映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの更新です。
今はパソコンからです。
3Dは久しぶりでした。なかなか話も楽しくしあげてあります。

「ふんが~ふんが~ふらんけん~♪ざますざますのドラキュラー♪おーでがんすのおおかみおとこぉ♪おれたち三人さんにんぐみよwwww」

劇中、怪物くん口から炎出す場面など、

おおー!(*´∇`*)
と喜んでしまいました。
アニメの雰囲気も出ていました・・・・。
しかし最後の怪物くんそっくりな勇者さまの伝説、その謎のオチには笑いましたwww
インドでのロケありとなかなかよかったです。
この映画観てからすごくお腹すきました!!
思い出すだけでか・・カレー食べたいwwww(*´∇`*)

この日は子供会さんたちが来ていました。ざっと100人いじょうかと多っ!
最初の予告編の時にかかる3D映像を見ている時に歓声があがりました。
ちょうどALWAYS3丁目の夕日の東京タワーの場面でしたのでわたしも
おおおー!!!!!
といっしょになって手をのばしてました。なにやってるんでしょうね・・・。
お子さんたちの反応から初めて3Dを見る子もけっこういたようでかなり喜んでましたね。
まあ仕方ありませんがその子供会の近くの席のお客さんは苦情を言いに出て行かれました・・・。
すぐ劇場スタッフが来て1列おとに
「しー!」
してまわってました。
いやいや、140人くらいの劇場に子ども会が100人以上はいるんだから劇場側は貸切にしてあげるか、一般のお客様に
「子供会といっしょのスクリーンになりますがよろしいでしょうか。」
とかなんとか言っておかないと・・・・・・。
これは劇場側の配慮がたらないのではないかと思いますがwwwどうなんでしょうwwww
苦情が来てからママさんたちの血相が変わり、うるさい子は外に連れ出したりしてましたね。
「しー!ってやってる自分が一番うるさいだろなぁ・・・・」
とヤンママの嘆きが聞こえてきました。
(>ω< )な、泣けるwwwwママさんはロクに見られなかっただろな。

エンドロールはドラマ曲でおなじみの嵐の曲が流れましたので、
お子様たちの大合唱がおきたwc(◎◇◎c)オオー!www
嵐人気あるんだなぁ・・・。

この子供たちの生き生きした反応、タンタンの冒険だったらなかっただろうな・・・・と思いました。
いや、別にタンタンが駄作というわけではなくて日本のお子ちゃまのハートをよくとらえた作品だと思っただけです。
わたし、個人の感想は・・・・
デモリーナこと稲森いずみが美しかったwwww

彼女のような人は源氏物語の世界で十二単着て出てきてほしいですwww

<スタッフ>
監督:中村義洋(「ゴールデンスランバー」)
脚本:西田征史
音楽:井筒昭雄
主題歌:「Monster」嵐(ジェイ・ストーム)

<キャスト>
大野智
松岡昌宏
八嶋智人
川島海荷
チェ・ホンマン
濱田龍臣
三宅弘城
半海一晃

上川隆也
北村一輝
稲森いずみ
鹿賀丈史

原作:藤子不二雄A「怪物くん」

<あらすじ>
ついに、怪物ランドの新大王就任式を迎えた怪物くん。しかし国民たちから怪物くんおわがままぶりを指摘され、「大王にふさわしくない!!」コールがおきてしまいます。
それにブチ切れた怪物くんはヤギのような乗り物(ドラゴンと言っているが・・・)に乗って4人で人間界に飛んで行ってしまいました・・・・・。
そんな一行が辿り着いたのは、ヒロシ、ウタコのいる世界・・・ではなく「カレーの王国」でした。
そこでは伝説の勇者さまと勘違いされ、お礼に伝説のカレーを食べられると知った怪物王子は勇者になりすましサニルをリーダ
ーとする反乱軍のアジトへドラゴンでひとっとびwwwww
しかしそこにはピラリ姫と弟のカー王子が・・・・
スポンサーサイト

【2011/12/13 13:55】 | 邦画
トラックバック(1) |

Re: こんにちは!
愛知女子

YANさんコメントありがとうございます。
YANさんに励まされて
かくてはならじww
と、なんとか前向きに頑張っております。
どうもお気にかけてくださり感謝します。
今日は顔文字を登録しました。
あとスカイプで音声初通信!!!
そしてツイッターのパソコン版が携帯からのものと違って使いづらいので何を使えばいいのか選んでいます。

怪物くんに出てくるあの愉快な3人組のなかでザマスのドラキュラは八嶋さんの表情は格別いいと思います。
インドの衣装ですが俳優陣はなかなかサマになってます。
もう細かいこと関係なく楽しければいいんだと・・・
わたしはお子ちゃまの反応は結構楽しかったですwwww
素直に喜んでるのですからきっとこの映画は名作なのでしょう。
お子ちゃまが飽きない映画を作るのは大変ですよね・・・。
もう製作スタッフもキャストもガッツポーズしていいと思います。
わたしはお子ちゃまが元気で賑やかなのは構わないのです。子供会以外のお子様も騒いでましたしトイレに出て行ってましたし。
いやむしろこの怪物くん映画をシーンとしながら観ているほうが怖すぎると思います・・・・
((((; Д ))))

ではでは


こんにちは!
YAN
愛知女子さん、頑張ってPCからの更新をやってますね!

「怪物くん」はドラマの時にチラッと見た事があるけど、
3人組のキャラが、皆ピッタリ合ってるんですよね~
あれはウケる~~(≧▽≦)ノ☆

映画版だからと言って、なんでインドが必要か?と
思ってましたけど、子供さん達にとっては
楽しければ何でもOKなんですね。
そうっか~嵐の曲も大合唱とは、大野くん良かったね~(≧ε≦)

子供が100人いるなら、愛知女子さんの仰るように、
劇場側の配慮も一言あると良かったですね。

Res TB&コメントありがとうございます
愛知女子
ナドレックさん、こちらこそTB&コメントありがとうございます!
はい、こんなに楽しいとは思いませんでした。

劇場では一部分の元気のいい男の子の笑い声がでかかったのがいけなかったみたいですが映画観ての反応ですから離れていた私は全然気になりませんでした。しかし、その席がたまたま他のお客さんと一緒だったので運が悪かったみたいです。
私は離れていたので全く不快では無かったですが…。
近くで耐え難い人もいたのは確かです。

お子様達には未来の映画ファンになってもらわなければ!
この日、怪物くんの映画を友達同士で観た事が一生の思い出になるんだろうなと思いました。
あれ?何だか自分も子どもの頃、子ども会や町内会の催しでバスやコンサートで大人達から静かにするように注意されていたのを思い出しました…。(-ω-;)ヽ
子ども会は教育の場でもありますからお互い様ですね。
稲森いずみさんどうしてあんなに美しのでしょうね。また観たいですw




TB&コメントありがとうございます
ナドレック
楽しい映画でしたね!
それにしても100人以上の子供会さんと同席とは。
もちろんうるさいのは良くないですが、子供が映画に反応するのは仕方がないですね。面白い映画であればこそ。
今のうるささに目くじら立てるより、将来の映画ファンを育てるつもりでおおらかに接したいですね。
まぁ、私もその場にいたら苦情を云うかもしれませんが(^^

稲森いずみさんの美しさは際立っていました!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: こんにちは!

YANさんコメントありがとうございます。
YANさんに励まされて
かくてはならじww
と、なんとか前向きに頑張っております。
どうもお気にかけてくださり感謝します。
今日は顔文字を登録しました。
あとスカイプで音声初通信!!!
そしてツイッターのパソコン版が携帯からのものと違って使いづらいので何を使えばいいのか選んでいます。

怪物くんに出てくるあの愉快な3人組のなかでザマスのドラキュラは八嶋さんの表情は格別いいと思います。
インドの衣装ですが俳優陣はなかなかサマになってます。
もう細かいこと関係なく楽しければいいんだと・・・
わたしはお子ちゃまの反応は結構楽しかったですwwww
素直に喜んでるのですからきっとこの映画は名作なのでしょう。
お子ちゃまが飽きない映画を作るのは大変ですよね・・・。
もう製作スタッフもキャストもガッツポーズしていいと思います。
わたしはお子ちゃまが元気で賑やかなのは構わないのです。子供会以外のお子様も騒いでましたしトイレに出て行ってましたし。
いやむしろこの怪物くん映画をシーンとしながら観ているほうが怖すぎると思います・・・・
((((; Д ))))

ではでは
2011/12/14(Wed) 17:58 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
こんにちは!
愛知女子さん、頑張ってPCからの更新をやってますね!

「怪物くん」はドラマの時にチラッと見た事があるけど、
3人組のキャラが、皆ピッタリ合ってるんですよね~
あれはウケる~~(≧▽≦)ノ☆

映画版だからと言って、なんでインドが必要か?と
思ってましたけど、子供さん達にとっては
楽しければ何でもOKなんですね。
そうっか~嵐の曲も大合唱とは、大野くん良かったね~(≧ε≦)

子供が100人いるなら、愛知女子さんの仰るように、
劇場側の配慮も一言あると良かったですね。
2011/12/14(Wed) 16:43 | URL  | YAN #9L.cY0cg[ 編集]
Res TB&コメントありがとうございます
ナドレックさん、こちらこそTB&コメントありがとうございます!
はい、こんなに楽しいとは思いませんでした。

劇場では一部分の元気のいい男の子の笑い声がでかかったのがいけなかったみたいですが映画観ての反応ですから離れていた私は全然気になりませんでした。しかし、その席がたまたま他のお客さんと一緒だったので運が悪かったみたいです。
私は離れていたので全く不快では無かったですが…。
近くで耐え難い人もいたのは確かです。

お子様達には未来の映画ファンになってもらわなければ!
この日、怪物くんの映画を友達同士で観た事が一生の思い出になるんだろうなと思いました。
あれ?何だか自分も子どもの頃、子ども会や町内会の催しでバスやコンサートで大人達から静かにするように注意されていたのを思い出しました…。(-ω-;)ヽ
子ども会は教育の場でもありますからお互い様ですね。
稲森いずみさんどうしてあんなに美しのでしょうね。また観たいですw


2011/12/13(Tue) 23:23 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
TB&コメントありがとうございます
楽しい映画でしたね!
それにしても100人以上の子供会さんと同席とは。
もちろんうるさいのは良くないですが、子供が映画に反応するのは仕方がないですね。面白い映画であればこそ。
今のうるささに目くじら立てるより、将来の映画ファンを育てるつもりでおおらかに接したいですね。
まぁ、私もその場にいたら苦情を云うかもしれませんが(^^

稲森いずみさんの美しさは際立っていました!
2011/12/13(Tue) 22:17 | URL  | ナドレック #cxq3sgh.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 これは日本映画のファンには嬉しい贈り物だ。  小説にしろ映画にしろ、異郷での冒険譚は娯楽の王道である。ターザンもアラン・クォーターメインもシンドバッドもインディ・ジョーンズも異郷へ分け入って冒...
2011/12/13(Tue) 18:42:34 |  映画のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。