映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤沢修平原作
豊川悦司主演
吉川晃司助演

前売り券の特典は剣の耳掻き!

藤沢作品の映画化は過去幾つかある中、この作品は藤沢小説に近いです。
過去の藤沢映画に比べれば原作に忠実であると私は思います。

隠し剣シリーズの文庫2冊の中の短編の1作。
もとが短編だから、映画の2時間内であまりいじらなくて済んだのでは。
小説の主人公は美男でもない中年の冴えない大男
剣の腕前は並ぶものなし!

海坂藩士、兼見三左ェ門の話。
冒頭、まつりごとに干渉する烈女、連子(関めぐみ)をいきなり殺害してしまう。
勿論厳しい処罰が…!?
ところが…。

1年の閉門の後、再び藩主の傍らに仕える事になる。
戸惑う兼見。
なぜ自分は生かされているのか訝しがります。
殿様は顔も見たくないほど自分を嫌っているのに仕えていていいのか…。苦悩を老中に打ち明けるがなだめられる。兼見をそばに置く老中の目的は?

もう1人の準主役の帯屋隼人正(吉川晃司)が想像以上の出来映え!

藩主の従弟であり、別家。藩主に臆せず苦言を呈する唯一の存在で、民からの人望が厚い。

財政を圧迫する連子のまつりごとのツケは農民に。
藩主右京太夫は連子の言うまま百姓一揆鎮静後、首謀者らに極刑を下す。この事がきっかけで、対立は決定的になります。
隼人正は「邪魔するものは切る」という激しい気性も持ち合わせています。
剣術に秀でた別家(吉川晃司)は藩主の所へ乗り込む。

この時、唯一必死剣の使い手である兼見が生かされていた目的が明らかになる。
クライマックスの大殺陣のシーンはほんの15分。
しかしとてつもなく長く感じた。
「もう止めて~!!」
と何度も思った。生々しく、殺す事の怖さを思い知らされるシーンでした!!

このシーンは2日間のリハーサル後、4日間かけて過酷な撮影を敢行。
血糊CGをほぼ使わずに用いる伝統的手法!
リテイクを重ねる毎に現状復帰に時間を要してしまうとか。

秘剣「鳥刺し」の手の動きはビリヤードからヒントを得たそうです。「狙い打ちをはずさない」という真髄がうまく出せています。

藤沢作品は人生の苦しみを叩きつけるように書き続けています。

暗い閉塞感の漂う時代に人気が出回ります。

人気が出だすと、少し明るめの用心棒シリーズなど出回りますますが、

又蔵の火など初期作品はど暗い!なんともやりきれない気持ち間違い無い作品です。
蝉しぐれは明るい方ですよ。

今の時代に時代劇ブームが来る可能性あり!!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
クライマックスの大殺陣のシーンはほんの15分。
しかしとてつもなく長く感じた。
「もう止めて~!!」
と何度も思った。生々しく、殺す事の怖さを思い知らされるシーンでした!!

このシーンは2日間のリハーサル後、4日間かけて過酷な撮影を敢行。
血糊CGをほぼ使わずに用いる伝統的手法!
リテイクを重ねる毎に現状復帰に時間を要してしまうとか。

秘剣「鳥刺し」の手の動きはビリヤードからヒントを得たそうです。「狙い打ちをはずさない」という真髄がうまく出せています。

藤沢作品は人生の苦しみを叩きつけるように書き続けています。

暗い閉塞感の漂う時代に人気が出回ります。

人気が出だすと、少し明るめの用心棒シリーズなど出回りますますが、

又蔵の火など初期作品はど暗い!なんともやりきれない気持ち間違い無い作品です。
蝉しぐれは明るい方ですよ。

今の時代に時代劇ブームが来る可能性あり!!
スポンサーサイト

【2010/09/24 00:41】 | 邦画
トラックバック(1) |

Resこんばんは~☆
愛知女子
kiraさん、こんな古い記事に初めてコメントいただいて嬉しいです。トラバまで下さりありがとうございます!私にはこの作品を改めて考えるいいきっかけになりました。昨年は「十三人の刺客」「武士の家計簿」「最期の忠臣蔵」を見終わりましたが、私はこの必死剣鳥刺しが一番良かったと思います。
kiraさんは藤沢氏や池波氏の作品時代劇にお詳しいようで。
私はまだまだ未熟者ですが時代劇仲間が増えて嬉しいです。

こんばんは~☆
kira
>秘剣「鳥刺し」の手の動きはビリヤードからヒントを得たそうです

おお、そうなんですか?!
前振りがあったから、おおよその察しはついていたのですが、壮絶な必死剣でしたね~。
丁寧な時代物として凄く印象的な作品でした。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Resこんばんは~☆
kiraさん、こんな古い記事に初めてコメントいただいて嬉しいです。トラバまで下さりありがとうございます!私にはこの作品を改めて考えるいいきっかけになりました。昨年は「十三人の刺客」「武士の家計簿」「最期の忠臣蔵」を見終わりましたが、私はこの必死剣鳥刺しが一番良かったと思います。
kiraさんは藤沢氏や池波氏の作品時代劇にお詳しいようで。
私はまだまだ未熟者ですが時代劇仲間が増えて嬉しいです。
2011/02/14(Mon) 19:58 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
こんばんは~☆
>秘剣「鳥刺し」の手の動きはビリヤードからヒントを得たそうです

おお、そうなんですか?!
前振りがあったから、おおよその察しはついていたのですが、壮絶な必死剣でしたね~。
丁寧な時代物として凄く印象的な作品でした。
2011/02/14(Mon) 19:14 | URL  | kira #klq26XPE[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 製作年度 2010年 上映時間 114分 原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収) 脚本 伊藤秀裕/江良至 監督 平山秀幸 音楽 EDISON 出演 豊川悦司/池脇千鶴/吉川晃司/戸田菜穂/村上淳/...
2011/02/13(Sun) 20:32:42 |  to Heart
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。