映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシテミルの映画を通じて米澤作品に興味を持ちましたので、ラノベに詳しい先輩のオススメでこちらを図書館で借りてよんでおりました。
次の予約待ちの方の為に早く回したいのですが(笑)

主人公の高校1年生の小鳩常悟朗(じょうごろう)くんと小佐内ゆきちゃんは恋愛関係ではなく依存関にもなく互恵関係にあり、小市民道を歩もうとするのだが、次から次へと事件がやって来ます。(笑)
この2人が、学校帰りにクレープやケーキバイキングや春期限定いちごタルトを食べ歩きます。お互い都合よく協力しあう関係。ベトベトしないさっぱりした友情関係です。
いいです。理想ですね!

最初の活躍は小鳩君が学校内のちょっとした窃盗事件の解決に首を出し、その後卓越した推理を展開し、ゆきと協力して事件を無事解決します。
何者ですか?
小鳩は一体何者ですか状態です。

後半はゆき怒る?いや楽しんでいる?春期限定いちごタルト2箱を横取りされた復讐はきっちりお見事!
悪党お縄になりめでたし?

読後、この2人これからどうやって行くのだろうか…。
しかし何をやるのだろうか。
と読者を戸惑わせてくれます。
愛知女子はこの本編ではまだまだ話や人物像が掴みきれていません。

2人のケーキ屋さんでのやり取りはほんわり暖かい気持ちなります!

本当にあの冷酷サスペンスの作者なのかと驚きます。

このほのぼの系は貴重ですそして物語が進むにつれて小市民を目指している2人の本性が明かされていきます。小鳩の裏の顔は小賢しい狐の本性。小左内さんには執念深い狼の本性が。
たまげました。ほのぼの青春系から悪に制裁を加えるハングマンもの?

いろいろな事件の短編はワンパターンではなく先に進む程わくわくさせてくれます。

食べ物の恨みは怖い~!!
中学生にも安心して読ませられます。

可愛い優しい表現がいいです!

このほのぼの系表現の随所で愛知女子の尊敬する方々が米澤氏のこの部分いいよね♪
と言うであろう場所をニマニマと寝転びながら読んでおりました。

いちごタルトケーキを買いに行ってみようかな~!
とデパートに行きましたらモンブラン、栗きんとんの季節でした(笑)

結局、家族の好きな六花亭のバターサンドになりました。(笑)
次は季節限定栗きんとん事件!

題名は「秋期限定栗きんとん事件上下」です!
スポンサーサイト

【2010/11/19 08:55】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。