映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやいや、楽しすぎて涙出ました・・・・

「I LOVE 大分」

いいじゃないですか。

綱引きで町おこし!

実際に「綱娘」いたんですねΣ( □ ;)

ネタバレすると面白くなくなってしまいますからあまりネタバレしたくはないのですが。

いつの間に市長のハイヤーに綱を巻きつけたんだー!

ここの部分は予告編にも出ていましたが大体場面が予測できちゃうから予告編に出さない方が良かったと思いました。

って、そもそも結末は

あれはどういう意味だったのだろう

今も頑張ってるのかな?

玉山鉄二は大分出身なのですね。


大分と言えば・・・干しシイタケだよなぁ♪

こういう笑って良いお話の映画好きです。

絶世の美女松坂慶子が綱引いてるよー!

浅茅陽子久しぶり!



ところで・・・・

愛知県も

I LOVE AICHI

で楽しい映画創って下さいよー!

子供の時ご町内の運動会で綱引き参加するの好きだったなー!

<あらすじ>
かつてオリンピック正式種目として人気を博した競技。
原題の運動会お演目だけでは推し量れない、深い、スポーツの醍醐味がつまっています。
それは、人生の醍醐味に通じているのかもしれません。
この映画は、1本のロープを8人で引き合うという単純な“綱引き”を通して、女として、妻として、母として、それぞれの人生に奮闘する女性たちの悲喜こもごもの人間ドラマを描いた笑って笑って、ちょっと泣ける。
笑って笑って、すごく元気になる。そんな物語です。
~チラシより~


<キャスト>
井上真央
玉山鉄二
松坂慶子
浅茅陽子
西田尚美
ソニン
渡辺直美
犬山イヌコ
中鉢明子


<キャスト>
監督:水田伸生
脚本:羽原大介
音楽:岩代太郎

スポンサーサイト

【2012/12/03 15:20】 | 邦画
トラックバック(0) |

Re: こんにちは
愛知女子
おおー!おくやぷさん、お久しぶりです!

教えて下さりありがとうございます。
「築城せよ!」初めて知りました!おもしろそうですねξ(⌒‐⌒ξ
公式サイトで予告編観ましたよwww
愛知工業大学www
これ観たいです!
レンタルにあるといいな(*´∇`*)



こんにちは
おくやぷ
お久しぶりです!

愛知ラブ映画、「築城せよ!」どうですか?
猿投町で繰り広げられる町おこしコメディ、ホロリもあるよ☆
愛知工大なども大活躍でしたよ~( ´∀`)

コメントを閉じる▲
小説は既読。

湊かなえの「告白」もそうなんですが、ポスターやチラシでもう観る前に事件の内容がお客さんに分かってしまっているんですよね。

だから何も知らずに観ることが出来ないんです。

本を読んだとき、本の帯で事件と被疑者をバーンと出してしまっているのでどこからどう盛り上げるのか予測が付きませんでした。

上巻のほとんどはコメディーっぽいし、そういう大変なところなんだよね学校は・・・

なかなか読みごたえありました。

しかし下巻でどう生徒皆殺しに結び付けるのか・・・

そのむちゃくちゃな展開は見事でした。

ただ、その時に映画化決定と宣伝していたので

「これを映画化って・・・」

「生徒と淫行するところとかどうすんだろう」

皆殺しよりもそちらを心配しましたよ。

しかし、監督があの三池崇史氏!

17人の刺客で圧倒的な血みどろの映画で見事観客を凍らせてくれたあの監督と知ってこれはラブシーンよりも血みどろスプラッターものになるなと思いました。

案の定人を人形のように容赦なくぶっ殺していく場面になりました。

速水君の拷問シーンは残酷でしたΣ( □ ;)

私は、人が死ぬよりもこの場面が一番怖いんですがwww

いろんな人からの評価は高いですが私個人的には小説より規模が小さい気がします。

ただ原作ではサイコパスのハスミンの周りには悪い人がうじゃうじゃいて

それを排除していく原作の部分は痛快なのですがその部分が映画では足りないのでちょっと残念でした。

あと、出演する役を減らしていますね。お話が長いから仕方ないです・・・

そういえば十七人の刺客のときも、山田孝之出てましたがね!


最後の部分であの二人に黒い布を身にまとわせたのはフギンとムニンと重ね合わせるためだったんですね。

そこはよかった!!

しかし・・・・

TO BE CONTINUE

って、まだ続編作ってないやん!

続編書けても面白くないと意味ないと思う・・・

そういえば先日レンタル屋さんに行ってみたらDVDで悪の教典の序章が置いてありました!!

ちょっと観てしまいましたよ(笑)

カウンセラーの水落聡子のお話ですね

これは小説にはなかったから作ったんだな・・・

まあ、血みどろは出てこないから大丈夫。小学生でも楽しめます ←ホントかよー!

最初の人形劇唖然としちゃいましたが笑って良いのかなw


余談ですが。林遣都、学生服に違和感がなかったwww

周りに二十歳以上の生徒役が多いからでしょうがそれを差し引いてもブレザー似合っていました!

伊藤英明デカいですねΣ( □ ;)

生徒がホビット族みたいに小さく見えましたよー!

このあと観た「のぼうの城」の方が多分死者は沢山出ているはずなんだが・・

こちらの方が残酷に思えるのは不思議ですね。


<キャスト>
伊藤英明
二階堂ふみ
染谷将太
林遣都
浅香航大
水野絵梨奈
山田孝之
平岳大
吹越満


<スタッフ>
監督:三池崇史
脚本:三池崇史
音楽:遠藤浩二


原作:貴志祐介


<あらすじ>
蓮実聖司は、生徒から「ハスミン」という愛称でよばれ、絶大な人気を誇る高校教師。学校やPTAの評価も高く、いわば「教師の鏡」とも呼べる存在だったがそれはすべて仮面に過ぎなかった。彼は他人への共感能力を持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)だったのだ。蓮実は自らの目的のため目なら、それが最善の策であれば、たとえ人殺しでも厭わない。学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除くために、いとも簡単に人を殺す。そして、いつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配しつつあった。だが、すべてが順調に進んでいた矢先、小さなほころびから自らの失敗が露見してしまう。それを隠滅するために考えた蓮実の解決策。それは、クラスの生徒を惨殺することだった・・・
「このミステリーがすごい!」第1位「週刊文春ミステリーベスト10」第Ⅰ位
禁断の小説、衝撃の映画化!!



【2012/12/03 15:39】 | 邦画
トラックバック(9) |

Re: タイトルなし
愛知女子
ふじきさん、どうもTBとコメントありがとうございます!
吹越三つ子wwwwwΣ( □ ;)
釣井とは性格が違う設定になっている事を願います(笑)




ふじき78
> 続編が出たなら速水の双子の兄弟が出てきて活躍してくれることを願いますww

吹越満が三つ子で残りの二人が出て来るもテンションが死んだ一人と同じで役に立たないというのがイライラする展開ですね。

谷さんへ
愛知女子
AEDでオ○ニの場面は無かったと思います。
録音されてたというオチはそのままです。

パニックになった時は保険の先生いませんでしたよ。
生徒が撃たれた生徒を助けようと保健室に運び込んでAEDを出していた所をハスミンがやって来たというお話になっています。



おお、デザインがブルーちっく。
原作にはAED出てくるんですか?

保健の先生はラストのパニック時にはいなかったようですが
それでいいのかな?


Re: タイトルなし
愛知女子
谷さん、そうもTBとコメントありがとうございます(*´∇`*)
AEDで○ナニーΣ( □ ;)
ああいうので出ちゃうものなんですかね。
びっくりしましたwww
セクシーで大人な保健の先生の態度もおかしかったです(笑)

そうそう、映画では速水君とハスミンが対決するのかな?と期待していました。
せっかくだからAEDで生き返って反撃に来ればよかったのに・・・


ゾンビ映画になっちゃいますか(汗)

続編が出たなら速水の双子の兄弟が出てきて活躍してくれることを願いますww



Re: タイトルなし
愛知女子
koyakさん、こんにちは。

速水君拷問シーン・・・小説とちょっと違うんですが小説よりひどいです。

思ったよりその部分じっくりと時間をとっていますよ((((; Д ))))\イヤー、ヤメテ―!!!/

役者が染谷君だからかなぁ・・・

伊藤英明と染谷君のアドリブをじっくり見てあげてください(笑)

<●>Ξ<●>;



Re: タイトルなし
愛知女子
ウルトライダーさん、こんにちは♪
おお、ご覧になりましたか(*n’∀’*)n
そう、「告白」は何も知らないで観る方がすごく衝撃が強いんですよね。
橋本愛ファンになりました。
「 悪の教典」も出来れば結末知らないでご覧になることをおススメしたいですが、ご覧になってからでもい楽しめますよ。
小説は長いですから映画にはなかった面白い内容が沢山のっています。
この内容の小説なら先生人殺しという設定でなくてもそこそこ売れたのではないかと思います。
ちなみに映画では、職員会議のシーンで作家の貴志さん自身が出演して「期待してますよ」というセリフをハスミンに言ってます(笑)




AEDで○ナニー(爆)
個人的に染谷将太くんと先生の対決シーン
みたいのをラストに期待していたのですが。
ちょっと残念かも。




koyak
こんにちは。
速水君拷問シーン・・・あ、あれまでちゃんと映像化しちゃってるんですか。あわわわわわ・・・。
確か喉潰されたり眼にペンをぶっ刺されたりしていましたよね・・・((((;゜Д゜)))

観、観たいような観たくないような・・・!


ウルトライダー
テレビの映画チャンネルで「告白」の映画を見たときはなにも知らずに見たものでそれはそれはすごかったです。

悪の教典は小説読んでからのほうが楽しめますかね(・ω・)?

コメントを閉じる▲
感想の前に・・・

上映前の暗くなったわずかだけど長い時間、

割と近い席で炭酸飲料ボトルが

\プシュwwwww/

ビックリして飛び上がっちゃったよwwww

やめてくれwwwww

心臓に悪いwww

シーンとしてるところで炭酸の音って・・・ワザとか?

以上




<感想>


かなりの力作でした。

「綱ひいちゃった」の後に観てしまったのでテンションメチャメチャ下がりました。

耳がドクドクするほど泣いた映画もあまりないような・・・

草刈民代の陰影の濃い顔と表情が終始重かったwww

引力というよりも重力を持って放さなかったですね。

医療と法律は相容れない・・・

法律の方が権力があるからこういう事になるのですね。

医療も法律も人の為にあるものだけれど

相手の苦痛を1番和らげる「死」という行為で解放へと導いてしまった

しかし彼女を憎む誰かから陥れられ

咎人となった

その行為は自分が望んだのではなく患者が望んだものなのに。

本当は生きててほしい!

そういう気持ちが痛いほど強く伝わってきました。

人工呼吸器を外したあとに発作で暴れだす

何度も薬で抑える・・・

苦痛を和らげるために

死に直面したことのない人から見たらどうしていいか分からないような取り乱した風景・・・・

しかし周りは彼女を簡単に見捨てた

主張すればするほど検察に都合のいいような調書を作成され続ける無慈悲な場面。

それを見守る検事の部下の痛々しそうな眼差し。


草刈民代の死の天使見事でした!

それにしても大人になってからの喘息ってこんなに死と隣り合わせなのですね。

喘息は2年間発作が起きなければ治療を終了できるけれど放置すればどんどん悪化するもの。

入院すれば治療費はかかるし、治ってもいつ発作で動けなくなるか・・・

それを何十年。


ところで、最近医療叩きすぎですよね。

以前、予防接種のあとに子供が死亡した事件がありましたが原因が分からないのに診療所の名前がテレビで出されました。

結局は子供は服用していた薬があったのを親が医師に知らせていなかったとか・・・

報道側も医療への理解に隔たりがあるのですね。


以前植物状態の人と会話できる方法が見つかったというニュースがありましたが・・・・

まだまだ庶民には難しそうです。

早くそうできるといいですね。

もし私が植物状態で生命維持装置を付けている状態になったら費用がかさむから延命拒否すると思う。

お金がないからしょうがないじゃん。

長患いって本当に家族も本人も苦しい。もう地獄だもん!

静かにゆるやかに1人で死を迎えたいものです。

死で終わると考えちゃうからいけないんじゃないかな?

死の先に何があるか解明されたら法律覆っちゃうんでしょうね。

「私のお父さん」いい曲なのにそういう滑稽な歌だったんだ・・・・




<原作>
朔立木

<キャスト>
草刈民代
役所広司
浅野忠信
大沢たかお

<スタッフ>
監督:周防正行
音楽:周防義和

エンディング曲:「遠く、そして近く」種もとこ
挿入曲:「私のお父さん」キリ・テ・カナワ

















【2012/12/04 12:27】 | 邦画
トラックバック(1) |

Re: プシュ
愛知女子
ナドレックさん、 こんにちは。
コメントありがとうございます!
やられたことがありますか・・(≧▽≦)e-330
あのプシュwwwを何故真っ暗になってからやるんでしょうね。
お化け屋敷じゃぁあるまいにwww



プシュ
ナドレック
こんにちは。

>\プシュwwwww/

私もやられました(T^T)
せめて予告編のうちに開けてくれればいいのに。
意地が悪いですねー。

コメントを閉じる▲

愛知県内でざっと観たところ、名古屋109シネマズで上映されていると知り、観に行ってまいりました。

ちょうど前編と後編がスケジュール上続けて観られるようになっていましたよー!\ラッキー/

内容は以前放送されたものと一緒でした

劇場版はところどころリメークしてあったようです ξ(⌒ヮ⌒ξ 

オープニングと変身シーン以外はちょっと気が付かなかったのですね

<変えてあるもの>
※オープニング
※魔法少女たちの変身シーン
※魔女の登場シーン
※音楽が新しくなっている
(イヌカレーさんが考えた歌詞をドイツ語にして梶浦由記がコーラスにしているそうです)

※まどかの私服初登場
※杏子の食べているもの
※さやかの変身後の髪飾り


この日は1日の映画千円dayに行ったためか劇場満席.子供はほとんどいません。

だいたい20代から30代くらいのお客さんがほとんどでした。

ラッキーな事に入場特典がもらえましたよ(癶ω癶)つ◇\クリアファイル―/


同じ劇場でもそれ以前の違う日に観に行った人は配られなかったとのこと・・・・・劇場ごとでキャンペーンの日時や品が違うんでしょうか・・・

新作が2013年に公開されて劇場版は3部作になるとエンドロール後に予告していました。

それを知らなくて今回前編後編とも新作だろうと思い込んでましたがね。

しかし、音楽が綺麗なので劇場版で観る価値は充分!流石に後半終わったら背中痛い(笑)


ところで音楽の梶浦由記さんはドイツに住んでいたことがあるとか。

音楽素敵なんですが実はご音楽大学出ではないとかwww

最初「歴史秘話ヒストリア」の音楽と「空の境界」がすごく似ているなぁとツイッターでつぶやいたら

知らない方から音楽が同じ人だと教えてもらってちょっと調べました。←ツイッターすげー!

「空の境界」「歴史秘話ヒストリア」「まどか☆マギカ」以外にも「フェイト0」も梶浦由記さんのようで!Σ( □ ;)

実は挿入されている曲の歌詞が聞き取れなかったのでてっきり西洋の曲使っていると勘違いしていたのですが

梶浦由記さんはよく造語を使っているとのことで納得(‘o‘)

今度サントラ買ってみよう!

パンフ後編売切れてて残念でしたよwwwwww

この作品の面白さは言葉の意味をはき違えて観ていた観客に雷を落とすような衝撃を用意してくれているところですよね。


「魔法少女」=「魔女になる成長過程の少女」

「キュウべえ」=「インキュベーター」


「インキュベーター」ってなんだー!

すごいこと言ってる(爆)

だいたい魔女倒してるのになんで最後は自分が魔女なんだ!

いろいろ突っ込みどころが人気の秘訣なのでしょうか。

最初はあのど暗いブラックなシナリオ書いてる虚淵玄がこんな可愛い魔法少女アニメを作りますという感じで宣伝
していたんじゃなかったっけ?

で、見事期待に応えて今までにないファンタジーを魅せてくれたわけで・・・

ポスターやパッケージ観ただけの人はプリキュアみたいなお話かな?と騙されちゃうんですよねw

姪たちはと友達の小学生たちは魔法少女のファンでよろこんで映画館までみにいったそうな(; д )

しかし、最近のファンタジーって一体wwww

ところで「空の境界」「真月譚・月姫」もレンタル屋さんでファンタジーの棚に並んでるんですがwww





<キャスト>
総監督:新房昭之
脚本:虚淵玄
キャラクター原案:蒼樹うめ
監督:宮本幸裕

【2012/12/04 13:22】 | 邦画
トラックバック(5) |

Re: 主人公はほむらでしょ
愛知女子
こんにちは。
コメント返信遅れてホントにごめんなさい!
そうですよね。この映画の話では多分ほむらちゃんですよね・・・
あ、そうなんですか。目が肥えている人達から見るとそんなものなのかもしれませんね。


主人公はほむらでしょ
主人公はほむらでしょ。??
いやヘタすると群像劇というオチも考えられるけど。

アニメ時かけで免疫ついちゃった自分はこんなものかな?

で終わってしまった・・・

Re: 一発コメントして離脱みたいなコメント
愛知女子
うーん
そもそも、魔女っていったいなんなんでしょう
魔女っていうものは日本には無かったので理解できないです。
魔女にされたので有名な人はジャンヌ・ダルクですかね。
そもそも魔女がいるなら魔男がいないのはおかしいですし魔法少女がいるなら魔法少年がいなくてはいけないような・・・
そうだ!

「魔法おにいさんふじき☆マギカ」プロジェクトを立ち上げますかwww

一発コメントして離脱みたいなコメント
ふじき78
> だいたい魔女倒してるのになんで最後は自分が魔女なんだ!

革命家が現政権を倒して、新政権になっちゃうみたいな。

Re: タイトルなし
愛知女子
koyakさん こんにちは。
どうもコメント賜りましてありがとうございました。
観に行ってまいりました!
マミさん残念ながらTVの通りになりました(≧▽≦)e-330
そうですよね! まどマギはあの震災の頃の作品なのですよね。
新作も混じっているのかと思ったら全部内容は総集編でしたm(_ _;)m
私も新作の方楽しみです。女の子引き連れて観に行くと思いますwww5人くらいか!?
ではではよいお年を(*´∇`*)



koyak
こんにちは。
観に行かれていましたか!
マミさんはやっぱりマミって(ぱっくりとやられて)いましたか?(^^;

まどマギというと、個人的には震災がセットで思い出されます。地震があったのはほむらの秘密が明かされるTV版第10話放映日の前日だったので。

私は映画が気になりつつもTV版の総集編な内容と聞いて、結局観ていないのですが、新作の方は是非観に行きたいもんです。


コメントを閉じる▲
ちょっとある記事で「愛知県にも郷土愛あふれた映画創って欲しい!」

というようなことをつぶやいたら

おくやぷさんからこんな映画あるけどどう?

と紹介して下さったのが「築城せよ!」でした。

レンタルでアルバイトの子に聞いたら「あ!」とあっさり通じました。これかなり有名なんだなぁw



こちら愛知工業大学50周年記念企画の映画だそうです。

製作費3億円Σ( □ ;)え、そんだけ?

あとは人の熱意で作り上げたものだと思います。愛知だから「愛」かな(^m^)

とにかく終始楽しい!

家族が片岡愛之助の二役に気が付かず人が代わってるwwwと思っていました。

ナイス変貌ぶりです!






<あらすじ>
お話は城を完成できずに無念の死を遂げた400年前の戦国武将が現代人に憑依して

「築城せよ―!」

過疎地ですから市長による町おこしは工場誘致。

住民たちは城で観光客誘致。

そんなときにどうしても築城したい武将が来てしまったというところです。

主人公の愛知工業大学の女子学生が棟梁に任命され、段ボール城建築の指揮を執るという設定です。

CGも愛知工業大学が中心になって製作しました。

頑張ってましたよ!

築城のシーンになるとても盛り上がっていて楽しそうでした、

観ているこちらは「ちょっと、参加させてほしいんですけど。」にならない人はいないでしょう。

毎年段ボールで築城する企画猿投でやったらいいのにと真剣に思います。

ナイス企画でした!

実はあのリアルな石垣も張りぼてなのですが、湖面に映る猿投城があまりにも綺麗(つ´ω`C)

段ボールの質感がとてもいいのですよ。木に似てるww

段ボールでhいろいろ試している記事がありましたので

ご興味をお持ちの方はこちらをご参考に。

http://aitech.ac.jp/lib/electricdoc/files/45/B03.pdf



監督

古波津陽



脚本

古波津陽
浜頭仁史



出演者

片岡愛之助



主題歌

多和田えみ
『時の空』



撮影

辻健司



製作会社

『築城せよ!』製作委員会
ソイソース・エンタテインメント



配給

東京テアトル



公開

2009年6月20日



上映時間

120分



製作国

日本



言語

日本語

【2012/12/12 14:55】 | 邦画
トラックバック(2) |

Re: タイトルなし
愛知女子
どもども、コメントとTB賜りましてありがとうございます!
ふじきさんは劇場でご覧になったのですか。
DVDではなくて劇場で200以上観ているのがすごいですよwww
全部覚えていたら熊楠ふじきと呼ばせていただきます!


ふじき78
あったねえ。

3年しか経ってないのに、もうかなり忘れちゃってます。映画、多すぎるなあ。

Re: これ好きなんです
愛知女子
おくやぷさん、こんにちは!
どうもTBとコメント賜りましてありがとうございます。
江守徹演じる、あ、町長でしたか。失礼。
町長なりに町を守ろうと考えているんですよね。
ちょっと性格悪いので伝わりにくいですが(笑)
楽しく人同志の絆が暖かい映画でしたね。

梨園の人は独特のピシッとした緊張感が伝わってくる。
空気が変わるので不思議です。まあ、見るからに堅気ではありませんが。

もし続編創るといいう話がありましたら喜んで応援したいですね。
おくやぷさんは美術スタッフでぜひぜひww

この映画は製作費は少ないけれど人が手間暇かけて築いたよさが伝わります。

とてもホットでかっこいい映画をご紹介くださりどうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。



これ好きなんです
おくやぷ
憎たらしい町長も、町のこと考えていて方向性が違うだけなんですよね~
暖かい創りで好みでした^^

のぼうの野村さんもだけど、梨園の人は立ち居振る舞いが決まってますね
現代とのギャップもすごい
片岡さん演じる殿のために築城したいですよわたしも
まあお呼びじゃないかもw

あのお城の門がまえとか、かなり精巧に本物の建築様式を参考にしてるとのことで、製作費ほんとやすくても手間と工夫でやりくりしてる感がよいですわ^^

コメントを閉じる▲
「悪の教典」を観たなら貴志祐介作品の「黒い家」も観なければと思ってちょっと試してみました。

実は「悪の教典」って「黒い家」と同じ人が書いたんだね?とよく言われたからです(-ω-;)ヽ無知でごめんよww

作者自身保険のお仕事で京都にいたことがあるとか。

この映画のどこかに作者が営業マン役で出演しているそうなのですがよく分からなかったです。

保険についての薀蓄話や心理学のお話は興味深かったです。
 

「そこもっとやってよ!」(≧▽≦)

潰しって知らなかったwww」(; д )怖いー!



ちょっと本を読んで確認せねば。

と、思って本屋いったら表紙が怖くて買うの辞めてしまいました・・・

絵が嫌wwwwww(アマゾンでは表紙の洗濯物の影が首吊りに見えた…書店の文庫も包丁構えてて怖いよw)

映画は京都弁まったく出てこなかったです。

「悪の教典」もそうですが映画化するといろいろな興味深い薀蓄話が消えてしまうんですよね。

小説の良さよりもスプラッターな部分がメインになってしまう。というか、要求されるんですよね。

ところでこの映画なんといっても俳優陣がみんな若い頃じゃん!←ものすごく衝撃的でした。

特に西村雅彦の髪が!!!鬘被って出演していた(笑)

パソコンが分厚くてガタガタしてる(笑)

そうか、この時代は携帯電話持つのはめずらしかったんだよね。

1990年代頃を思い浮かべながら観ておりましたよ!そのくらいの設定ですかね・

1度目はただただひたすら怯えて観ていました。((((; Д ))))

でも観終わるともう一回観てみようかな。と思うような映画でした。

夏暑いときにはもってこいですね!今は冬ですがww

黄色いボーリングの玉、今度使ってみようかな(笑)

「悪の教典」と同じサイコパスものとは知らずに観たものですが「サイコパス」についてはこの作品で作者なりの持論を持ち出していますね。

普段は関わらないように、観なかったことにしているけれども、人の本質が見えすぎるというのも怖いものですね。
が、知らないで関わる事はもっと危ないなと思いましたw


1999年映画化、韓国版で2007年にリメークされているようですが韓国版興味ありません。

監督:森田芳光
キャスト:内野聖陽、大竹しのぶ、西村雅彦







【2012/12/12 15:04】 | 邦画
トラックバック(0) |
楳図かずおの恐怖漫画が原作となっています。

原作未読ですが(多分)、色々あるシリーズの中の「黒い絵本」の部分を映画化しているんじゃないかと思います。

〈感想〉
主人公は夢で未来を観る事が出来るという少年ソウの姉イズミ。
ソウは以前、自分はもうすぐ死ぬんだと姉に予言する。しかしお姉ちゃんが女の子を助けてくれれば僕は助かるという。

色々大人には理解されない怪奇な現象が起きて弟は重傷を負う。


姉は弟が以前予言した「赤い携帯電話が大事だよ」と言われた通り…壊れちゃったけれど赤い携帯電話を手に入れる。
そして、そこからはソウの声が
どうやら携帯電話と意識不明のソウとは繋がっているらしい

姉は、弟を助ける為に殺人鬼のいる街へ単身出かけて女の子を救い出す為に冒険をしました。

青い携帯電話を持った青い人の協力のお陰でソウが予言した足の悪い女の子ですが白いお屋敷に住んでいると分かります。

お父さんは、絵本の物語を描く為に殺人を犯しては絵本を仕上げて行きます。

この殺人鬼、読み聞かせがメチャメチャ上手い

よく観たら…

田口トモロヲではないですか

途中まで気がつかなかったです(; д )

登場する女の子達が美少女でノースリーブやミニスカートなど露出が多め。しかし品が悪くならないように下着は見えない撮り方。

特殊メイクの生首がソックリでした。

特典に製作プロモーションが入っていました。
この部分楽しかったです(*´m`*)

あの場面はこういう撮り方をしているのか、と騙された種明かしが分かり、なかなか勉強になりました


お腹をすかせた山ガールらしき女の子達が匂いにつられて家に侵入。後でお金は払えばいいと勝手にケーキを食べ初める場面ですが…
ちょっと現実には有り得ない。
怖い筈が滑稽(笑)

この映画、怖い筈なのに怖くないんです…
田口トモロヲの優しいパパと殺人鬼のギャップが一番怖かったです(笑)
あれ、と思ったのは目です。
黒目を大きくするコンタクトレンズを入れたのでしょうかね?

この映画の魅力は可愛い幼い弟の為に血を流しながら殺人鬼と闘うお姉ちゃん…と田口トモロヲです。

そこそこ感動的でした。
子役の演技実に良かった

途中で原作者本人がちょっと顔を出してますよw
2006年7月22日公開。

元は那須博之が監督を担当したが、監督の急死により金子修介が監督を引き継ぐ。

R15+に指定されている。

キャスト
渋谷飛鳥(イズミ)
田口トモロヲ(久保田光一郎)
小林翼(ソウ)
清水萌々子(モモ)
紗綾(アユ)
前田愛(ヨシコ)
かでなれおん(キエ)
今井春奈(ヨウコ)
菅原大吉
根岸季衣
松金よね子
山本奈津子
スタッフ
監督:金子修介
脚本:松枝佳紀

【2012/12/19 22:58】 | 邦画
トラックバック(1) |

Re: タイトルなし
愛知女子
ウルトライダーさん、どうもコメント賜りありがとうございます!
そ、そかな(・ω・)ヽホメてくださりありがとうございます。
金子修介監督は必ず「デスノートの・・・」と紹介されますが、ガメラなど3つの平成ゴジラを撮っているのですよね!!
ウルトライダーさんよくご存じで(´ω`*)
ホラーは私も苦手なのはあります。
やたら心臓に悪いものや痛そうなものはちょっとね(笑)
ホラーでもサスペンスものを最近チラホラDVDで観るようになりました。



ウルトライダー
どうも!
愛知女子さんの感想の書き方は読んでいて面白いですね(´ω`*)
興味がそそられますっ♪

監督は平成ガメラでお馴染みの金子修介さんに変わったんですか。
見てみたいけどホラーは苦手なんですよねwww

コメントを閉じる▲

先日周りが使っているというパソコン用眼鏡を購入してまいりました。

効果は全く分かりません

ただ友達からは
「パソコンの明かりを調節すればいいじゃん!」と言われました。

フィルムを貼るという手もあるのだろうか…


まあ、キクチ眼鏡で見てみたら五千以上、度を調節するなら眼鏡のお値段になりますとの事でした。

私:「安い眼鏡とどう違うんですか?」

店:「変わりません。」

どうやらアフターケアしてくれるというのがメリットらしい。

で家電屋のジョーシンに行ったら2900円台で買えました。白い袋付きで眼鏡拭きと同じ素材との事でした。
色々種類置いてありましたがよく分からなかった…

カラーのレンズの方がブルーライトの透過率を抑えるようですね。
だからブルーライトの透過率は最高で50%近くという感じになるみたいです。
(51%以上見かけなかったので)


ただデパートの婦人服売り場に置いてあるアクセサリーの所に小ぶりで1990円でブルーライト透過率47%のがありました。フレームが台湾製でレンズは日本製。

よくわからんがとりあえず買って比べてみました。

で、思ったのはサングラス兼ねるんならレンズは大きい方がいいわ…




【2012/12/31 01:41】 | 日記
トラックバック(0) |

谷さんへ
愛知女子
どうも、新年明けましておめでとうございます!

どうなのでしょうね、医学的根拠に基づいたデータが無いのでなんとも言えませんが、
目は悪くなったら治らないので使うことにしました。
とにかくスマホや携帯は画面が小さいからまだ平気ですがパソコンは画面が大きいですから目がメチャメチャ疲れますね。
携帯をいじると眠れなくなるというのは確かにあるような気がしますがそれも気のせいかもしれません(-ω-;)ヽ




これね。
どうなんでしょう?
ブルーライトをカットするためのメガネ。
そもそもブルーライトは目に良くないのか、否か。

スマホもそうですがあの眩しい明かりが原因で眠気
がなくなるとかなんとか。

その辺の明確なデータが出てこないと・・・・

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。