映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牙狼といえばアクションシーン!
話のつじつまはどうでもいいノリ!!
余計な弛んだ部分はとことん削ぎ落とす!

レギュレイスよりインパクトが強いアオムシの曲芸!
アメリカに行った事がある超スーパースタントマンがやっています。
人間ではなくもう虫みたいにくるくる回ってますw
カラクリと呼ばれるレギュレイスの手下達は(ショッカーの戦闘員みたい)指が無くて腕が剣なんですね。いやはやデザイン良い!!しかし、多い!!キリが無いww

〈注目〉
『奈落の森』でのシーン
世界が90度向きが変わるので、役者さんは樹に対して垂直に立って立ち居振る舞うワイヤーアクションをこなします(◎_◎;)
3日間くらい痣が消えないほど痛くて大変だったそうです。主役4人頑張った!!

街中での最強ホラー、レギュレイス出現場面にエキストラが沢山出て来ます。(何かキョンシーみたい)
今までエキストラはしょってましたが良かったですw

※注目アイテム
鷹麟の矢(オウリンノヤ)
レギュレイスが通る白夜の空に架かる結界を破壊する為に創られた矢。
しかし、両刃の剣で日食の地に突き刺されればレギュレイスが一族が復活し世界は全て魔獣と化す。奉納されている時は独古杵こような形状だが、天空に放つ際は、槍のように変化する。
レギュレイスが封じられて千年たったが矢事態効力が薄れていた。
阿門法師によって魔戒樹に送り込まれて転生の時を待ち続けていた邪美を鋼牙のお陰で新たな命を得る。最大の使命として鷹麟の矢に失われた力を再び宿す込める事になる。

※鷹麟ガロ
鷹麟の矢と、母の愛が生んだ奇跡の形態。
レギュレイスの舌に貫かれた鋼牙が鷹麟の矢に込められた力を信じて自らの身体に打ち込んだ際、レギュレイスの毒を浄化してソウルメタルが変化して誕生した。
かつて鷹麟の矢を放つ際、鎧の一部が弓のように変化したと伝えられる事から背中のリング状の装飾はそれを模していると推測される。

まあ、背中に独古杵を担いでますw


いやいや鈴ちゃんが『きゃああああ』しまくってます。
ホラー語が楽しみでしたが今回も良かった!


このメンバーで時代劇やって下さい!元締めは京本政樹で。

京本政樹エンディング作詞作曲していたんですね。そうだ歌手なのですw組み紐屋のリュウかっこいいよw

まあ、テレビの新シリーズは初回竹中直人らしいので楽しみにしてますw6年振りのシリーズで当時のままの衣装…まだ残ってたとは!!
本当はスクリーンで観たかったなぁw
スポンサーサイト

【2011/10/07 12:19】 | 邦画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。