈●〉ω〈☆〉))∩〃

クマネズミさんのつもり
私カクテルを呑む機会無いのでオシャンティな話題が出来ずお恥ずかしいです。ギムレットは勿論ジンも試した事ないです。(>ω< )
この映画に出て来るBARではどんな味のものが出るのか知りたいですねξ(⌒‐⌒ξ

こんなに色々な場面が話題になって盛り上がる映画も楽しい!
はい「満足」です♪

ルパン三世やジゲンダイスケも何だろ‥。
バーボンみたいなものを氷で割って呑んでましたね‥。ギムレットも呑んでたかもしれませんね☆

ではでは



コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。