映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈キャスト〉
松嶋菜々子…星野七海
ソン・スンホン…キム・ジュノ
鈴木沙羽…上条未春
橋本さとし…黒田竜二
芦田愛菜…少女のゴースト
樹木希林…運天五月 他略
〈スタッフ〉
監督/大谷太郎
原作/ブルース・ジョエル・ルービン
脚本/佐藤嗣麻子・中園ミホ
主題歌/平井堅「アイシテル」(DefSTARRECORDS)


「ゴーストニューヨークの幻」をすでにご覧になっている方は退屈するかもしれません。愛知女子もその1人でございます。スミマセン。結構知らない方が多いので逆に驚きました。
日本版は松嶋菜々子がゴースト役です。アメリカ版とは男女入れ替えて設定されています。

しかし、暴漢の方は男のままですか。 話の展開に新鮮さはありませんが、最後になぜ、ソン・スンホンが選ばれたのか納得しました。
涙出ちゃったです。 基本的にあまり音楽が入っていないため、静かにしていないと物音が目立ってしまうスクリーン内でした。
お客さん満員に近いです。予告の間はかなりうるさかったのですが、カメラのパントマイムが始まると水を打ったようにシーンとしていました。
韓流ファンも多かったようでした。終始授業中みたいに真剣に観ていましたよ。

純粋な乙女(?)達に感動しました。今回何故かヨン友なる集まりに初めて混ざりました。
彼女達の経験談ですが、大いに笑えました。
まず、韓国へ行ってペ行きつけの皮膚科、スポーツ事務、新しく建てた豪邸の情報をキャッチしたり。タクシーを借り切って回るのだとか…。
スーツケースを運びながら待ち伏せしていて、疲労からか遂にみなさん無言だった話も笑えます。
韓国のほうが警備がかなり緩いので、空港とかでも握手してもらえるらしいのです。

ぺ、との記念写真5000人枠に応募をしたそうでかなりタフで熱い方々です。

しかし、待ち時間長そうです…。あっ、集合写真か。ツーショットではないのですね…。

韓国待ち伏せツアーの為に家を購入する人までいらっしゃるとは。
彼女達の複数のネットワークに舌を巻きました。

韓流スターはプライバシーないじゃん!

秋葉はまだ2次元だから許されるけれどこっちはまるで工作員達がゴロゴロですよー。

そんなヨン友さんらのオススメにあがるのがソン・スンホンです!
涙を流す姿がアジア一美しい男です!ソン・スンホンの涙で締めくくりです。

彼女達真っ先に「ソン・スンホンいくつ?」「1976年10月5日生まれ…34ね!」「松嶋菜々子は?1973年10月13日か…、37ね…。で、おたくいくつ?」
などなどパンフレットを囲んで雑談が始まりました。
愛知女子はついて行けず、俺妹の桐乃状態でした。(笑)

私は退屈でしたが、皆さん良かったと帰られました。
沙織のような方に連れられてコーヒーして来ました。


今回何か違和感があると思ったら、綺麗にみせようとしすぎて話の展開がゆっくりすぎました。
最後ハプニングが入れてあったので良かったのですが、もう少しサスペンスを取り入れて欲しかったです。
私個人的には松嶋菜々子とソン・スンホンが似合わない気がしました。



ソン・スンホンは日本語ちゃんとこなすプラスα無言の演技が光る!
文句無し!


映画の名セリフはこんな風にリメイクされました。

「サランヘヨ(愛してる)」

「アルゴイッソヨ(分かってる、知ってる)」



因みにアメリカ版では「ディトー(同じ)」でした。

今回悪役の鈴木沙羽さんはも韓国語を主役より沢山話していましたが、こちらの評価も是非聞いてみたいです♪
最近悪役が光る楽しみな方です(笑)

そして、樹木希林があの強烈な黒人霊媒師役に対してどう演じるのか見ものでした。

感動の名シーンでは原作の主題歌がちゃんと流れましたよ!「アンチェ・インドメロディ」

日本男児派の愛知女子から観ても、今回ソン・スンホンの涙が大変素晴らしかったので良しとしましょう
【余談】
四季シリーズ:秋の童話、冬のソナタ、夏の香り、春のワルツ
の中の夏と秋の作品にソン・スンホンが出ているそうです。

ヨン友のメンバーから大好評でした。

因みに愛知女子はヨン友ではありません!

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
【余談】
四季シリーズ:秋の童話、冬のソナタ、夏の香り、春のワルツ
の中の夏と秋の作品にソン・スンホンが出ているそうです。

ヨン友のメンバーから大好評でした。

因みに愛知女子はヨン友ではありません!

スポンサーサイト

【2010/12/01 12:30】 | 邦画
トラックバック(2) |

Res希林さんが…
愛知女子
cyazさん、おはようございます♪(^o^)
こちらこそトラックバック&コメント賜りましてありがとうございます!
うーん、一番難しいキャスティングです。
あの強烈でパワフルな原作の霊媒師に誰をあてたらいいのか…。
私ならパワフルさに匹敵する和田アキ子を…。
または、こちらも男女逆転してみればかなり楽しかったかもしれません。(^o^)
その場合、さらにコメディか耽美になってしまうでしょうね。確かに、役者を誰にするかで雰囲気が随分変わって来ると思います…。スミマセン、くだらない感想を書いてしまいました…。

失礼しました。

ではでは


希林さんが・・・
cyaz
愛知女子さん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

オリジナル版とは男女が逆のシチュエーションでしたが、
その変化を演出でももう少し欲しかったかなぁって感じです。
さらに、あの樹木希林さんの霊媒師は、
おそらくオリジアル版のウーピーを狙ったキャスティングだったのでしょうが、
残念ながら効いていなかったような気がしました(笑)

Res貴重な体験かも…
愛知女子
ほし★ママさん
こんにちは~♪
ふじき78さんはナドレックさんのブログのお陰でお知り合いになりました。
ふじき78さんは莫大な数の映画を鑑賞されている方なので、大変物知りです。私にはとても思いつかないセンスのギャグを毎日Twitterで語られます!私、密かに楽しみにしています。(笑)

ほし★ママさんのブログ記事を拝見するたび、「あ、伏見ミリオン座かな?」「これはゴールド劇場あたりかな…。」
と、一部の劇場でしかみられないレアものばかりが目につきます。
なかなか名古屋駅に行かない私からみましたら大変羨ましいです!

東京と違って名古屋の上映の時期はいつもずれるのですよね。名古屋ではやらないのかと泣く泣く諦めた作品が、20日遅れでひょっこり上映していたり…。かなり悔しいです!


老舗の映画も貴重です。上映ベルがなるような昔ながらの劇場も趣があっていいものです。(*´∇`*)

いつか今度是非ご一緒したいものですね!

ではでは




貴重な体験かも…
ほし★ママ
友だちにもひとり、韓流にはまりまくりの人がいます。
しょっちゅう韓国に遊びに行ってるみたいです。
すごく安く行けるから~と、誘われるけど
私は、その分映画や舞台を見た方がいいな…
 
私も、おふたりが「お似合い」とは思えず
ちょっと残念でした。
ただ、あの役をやれる相手役はやっぱり
韓流スターでないとダメなのかもとも思います。
 
愛知女子さんのブログから、ふじきさんが
訪ねて来て下さいました。
有難うございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Res希林さんが…
cyazさん、おはようございます♪(^o^)
こちらこそトラックバック&コメント賜りましてありがとうございます!
うーん、一番難しいキャスティングです。
あの強烈でパワフルな原作の霊媒師に誰をあてたらいいのか…。
私ならパワフルさに匹敵する和田アキ子を…。
または、こちらも男女逆転してみればかなり楽しかったかもしれません。(^o^)
その場合、さらにコメディか耽美になってしまうでしょうね。確かに、役者を誰にするかで雰囲気が随分変わって来ると思います…。スミマセン、くだらない感想を書いてしまいました…。

失礼しました。

ではでは
2010/12/28(Tue) 08:57 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
希林さんが・・・
愛知女子さん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

オリジナル版とは男女が逆のシチュエーションでしたが、
その変化を演出でももう少し欲しかったかなぁって感じです。
さらに、あの樹木希林さんの霊媒師は、
おそらくオリジアル版のウーピーを狙ったキャスティングだったのでしょうが、
残念ながら効いていなかったような気がしました(笑)
2010/12/28(Tue) 08:21 | URL  | cyaz #ID9gmbWk[ 編集]
Res貴重な体験かも…
ほし★ママさん
こんにちは~♪
ふじき78さんはナドレックさんのブログのお陰でお知り合いになりました。
ふじき78さんは莫大な数の映画を鑑賞されている方なので、大変物知りです。私にはとても思いつかないセンスのギャグを毎日Twitterで語られます!私、密かに楽しみにしています。(笑)

ほし★ママさんのブログ記事を拝見するたび、「あ、伏見ミリオン座かな?」「これはゴールド劇場あたりかな…。」
と、一部の劇場でしかみられないレアものばかりが目につきます。
なかなか名古屋駅に行かない私からみましたら大変羨ましいです!

東京と違って名古屋の上映の時期はいつもずれるのですよね。名古屋ではやらないのかと泣く泣く諦めた作品が、20日遅れでひょっこり上映していたり…。かなり悔しいです!


老舗の映画も貴重です。上映ベルがなるような昔ながらの劇場も趣があっていいものです。(*´∇`*)

いつか今度是非ご一緒したいものですね!

ではでは


2010/12/03(Fri) 22:48 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
貴重な体験かも…
友だちにもひとり、韓流にはまりまくりの人がいます。
しょっちゅう韓国に遊びに行ってるみたいです。
すごく安く行けるから~と、誘われるけど
私は、その分映画や舞台を見た方がいいな…
 
私も、おふたりが「お似合い」とは思えず
ちょっと残念でした。
ただ、あの役をやれる相手役はやっぱり
韓流スターでないとダメなのかもとも思います。
 
愛知女子さんのブログから、ふじきさんが
訪ねて来て下さいました。
有難うございました。
2010/12/03(Fri) 22:14 | URL  | ほし★ママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  □作品オフィシャルサイト 「ゴースト もういちど抱きしめたい」 □監督 大谷太郎□脚本 佐藤嗣麻子、中園ミホ□キャスト 松嶋菜々子、ソン・スンホン、樹木希林、鈴木砂羽、芦田愛菜、宮川大輔、黒沢かずこ、松金よね子、嶋田久作、温水洋一■鑑賞日 11月...
2010/12/27(Mon) 08:29:35 |  京の昼寝~♪
ゴースト もういちど抱きしめたい 1990年に公開されデミ・ムーアの『ゴースト/ニューヨークの幻』 をリメイク。 前作は未見。 なので比較はできません。 主人公・七海とジュノが出会うシーン。 結構...
2011/06/30(Thu) 02:39:48 |  単館系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。