映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは!まだ携帯で記事作ってます。

ホラーマニアからも評価が高いと噂。確かにこちら「デスノート」実写版の続編に雰囲気は似ているかもしれませんね。

私、この日はネタバレ宣伝が少ないモノを観ようと思いこれにしました。この映画の予告編はあまり印象に残らなかったのでそれがかえって良かったです。

こちら映画の冒頭いきなり2日目で始まります。Σ( □ ;)あ、あれ!?
瞬きしてる間に何か見逃したかと思いましたらそうではないようだとラストで分かりました。
こういう創り方ってあるんですね。

2日目から5日目まで変なモノに感染したであろう人達が激しい咳をして具合が悪そう。人混みや通勤ラッシュに出歩いてそのまた家族や知り合いにどんどん同じ症状が出ます。そんなに具合悪いんなら休みなさいよ((((; Д ))))
見ていて「うわぁww」
でした。
もう未知ウィルスによる発症からどんどん話がスピーディーに進んで行きます。
NHKのドキュメントや災害シュミレーション番組を見ますとは他人事みたいに淡々と作ってあるのですが、こちらはなかなか血の通ったリアルな演出がありました。

アメリカ疾病対策選択(CDC)やWHOの職員が感染地区に乗り込んで行きます。
ウィルスに対して究明を急ぐ最前線の職員達、ワクチンの精製を急ぐ研究者達、の側から見た危うい立場や恐怖がよく創ってあり新鮮でした。
過激なジャーナリストがブログで政府が真相を隠していると攻撃し恐怖を煽る行為やデマに振り回される人達は原発の事故被害の後によく飛び交ったデマを彷彿とさせました。CDCにアドバイス受け本格的に創ったようです。ベテラン俳優揃いで見る価値あり♪


〈あらすじ〉
香港からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。息子もまた間をあけずに亡くなる。接触のあった夫は隔離。
妻が亡くなった同じ頃、香港の九龍省男性、東京の男性、ウクライナ人女性と次々死亡する。
発症するとすぐに死亡するという謎のウィルスの感染が世界に広まって行く。非常事態で追い詰められていく心理描写はお見事。



監督スティーブン・ソダーバーグ(オーシャンズ13、トラフィック)

脚本スコット・Z・バーンズ

〈キャスト〉
レオノーラ・オランテス医師: マリオン・コティヤール(インセプション出演)
ミッチ・エンホフ: マット・デイモン(ボーンシリーズ)

エリス・チーヴァー医師: ローレンス・フィッシュバーン(マトリックスシリーズ)
アラン・クラムウィード: ジュード・ロウ(シャーロック・ホームズ)

ベス・エンホフ: グウィネス・パルトロー(恋におちたシェイクスピア)

エリン・ミアーズ医師: ケイト・ウィンスレット(タイタニック)
ライル・ハガティ少将: ブライアン・クランストン
スポンサーサイト

【2011/11/17 18:37】 | 洋画
トラックバック(8) |

Res 個別隔離された俳優たち
愛知女子
クマネズミさん、おはようございます。
コメントとトラックバック賜りましてありがとうございます!
いえいえ、仰る通りではないかと思います。
3Dにする計画が2Dのみになりましたし…。
あえて新人俳優を使っていましたら、凄まじく身の毛のよだつ怖いお話になっていたかもしれませんね。
制作会社の営業方針もあると思います!
まだまだ足らない部分に踏み込んでプラスアルファ出来たかもしれませんね。


個別隔離された俳優たち
クマネズミ
お早うございます。
この映画は、確かに「なかなか血の通ったリアルな演出がありました」が、そうなる背景として、豪華配役陣をこれでもかという具合に登場させたために、満足なドラマ作りが出来なかったためではないか、と勘ぐってしまいました。彼らを一緒に絡ませると、その拘束時間が長くなってしまい、ただでさえ超高額なギャラをもっとはずまなくてはならなくなるためではないか、と思ったわけです。
だったらそんな有名俳優を登場させなければ良いではないかとも思いますが、制作会社の営業方針もあるのではないでしょうか。
などと酷く下世話なことを考えてしまいました。

Res こんにちは!
愛知女子
ナドレックさん、こんばんは!トラックバックとコメントありがとうございますヾ(^∇^)

はい、凄くリアルに作ってありました。((((; Д ))))
私もまさかあの人が死ぬとは思ってなくてかなり衝撃的でした。

なる程!未だかつてないミステリー風映画でした。


こんにちは!
ナドレック
とてもリアルな作りでしたね。
豪華な俳優陣で、次に誰が死ぬのか判らない。そんな点は、ミステリー映画と同じような配慮に思えました。


Res ウルトライダーさんへ
愛知女子
こんばんは!コメントありがとうございますヾ(^∇^)

そんなに怖くはないですからご安心下さい。
(っ’∀’c)

おお!新型インフルエンザウイルスについての本をご覧になったのですか!!
色々危機意識をお持ちになって考えてるんですね。

その後‥ストーリーはワクチンを完成させる所で話もほぼ終わりましたのでその後はあまり詳しくは無いです。
その後というより巻き戻しして1日目が登場して終わりました。






ウルトライダー
こんばんは!

怖そうですけど、
僕も見てみたいですね(^^)

すぐに死亡するウイルスとは恐ろしや~

新型インフルエンザウイルスについての本を読んだことありますが、
毒性が強くなるのと感染力が高まったウイルスが感染し始めたら
ほんとうに大変なことになりますもんね(外にでることが危ないみたいな)

やはり生き残った人々のそこら辺もリアルに描かれているんですかね(・ω・)?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Res 個別隔離された俳優たち
クマネズミさん、おはようございます。
コメントとトラックバック賜りましてありがとうございます!
いえいえ、仰る通りではないかと思います。
3Dにする計画が2Dのみになりましたし…。
あえて新人俳優を使っていましたら、凄まじく身の毛のよだつ怖いお話になっていたかもしれませんね。
制作会社の営業方針もあると思います!
まだまだ足らない部分に踏み込んでプラスアルファ出来たかもしれませんね。
2011/12/04(Sun) 02:53 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
個別隔離された俳優たち
お早うございます。
この映画は、確かに「なかなか血の通ったリアルな演出がありました」が、そうなる背景として、豪華配役陣をこれでもかという具合に登場させたために、満足なドラマ作りが出来なかったためではないか、と勘ぐってしまいました。彼らを一緒に絡ませると、その拘束時間が長くなってしまい、ただでさえ超高額なギャラをもっとはずまなくてはならなくなるためではないか、と思ったわけです。
だったらそんな有名俳優を登場させなければ良いではないかとも思いますが、制作会社の営業方針もあるのではないでしょうか。
などと酷く下世話なことを考えてしまいました。
2011/12/03(Sat) 06:35 | URL  | クマネズミ #-[ 編集]
Res こんにちは!
ナドレックさん、こんばんは!トラックバックとコメントありがとうございますヾ(^∇^)

はい、凄くリアルに作ってありました。((((; Д ))))
私もまさかあの人が死ぬとは思ってなくてかなり衝撃的でした。

なる程!未だかつてないミステリー風映画でした。
2011/11/24(Thu) 19:04 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
こんにちは!
とてもリアルな作りでしたね。
豪華な俳優陣で、次に誰が死ぬのか判らない。そんな点は、ミステリー映画と同じような配慮に思えました。
2011/11/24(Thu) 04:22 | URL  | ナドレック #cxq3sgh.[ 編集]
Res ウルトライダーさんへ
こんばんは!コメントありがとうございますヾ(^∇^)

そんなに怖くはないですからご安心下さい。
(っ’∀’c)

おお!新型インフルエンザウイルスについての本をご覧になったのですか!!
色々危機意識をお持ちになって考えてるんですね。

その後‥ストーリーはワクチンを完成させる所で話もほぼ終わりましたのでその後はあまり詳しくは無いです。
その後というより巻き戻しして1日目が登場して終わりました。



2011/11/17(Thu) 21:37 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
こんばんは!

怖そうですけど、
僕も見てみたいですね(^^)

すぐに死亡するウイルスとは恐ろしや~

新型インフルエンザウイルスについての本を読んだことありますが、
毒性が強くなるのと感染力が高まったウイルスが感染し始めたら
ほんとうに大変なことになりますもんね(外にでることが危ないみたいな)

やはり生き残った人々のそこら辺もリアルに描かれているんですかね(・ω・)?
2011/11/17(Thu) 20:40 | URL  | ウルトライダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
コウモリ・・・豚・・・コウモリ・・・豚・・・ ひょえーっ 人類滅亡とかってリアリティあるぅ~~ ってことは、『猿の惑星』につながりそうな・・・・ 新種のウィルスがまたたく間に世界中に広まって...
2011/11/18(Fri) 20:39:49 |  よくばりアンテナ
[コンテイジョン] ブログ村キーワード  “豪華6大スター共演!”スティーブン・ソダーバーグ監督が、未知のウイルスがもたらす恐怖を描いた本作「コンテイジョン」(ワーナー・ブラザース)。いやあ、恐いって!背筋は冷たくなるし、見終わったら無闇に咳できんよう?...
2011/11/21(Mon) 01:20:02 |  シネマ親父の“日々是妄言”
 世界人口の約50%が感染し、25%が発症し、死亡者は2,000万人以上(5,000万人とも1億人とも)と云われている。世界人口が18~20億人の時代に、なんと大きな数字だろう。  1918年~19年に猛威を振るったスペ...
2011/11/24(Thu) 04:16:11 |  映画のブログ
映画『コンテイジョン(デジタル上映)』(公式)を昨日TOHOシネマズデーにて劇場鑑賞。キャパ112名に20名弱とは意外に?多いかも。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら50点にします...
2011/11/25(Fri) 07:03:16 |  ディレクターの目線blog@FC2
 『コンテイジョン』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作は、マット・デイモンが出演するのだから、これまでの作品(『アジャストメント』とか『ヒアアフター』など)からしても、そんなに外れることはないだろうと見込んで映画館に行きました。  でも、その期待は大...
2011/12/03(Sat) 06:37:10 |  映画的・絵画的・音楽的
スティーヴン・ソダーバーグといえば、自分的には「映画マニア」の印象が強い。 長編デビュー作「セックスと嘘とビデオテープ」で史上最年少パルム・ドール。 その後、撮る映画の方向性が2方向に別れる。 「アウト・オブ・サイト」「エリン・ブロコビッチ」「トラフィッ...
2011/12/04(Sun) 10:31:49 |  日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
 「トラフィック」「オーシャンズ」シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督最新作。高い死亡率を持つ謎の感染症の蔓延により、パニックに陥る人々の姿を描くディザスター&スリラームービー。    海底に生息する巨大クリオネの化け物や、カレーの国の岩男とは違...
2011/12/09(Fri) 19:36:55 |  新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
 バイオもの好きなんですよね。少しだけですが大学時代や仕事でも携わったことがあるからでしょうか。アウトブレイクがとてもおもしろかったと言うこともありますけれど。と言うわけで、久々のバイオものの映画、コンテイジョンを見てきました。。
2012/01/03(Tue) 04:07:54 |  よしなしごと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。