映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[あらすじ]

何年か前に銀座で確認されたのを始め、東京23区のガードレール、電柱、公共物、商店街のシャッターや外壁などを侵食していく不気味な肥満体の中年男の顔が描かれたシール。通称「力士シール」は誰が何の為に張ったのか?
謎を追う若きイケメンの週刊角川の雑誌記者の小笠原悠斗は、サンプルとしてガードレールの波板を(周りに不審&迷惑をかけながら)持ち帰る。インターネットで偶然検索した鑑定先を訪れるが、そこでは

猫のように大きくつぶらな瞳のクールで個性的な強烈な美女と出会う。

凛田莉子(リンダリコ)、23歳。一瞬に万物の真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。
底抜けに楽観的、前向きな超劣等生だった少女莉子は、水不足に苦しむふるさとの環境の為に役にたちたい!!
と勇んで東京に出るも、学がない。話が通じない。の連続で就職を断られ続けます。
とうとう家賃にも窮するようになります。

ある買い取り面接でボランティア精神旺盛な社長、瀬戸内と知り合います。

莉子ら見所のある若者に餞別をだしたり、
莉子の感受性を生かしたある特殊な学習の方法をアドバイスしたり…、
なかなかこんな人格者昔ならともかく、今時少ないです!

それに応え、莉子はめきめき頭角をあらわします。

この出来事が契機に、広範な専門知識と観察眼を身につけます。


稀代の頭脳派ヒロインが日本を変える!

このヒロイン莉子は前作シリーズの岬美由紀よりは好きになれそうです!

とくに5年前の話、
石垣島の八重山高等学校3年C組、凛田莉子の担任だったキャンキャンこと喜屋武友禅(キヤンユウゼン)先生とのエピソードは可笑しく笑えました!


実に天然キャラでいいです(∩.∩)

あまりにも楽観過ぎる莉子の身を案じてかけた担任教師は東京の事を、

「あの人たちがいってるみたいに、総理大臣や有名人に出会える場所ってわけじゃないぞ。文字通り、生き馬の目を抜く大都会だ」

しかし、莉子は

「ええっ!?」
「馬の目を抜くんですか。都会の人は」

とトンチンカンの返答をして、話が噛み合わないのです。
私もこれくらい図太くなりたい!!

そして、飛び抜けた純真無垢なプラス思考の莉子は島の人々に見送らながら飛行機で東京に向けて出発するのでした。

沖縄は南十字星。メラ星が見えるのですね!

大手リサイクルチェーン店社長の勉強習得法が興味深いです。

高い感受性を持つ人は暗記が大の得意。教科書を読むときには、いつもの感激屋のままで、記憶に感動を伴わせるのが大事。Σ( □ ;)

4割ほど忘れた頃にもう一度学習する事、5のうち2わすれたら復習する。(◎o◎)

においを思い描く事が大事である。
嗅覚を感じながら覚えると上達する。(◎_◎)

沢山覚える時は、3つずつ分岐して覚える話が出て来るのですが、もっと詳しく知りたかったです…。(≧▽≦)


地球の磁気を脳に取り込みやすくなるの理由で北枕の方が理にかなっている等々へえ~を連発してしまいました(笑)

計算のコツ
28かける35を、28は、14の2倍。だから35を2倍して70。それに14をかける。
それで980って事!

これは今小学生でやっていますよ!

莉子の過去、現在進行中の力士シール事件の究明、日本が超インフラで難民状態になっている未来をぶつ切りで細かく入れ替えながら進んでいきます。
同時進行ではないものを混ぜて描いている分、
「えっ!!どうなるのー!?」
も倍増です。

私あまり切り替えて描かれる話はイライラして読みたくないのですが、
松岡さんは上手い!!
しかも3つのストーリーです!

2巻へ話が続くのですが…。

一冊にまとめて欲しかった。

ですから1巻と2巻をセットでご覧ください。

私が、
この松岡佳祐の作品をしるきっかけになったのは映画のDVD[千里眼]を観たのがきっかけでした。
「緑の猿が世界を制す!」
のキャッチフレーズの不気味なインパクト絶大な話です。

水野美紀のアクションが格好良かった。私、水野美紀がアクション得意でバリバリこなせる事初めて知りました!

そして、小説がたくさん続いていると知り、図書館をフルに活用しましたが、なかなか人気がありまして順番どおりに読むのは諦めましたよ。
来たら片っ端に読む!状態です。



かなり乱読しました(笑)
この作者、同じ愛知県ではありませんか!?しかもすぐ隣の地域の場所ですよ。


こちらのシリーズも予約で埋まっています。

2巻では本当に、この経済的難民状態の日本を凛田莉子が活躍して救えるのでしょうかねぇ!?と疑心暗鬼の愛知女子です。(笑)

千里眼シリーズの岬美由紀という臨床心理士であり、戦闘機パイロットの主人公とは、また違ったタイプです。

こちらの方が明るそうだな…。と思いましたが、荒廃した日本が出て来る時点で、心配中(笑)
只今2巻取り寄せ中です。


スポンサーサイト

【2010/12/12 14:08】 | 日記
トラックバック(0) |


愛知女子
ひろたかさん、
リンクの件、ありがとうございます。光栄です!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
「催眠」ですが、「催眠」の主人公が「千里眼シリーズ」の一部に友情出演しているような感じだと思います。あちこちから、他作品の主人公がごちゃごちゃと出て来ますよ。
一番凄いのは、千里眼の主人公の性格が前作と辻褄が合わない性格になっていたりします(笑)
「嘆く男の顔」ですか!?
ひえー!それは怖そうです。

ではではまた。





愛知女子
Mammamiiiiyaさん
此方こそ、ようこそお越しくださいました!
Res遅くなりました。お許し下さいませ。
接続が悪かったみたいで此方からのメッセージがすっぽり消えてしまいましたm(_ _;)m
メカに弱くて…。

リレー小説の伝手から訪問した気がします。もし間違えていたらゴメンナサイ。
今回初めてスマートフォンから閲覧して見ました!
しかし、今はまた普通の携帯に戻っております!

今度ともよろしくお願い致します。

ではでは




ひろたか
またまたこんばんわ^^

やっぱり「催眠」も同じシリーズだったんですね。
「千里眼」とは若干ジャンルが違う印象がありますが。


「力士シール」は実際に見たこと無いですね。。
千葉までは進出して来なかったみたいですw
ゲリラアートと言えば、ちょっと前に「嘆く男の顔」のポスターが渋谷や原宿に貼られててちょっとした話題になってたみたいです。ネットで見たけど、あれも不気味でした。。


リンクの件ですが、よろしければこちらからも貼らせてください^^
でわノシ


Mammamiiiiya
ご訪問ありがとうございます!

読書お好きなんですねヽ(^o^)丿
記事を読ませていただいていると、
読書したくなってきました★”

時間がほしいですねぇーーー”

失礼しました。


愛知女子
ひろたかさん
どうも、こんにちは
私まだこちらの「催眠」を観ていない為、以前レンタル屋さんに探しに行きましたが、置いてないのですよ…。
古いもの、人気のないものはどんどん処分、或いは他店舗へまわしているのでしょう。
残念なのです。
。゜゜(´□` )°゜。
こちらの「催眠」に出て来る嵯峨敏也には千里眼とは芋づる式に繋がります。

「ブラッドタイプ」(カタカナですみません)
「千里眼の死角」
では岬美由紀と一緒に活躍します。

他にも色々、岬美由紀が、嵯峨敏也にふられていまう話も…。
理由はブラッドタイプで判るのですが…。

「蒼い瞳とニュアージュ」の一ノ瀬恵梨香も、
「千里眼とニュアージュ」で。

「マジシャン」の主人公 里見沙希も
「千里眼マジシャンの少女」に出て来ます!

ところで、ひろたかさんは「力士シール」を実際ご覧になりましたか!?
まだ今も続いているのでしょうか。
私はインターネットで見ただけですが、2つ並んだ顔は確かに不気味。
ゲリラアート説が有力ですが、どうなのでしょうか?

ではでは、また




ひろたか
こんばんわ^^
「力士シール」って結局なんだったんですかね?
不気味過ぎる。。

「緑の猿」って菅野美穂と稲垣吾郎の「催眠」にも出てきた気がします。あれも「千里眼シリーズ」なのかな。。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ひろたかさん、
リンクの件、ありがとうございます。光栄です!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
「催眠」ですが、「催眠」の主人公が「千里眼シリーズ」の一部に友情出演しているような感じだと思います。あちこちから、他作品の主人公がごちゃごちゃと出て来ますよ。
一番凄いのは、千里眼の主人公の性格が前作と辻褄が合わない性格になっていたりします(笑)
「嘆く男の顔」ですか!?
ひえー!それは怖そうです。

ではではまた。


2010/12/15(Wed) 03:52 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
Mammamiiiiyaさん
此方こそ、ようこそお越しくださいました!
Res遅くなりました。お許し下さいませ。
接続が悪かったみたいで此方からのメッセージがすっぽり消えてしまいましたm(_ _;)m
メカに弱くて…。

リレー小説の伝手から訪問した気がします。もし間違えていたらゴメンナサイ。
今回初めてスマートフォンから閲覧して見ました!
しかし、今はまた普通の携帯に戻っております!

今度ともよろしくお願い致します。

ではでは

2010/12/15(Wed) 01:11 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
またまたこんばんわ^^

やっぱり「催眠」も同じシリーズだったんですね。
「千里眼」とは若干ジャンルが違う印象がありますが。


「力士シール」は実際に見たこと無いですね。。
千葉までは進出して来なかったみたいですw
ゲリラアートと言えば、ちょっと前に「嘆く男の顔」のポスターが渋谷や原宿に貼られててちょっとした話題になってたみたいです。ネットで見たけど、あれも不気味でした。。


リンクの件ですが、よろしければこちらからも貼らせてください^^
でわノシ
2010/12/14(Tue) 22:27 | URL  | ひろたか #-[ 編集]
ご訪問ありがとうございます!

読書お好きなんですねヽ(^o^)丿
記事を読ませていただいていると、
読書したくなってきました★”

時間がほしいですねぇーーー”

失礼しました。
2010/12/14(Tue) 22:01 | URL  | Mammamiiiiya #-[ 編集]
ひろたかさん
どうも、こんにちは
私まだこちらの「催眠」を観ていない為、以前レンタル屋さんに探しに行きましたが、置いてないのですよ…。
古いもの、人気のないものはどんどん処分、或いは他店舗へまわしているのでしょう。
残念なのです。
。゜゜(´□` )°゜。
こちらの「催眠」に出て来る嵯峨敏也には千里眼とは芋づる式に繋がります。

「ブラッドタイプ」(カタカナですみません)
「千里眼の死角」
では岬美由紀と一緒に活躍します。

他にも色々、岬美由紀が、嵯峨敏也にふられていまう話も…。
理由はブラッドタイプで判るのですが…。

「蒼い瞳とニュアージュ」の一ノ瀬恵梨香も、
「千里眼とニュアージュ」で。

「マジシャン」の主人公 里見沙希も
「千里眼マジシャンの少女」に出て来ます!

ところで、ひろたかさんは「力士シール」を実際ご覧になりましたか!?
まだ今も続いているのでしょうか。
私はインターネットで見ただけですが、2つ並んだ顔は確かに不気味。
ゲリラアート説が有力ですが、どうなのでしょうか?

ではでは、また

2010/12/14(Tue) 03:47 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
こんばんわ^^
「力士シール」って結局なんだったんですかね?
不気味過ぎる。。

「緑の猿」って菅野美穂と稲垣吾郎の「催眠」にも出てきた気がします。あれも「千里眼シリーズ」なのかな。。
2010/12/13(Mon) 19:59 | URL  | ひろたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。