映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年5月28日公開

映画は3部作からなります。今回は第1部目です。

2500年前から語り継がれているお釈迦様の物語を手塚治虫が漫画作品にしたものを映画化したのですが、バラモン教の話とごちゃ混ぜになってますから仏教界からは賛否両論出るのではないかと心配です…。

今回は奴隷からクシャトリアにまで上り詰めたチャプラの栄光と悲劇の物語です。


チャプラの物語に比べますと、シッダルータはまだまだ影が薄い存在です。内容は王子シッダルータが釈迦族の王位を捨てて、出家の道を選ぶ苦悩のお話まで。

原作漫画と比べてはいけないのでしょうが、これは、連続アニメでやって欲しいですね。
ナウシカもそうですが、漫画の方が胸に迫るものや深いものがあります。
話も変わってしまっているのも気になりましたが、まだ第1部ですから、これからどうなるのか分かりません…。

しかし、シッダルータの父王スッドーダナの声優は酷かったな…。
と思いきやエンドロールを観たら観世清和ではないですかΣ( □ ;)
何がおかしかったのだろう…と考えましたらきっと話し方がアニメに向かないのだと思いました。
観世清和(能楽観世流二十六世家元)さんのコメントを見つけましたので抜粋しました♪

『手塚治虫作品は、小学生の頃から「ジャングル大帝」がテレビ放送されているなど、身近な存在でした。原作「ブッダ」は、私が中学生のとき父の書斎に立てかけてあったそれを、父の留守中に手に取ったのが初めての出会いです。能楽の世界では、謡といって、節に感情や思いを乗せるのせるのですが、声の芝居は普段の能の世界とは極端に違って苦労しました。能も、人間の生と死といった普遍的なテーマを描いていますが、「手塚治虫のブッダ」と共通しています。』


全体的に落涙しながら観る所は満載。
久しぶりの虫プロ映画が創られたと聞いて興奮されている方も多いかと思いますが、お子様には難しいかも知れません。
しかし、お子様でも深く揺さぶられるお話ですからオススメ致します。

特にチャプラのお話はなかなか夢中になれると思いますよ。(*´∇`*)


【スタッフ】

監督:森下孝三
脚本:吉田玲子
演出:古賀豪
音楽:大島ミチル
歴史アドバイザー:ひろさちや
キャラクターデザイン・総作画監督:真庭秀明
美術監督:行信三

【キャスト】
吉永小百合
堺雅人
観世清和
吉岡秀隆
笠折愛
竹内順子
玄田哲章
水樹奈々
櫻井孝宏
観世三郎太
黒谷友香
スポンサーサイト

【2011/06/15 00:58】 | 邦画
トラックバック(3) |


愛知女子
カサキさん、はじめまして。
初コメありがとうございます!
映画「ブッダ」から手塚治虫に会えるかと期待しながら見に行っても、もう生きていはなかったんだよな‥。

と実感させられた感じでした。

ターゲット‥どうなんでしょう難しいですが私がブッダ読んでたのも小学校低学年ですから分かる子には分かるかと思いますがそんな変な子は少ないですよね‥。

もう、ご覧にはなられませんか(笑)
私は恐らく3部まで観に行く事になるかと思いますが‥。
本音を言えば、これ本当に3部まで創られるのか疑わしいです‥。
後になればなる程盛り上がる作品になる事を祈ります。
なんか酷いコメントになりましてスミマセン。
m(_ _;)m

今後ともどうぞよろしくお願い致します。




カサキ
初コメです、こんにちは、カサキです。
「ブッダ」を観ている人、多いですよね。
原作を愛読していた者からすれば、残念な作品で、続きは?ですね。
子供にはピンとこないでしょうから、ターゲットは
愛知女子さんぐらいの方々なんでしょう、ね。
券を頂いたので観に行きましたが、2作目は観に行かないだろうなぁ、と思いながら、観てました。


ふじき78さん
愛知女子
ふじき78さん、Twitterでは失礼しました。
(>ω< )
トラックバック&コメント頂戴致しましてありがとうございます!
ホンッットにごもっとも!
全くふじき78さんのブログ通りでございまする。
どうしてあんな風になったのか…。
あの作品を読んで夢中になった事がある人が作ったとは思えません。
(-ω-;)ヽ

生意気な意見すみませんですw
ではではまた
ζ(⌒ワ⌒ζ゛



ふじき78
基本的に退屈してしまいました。
命のリレーももっと盛り上げられただろうし、その結果の罪深さも、単に死の数だけをもってしてみたいにされちゃってるし。シナリオライターはしっかり書いてくれんといかんよ。

Res携帯から初投稿ですw
愛知女子
こんにちら♪
りとらさん、携帯からの初コメントなのですねヾ(^∇^)
なんか嬉しいです。ありがとうございます!
『ブッダ』『ブラックジャック』は私も小学生の時に、家に置いてあったものを読んでました!
もう…本はありませんが…。(>ω< )

アニメの『火の鳥』を再鑑賞されましたか!
私、『火の鳥』の漫画はほんの少ししか読んでいないんです。
未完のものを含めるとかなりありますね…。

アニメを観て、私は強烈だなぁ、と思ったのは『異形編』の八百比丘尼の話です…。あれは悪夢です…。

ではでは
失礼致します。


携帯から初投稿ですw
りとら
手塚作品は『火の鳥』『ブラックジャック』が好きです。『ブッダ』も読んだことあるのですが、読んだのは小学生の時なので、内容はほぼ覚えてまへんw
アニメの『火の鳥』は観た事ありますが、あれはあれで良かったと思います。最近ようつべで再鑑賞しましたが、テーマソングがかなり懐かしかったですw
ん?殆ど『火の鳥』の感想になってしまった…orz

Resほぇ~
愛知女子
ゆうだい♪さん
こんにちは!
コメントありがとうございます!
手塚治虫作品は話の内容はかなり独特ですよね…。私もそんなに沢山知っている方ではありません。ξ(⌒‐⌒ξ

ゆうだい♪さんはあの「ジャングル大帝」ご覧になりましたか。
私は逆にまだ新作のそちらの方は観ていませんorz
もし、機会がありましたら観てみよう!と思います。

ところで映画の方の「ブッダ」ですが、今週の上映スケジュールを見ましたら1日1本に激減していましたよ…。Σ( □ ;)かなりショックなんですが…。


ではではまた♪


ほぇ~
ゆうだい♪
手塚治虫作品‥結構知らないんですよね。
「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」は知っているけど
漫画やアニメでもほぼ見たことがない(汗


ちょっと前にリメイクされた現代版の
「ジャングル大帝」は泣きまくりましたがwww

「ブッダ」も見たことないですが、これを機に
手塚治虫先生の作品に触れてみようかなぁ~♪

Resこんにちは。
愛知女子
NANTEIさん、こんにちは!
「火の鳥」は、2004年~2005年に、NHKのテレビアニメで13話まで放送されました。

昔のアニメ映画「火の鳥 鳳凰編」(1980年)

実写映画(1978年)とは全然違ってましたので驚きましたが…。

虫プロに限らず、1980年代は日本アニメは映像が色彩がきれいだった気がします。
今回のアニメは昔に比べたら創り方、見せ方が、かなり物足りないかもしれません。
キャラクターも髪型が違ったりと、漫画とはまた印象が随分と違っています。(特にミゲーラ)

しかし、女性が綺麗に描いてあるのは嬉しいですね。漫画みたいに上半身ヌードは出て来ませんでしたが。

個人的にはエンドロールはちょっと意外でした…。

いや、YOSHIKIの歌詞や歌声は悪くないんです!
しかし、余韻に浸るエンドロールに持って来るにはちょっと違う気がしました……。

NANTEIさんブッダ全巻お持ちなのですか!?
確か当時の本であれば、60巻以上になっていたような気が…。
間違ってたらすみません。いつの間にか引っ越しのどさくさで捨てられてしまいましたので…残念です…(ToT)/~~~

ではでは




こんにちは。
NANTEI
ご覧になりましたか!
私は原作漫画で感動したので、見ないことにしています(笑)。火の鳥のアニメ版で懲りたので・・・。
漫画の静止画面のほうが、動きが素晴らしいという逆説的なことを思ってしまいます(^0^)。
まあ、声の出演というのも難しいですねえ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
カサキさん、はじめまして。
初コメありがとうございます!
映画「ブッダ」から手塚治虫に会えるかと期待しながら見に行っても、もう生きていはなかったんだよな‥。

と実感させられた感じでした。

ターゲット‥どうなんでしょう難しいですが私がブッダ読んでたのも小学校低学年ですから分かる子には分かるかと思いますがそんな変な子は少ないですよね‥。

もう、ご覧にはなられませんか(笑)
私は恐らく3部まで観に行く事になるかと思いますが‥。
本音を言えば、これ本当に3部まで創られるのか疑わしいです‥。
後になればなる程盛り上がる作品になる事を祈ります。
なんか酷いコメントになりましてスミマセン。
m(_ _;)m

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2011/06/26(Sun) 22:42 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
初コメです、こんにちは、カサキです。
「ブッダ」を観ている人、多いですよね。
原作を愛読していた者からすれば、残念な作品で、続きは?ですね。
子供にはピンとこないでしょうから、ターゲットは
愛知女子さんぐらいの方々なんでしょう、ね。
券を頂いたので観に行きましたが、2作目は観に行かないだろうなぁ、と思いながら、観てました。
2011/06/26(Sun) 19:39 | URL  | カサキ #-[ 編集]
ふじき78さん
ふじき78さん、Twitterでは失礼しました。
(>ω< )
トラックバック&コメント頂戴致しましてありがとうございます!
ホンッットにごもっとも!
全くふじき78さんのブログ通りでございまする。
どうしてあんな風になったのか…。
あの作品を読んで夢中になった事がある人が作ったとは思えません。
(-ω-;)ヽ

生意気な意見すみませんですw
ではではまた
ζ(⌒ワ⌒ζ゛
2011/06/21(Tue) 00:35 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
基本的に退屈してしまいました。
命のリレーももっと盛り上げられただろうし、その結果の罪深さも、単に死の数だけをもってしてみたいにされちゃってるし。シナリオライターはしっかり書いてくれんといかんよ。
2011/06/20(Mon) 23:53 | URL  | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
Res携帯から初投稿ですw
こんにちら♪
りとらさん、携帯からの初コメントなのですねヾ(^∇^)
なんか嬉しいです。ありがとうございます!
『ブッダ』『ブラックジャック』は私も小学生の時に、家に置いてあったものを読んでました!
もう…本はありませんが…。(>ω< )

アニメの『火の鳥』を再鑑賞されましたか!
私、『火の鳥』の漫画はほんの少ししか読んでいないんです。
未完のものを含めるとかなりありますね…。

アニメを観て、私は強烈だなぁ、と思ったのは『異形編』の八百比丘尼の話です…。あれは悪夢です…。

ではでは
失礼致します。
2011/06/18(Sat) 10:06 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
携帯から初投稿ですw
手塚作品は『火の鳥』『ブラックジャック』が好きです。『ブッダ』も読んだことあるのですが、読んだのは小学生の時なので、内容はほぼ覚えてまへんw
アニメの『火の鳥』は観た事ありますが、あれはあれで良かったと思います。最近ようつべで再鑑賞しましたが、テーマソングがかなり懐かしかったですw
ん?殆ど『火の鳥』の感想になってしまった…orz
2011/06/17(Fri) 23:05 | URL  | りとら #-[ 編集]
Resほぇ~
ゆうだい♪さん
こんにちは!
コメントありがとうございます!
手塚治虫作品は話の内容はかなり独特ですよね…。私もそんなに沢山知っている方ではありません。ξ(⌒‐⌒ξ

ゆうだい♪さんはあの「ジャングル大帝」ご覧になりましたか。
私は逆にまだ新作のそちらの方は観ていませんorz
もし、機会がありましたら観てみよう!と思います。

ところで映画の方の「ブッダ」ですが、今週の上映スケジュールを見ましたら1日1本に激減していましたよ…。Σ( □ ;)かなりショックなんですが…。


ではではまた♪
2011/06/16(Thu) 15:50 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
ほぇ~
手塚治虫作品‥結構知らないんですよね。
「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」は知っているけど
漫画やアニメでもほぼ見たことがない(汗


ちょっと前にリメイクされた現代版の
「ジャングル大帝」は泣きまくりましたがwww

「ブッダ」も見たことないですが、これを機に
手塚治虫先生の作品に触れてみようかなぁ~♪
2011/06/16(Thu) 00:40 | URL  | ゆうだい♪ #qbIq4rIg[ 編集]
Resこんにちは。
NANTEIさん、こんにちは!
「火の鳥」は、2004年~2005年に、NHKのテレビアニメで13話まで放送されました。

昔のアニメ映画「火の鳥 鳳凰編」(1980年)

実写映画(1978年)とは全然違ってましたので驚きましたが…。

虫プロに限らず、1980年代は日本アニメは映像が色彩がきれいだった気がします。
今回のアニメは昔に比べたら創り方、見せ方が、かなり物足りないかもしれません。
キャラクターも髪型が違ったりと、漫画とはまた印象が随分と違っています。(特にミゲーラ)

しかし、女性が綺麗に描いてあるのは嬉しいですね。漫画みたいに上半身ヌードは出て来ませんでしたが。

個人的にはエンドロールはちょっと意外でした…。

いや、YOSHIKIの歌詞や歌声は悪くないんです!
しかし、余韻に浸るエンドロールに持って来るにはちょっと違う気がしました……。

NANTEIさんブッダ全巻お持ちなのですか!?
確か当時の本であれば、60巻以上になっていたような気が…。
間違ってたらすみません。いつの間にか引っ越しのどさくさで捨てられてしまいましたので…残念です…(ToT)/~~~

ではでは


2011/06/15(Wed) 17:09 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
こんにちは。
ご覧になりましたか!
私は原作漫画で感動したので、見ないことにしています(笑)。火の鳥のアニメ版で懲りたので・・・。
漫画の静止画面のほうが、動きが素晴らしいという逆説的なことを思ってしまいます(^0^)。
まあ、声の出演というのも難しいですねえ。
2011/06/15(Wed) 13:50 | URL  | NANTEI #8g7ZE2Jk[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 漫画の神様・手塚治虫原作。仏教の開祖である聖人・ブッダの生涯を描いた傑作を、東映アニメーション制作でアニメ映画化。  随分と中途半端な、カタルシスも救いもないイヤな終わり方だなと思ったら、どうやら3部作の序章だったらしい。普通に知らんかった  そ...
2011/06/20(Mon) 22:25:42 |  新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
五つ星評価で【☆なげーよ】 なげーよ。 つまんねーし。 劇的な演出もねーし。 何よりビックリしたのは シッダールタの父ちゃんの アフレコ史上まれにみる棒読みっぷり。 ...
2011/06/20(Mon) 23:50:02 |  ふじき78の死屍累々映画日記
今から2500年前だから紀元前5世紀頃 釈迦はこの世に生を受けた。 今回の作品は3部作の第一話らしく、 釈迦誕生前のチャプラとタッタの話と、 釈迦がヤショダラ妃との間に子をもうけ、 出家するまでを描いている。 手塚治虫の「ブッダ」におもいっきり嵌っていた時...
2011/06/27(Mon) 06:10:15 |  カサキケイの映画大好き!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。