映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




はやぶさに関する映画作品4つ観たわけですが私は映画としてはこの作品が一番芸術性が高いと思いました。
あと人間ドラマがしっかりしていてリアリティーがあるから感動も大きかったと思います。
床にガムテープのシーン気に入ってます。そういう施設いまだにあるんだろうな・・・

冒頭でのはやぶさの打ち上げのシーンはワクワクしてとても引き込まれました。
NASAのスタッフが打ち上げの様子を見に来ているのですがボロボロの椅子やがたがた揺れる施設にびっくりしているシーンは傑作です。
NASAの予算の10分の1でやりくりしている様子をNASAのスタッフは「ぼろをまとったマリリンモンロー」に例えています(笑)


そして終始音楽のセンスが素晴らしい。
後で調べたのですが辻井伸行さんですか。初の全編の音楽担当だそうです。
カメラの撮り方がすごく良かったです。とにかく綺麗。
ダイナミックな映像の仕上がりは観ていて気持ちよかったです。
はやぶさや宇宙だけでなく、雪の積もったアンテナ、桜、雨、神社の風景も手抜きなくをしっかり映しています。
渡辺謙のNASAのスタッフとの英会話や江口洋介の英語のスピーチのシーンは国際的な感覚を醸し出していました。そういえば他の映画は英語のセリフシーンってありましたっけ・・・・
7年以上の内容を2時間ちょっとの枠のなかでまとめるには何かを省かないといけないのですがそういう点では脚本や役者さんはよく勉強されてます。大事な部分はちゃんと押さえてありますし。
渡辺謙の演じた山口駿一郎JAXA・教授(はやぶさプロジェクトマネージャー)は川口淳一郎さんがモデル。
江口洋介の演じた藤中仁志はJAXA・教授(イオンエンジン担当)國中均さんがモデル。
藤竜也の演じる丸川靖信JAXA/教授(広報担当)は的川泰宣さんがモデル。
この映画イオンエンジンがカギとなるシーですが、プログラミングのシーンを取り入れていたのは印象的でした。
プログラムを作り変えては送信して、また作り直しては送信してという作業を試行錯誤していたのですね。

はやぶさの擬人化は見事!!
ってCG部門は実際に1/1はやぶさを創っていたのですね。
VFXスーパーバイザーの野口光一氏によると「機体に寄ったとき、どうしてもCGでは素材感や照り返しの光具合までは描ききれないんです。ですから、1/1をさまざまな角度から撮影した映像データを取り込んで、CGに足しているんです」
また、ボアスコープで撮影した「はやぶさ」の内部もみせています。これは瀧本監督のアイデアだそうです。

<パンフレットから内容を抜粋>

監督の要望で「はやぶさ」のカメラのレンズのアップを随所にとりいれています。今回は邦画ではじめての技術がつかわれています。「リアルタイム・プレビズ」といって「はやぶさ」のミニチュアを手で操って、ダミーのカメラを撮影監督の阪本さんが操作し、24台のカメラでその動きを撮影する。このカメラワークをCGに取り込む手法で、これによって「はやぶさ」をどの様に見せていくかのイメージが明確になったそうです。また「はやぶさ」は深宇宙へと向かうので、阪本さんから「黒い色を強調したい」と要望があり、どのようにディテールを見せるかの調整が大変だったそうです。アナログ技術でCGを補填した部分も。タッチ場面は、イトカワの地面部分をミニチュアで作り、CGの「はやぶさ」と合成して作っています。またイトカワの全体像として捉えた映像は、「カーズ2」にも使われたPIXAR社のBrickmapという技術を導入することで、格段に作業時間を短縮できたそうです。

よく分からないから撮影風景の特集やってくださいwwwww

東映60周年記念作品
協力:JAXA 宇宙開発研究機構

<スタッフ>
監督:瀧本智行
原作:山根一眞「小惑星探査機 はやぶさの大冒険(マガジンハウス刊)
脚本:西岡琢也
音楽:辻井伸行
製作:岡田裕介・加藤進・早河洋
企画:坂上順・大澤義雄
プロジェクトマネージャー:渡辺謙


<キャスト>
渡辺謙・江口洋介・夏川結衣・小澤征悦・中村ゆり・吉岡秀隆・石橋蓮司・藤竜也・山努



スポンサーサイト

【2012/03/15 12:54】 | 邦画
トラックバック(5) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: むむむっ!
愛知女子
ゆうだい♪さん、こんにちは!
コメントどうもありがとうございます。

「はやぶさ」は私が観たのは4つです。

■角川映画系配給でプラネタリウム用を手直ししたCGアニメ「はやぶさ/BACK TO THE EARTH」5月14日~

■20世紀フォックス社の竹内結子主演「はやぶさ/HAYABUSA」2011年10月~ JAXA女性広報員役

■東映作品で渡辺謙主演「はやぶさ 遥かなる帰還」2012年2月11日~ プロジェクトマネージャー役

■松竹作品で藤原竜也主演「おかえり、はやぶさ」2012年3月10日~ エンジニア助手役

こんなにあちこち出るとは思いませんでしたがそれぞれ全然ドラマが違っています。

しかし何を省略して創るか映画会社の腕のみせどころですね。

ああ!「インセプション」観てないですwww

ご覧になったのですね。いいなー!


Re: こんにちは~
愛知女子
おくやぷさん、こんにちは!!
4作品鑑賞お疲れ様です♪
それぞれのプッシュするところは違うものもあれば共通している部分もありますね。

ここ分からないなぁ・・
本当はどうなの?
などともっと知りたくなる作品でした。
ちょっと本を注文しなくては!!

音楽やラストのCG良かったですよね。ウルウル

私も貧乏や雑草魂ものに弱いですwww
子供向けは松竹の「おかえり はやぶさ」の方かな。
今、テレビでCM流れてますね。

私NASAに電波を借りてい話は知りませんでした。
設備がない日本って貧しすぎるー!!!!
電波の提供の打ち切り話やカプセルのサンプルをアメリカに提供する約束があった話は興味深く観ておりましたよ。




NANNTEIさん
愛知女子
こんにちは!
コメントどうもありがとうございます♪
あちこちで「はやぶさ」に関する映画が創られましたが東映60周年記念作品なのでダントツゴージャスですよー!
私はツイッターをやってますが映画「はやぶさ」に関しては全部はずれだとの感想を同一人物があちこちで流すのをみて驚きましたが・・・・
わたしは「はやぶさ」に関する映画を創ってくれただけで「なんて見どころのある映画会社なんでしょう♪」
と思ってしまいます。

誉めすぎ?


全作品観て、駄作とか大失敗だったと言う人は一体何を観ていたんだろう・・・
と言いたくなりますがこらえてます(笑)

などなどどうも失礼いたしましたm(_ _;)m

ではでは

むむむっ!
ゆうだい♪
「はやぶさ」って事で、佐野史郎さんとか
西田敏行さんとかが出演されている映画と思いきや
渡辺謙さんや江口洋介さんとは‥!!
結構映画が作られていると言うことなんですかね?

ただ、キャストも豪華だし愛知女子さんの言うとおり
音楽が映画にマッチしていて引き込まれそう♪
渡辺謙さんは、インセプション依頼に見る気がするw

こんにちは~
おくやぷ
4作全部終わりましたね~

それぞれ押し出しがあるのですが、音楽、ラストのCGなど今作品はよかったと思います

ガムテのところとNASAの面々がボロ椅子をチラっとみるところは、
日本の宇宙開発にかける予算のなさを表していてわたしは泣けました~
どうも貧乏に弱い

発射からスイングバイとスイングバイからイトカワまでは省略していて、
はやぶさの行程をある程度理解している人向けだなと思いました
子供向けではなかったですね

個人的にNASAが支援を打ち切る件のやりとりのところは熱くなってましたね
謙さん言ってやってくださいよ~マハラジャかましてやってくださいよ!←けんさん違い

このシーンは今作品だけで、他と違う良い押し出し部分だと思いました


NANTEI
うーむ、
やはりキャストが重厚ですね@@。

いろいろ迷うところですが、
これがいちばんよさそう^^。

ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/02(Mon) 22:54 |   |  #[ 編集]
Re: むむむっ!
ゆうだい♪さん、こんにちは!
コメントどうもありがとうございます。

「はやぶさ」は私が観たのは4つです。

■角川映画系配給でプラネタリウム用を手直ししたCGアニメ「はやぶさ/BACK TO THE EARTH」5月14日~

■20世紀フォックス社の竹内結子主演「はやぶさ/HAYABUSA」2011年10月~ JAXA女性広報員役

■東映作品で渡辺謙主演「はやぶさ 遥かなる帰還」2012年2月11日~ プロジェクトマネージャー役

■松竹作品で藤原竜也主演「おかえり、はやぶさ」2012年3月10日~ エンジニア助手役

こんなにあちこち出るとは思いませんでしたがそれぞれ全然ドラマが違っています。

しかし何を省略して創るか映画会社の腕のみせどころですね。

ああ!「インセプション」観てないですwww

ご覧になったのですね。いいなー!
2012/03/16(Fri) 13:12 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
Re: こんにちは~
おくやぷさん、こんにちは!!
4作品鑑賞お疲れ様です♪
それぞれのプッシュするところは違うものもあれば共通している部分もありますね。

ここ分からないなぁ・・
本当はどうなの?
などともっと知りたくなる作品でした。
ちょっと本を注文しなくては!!

音楽やラストのCG良かったですよね。ウルウル

私も貧乏や雑草魂ものに弱いですwww
子供向けは松竹の「おかえり はやぶさ」の方かな。
今、テレビでCM流れてますね。

私NASAに電波を借りてい話は知りませんでした。
設備がない日本って貧しすぎるー!!!!
電波の提供の打ち切り話やカプセルのサンプルをアメリカに提供する約束があった話は興味深く観ておりましたよ。


2012/03/16(Fri) 12:48 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
NANNTEIさん
こんにちは!
コメントどうもありがとうございます♪
あちこちで「はやぶさ」に関する映画が創られましたが東映60周年記念作品なのでダントツゴージャスですよー!
私はツイッターをやってますが映画「はやぶさ」に関しては全部はずれだとの感想を同一人物があちこちで流すのをみて驚きましたが・・・・
わたしは「はやぶさ」に関する映画を創ってくれただけで「なんて見どころのある映画会社なんでしょう♪」
と思ってしまいます。

誉めすぎ?


全作品観て、駄作とか大失敗だったと言う人は一体何を観ていたんだろう・・・
と言いたくなりますがこらえてます(笑)

などなどどうも失礼いたしましたm(_ _;)m

ではでは
2012/03/16(Fri) 12:24 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
むむむっ!
「はやぶさ」って事で、佐野史郎さんとか
西田敏行さんとかが出演されている映画と思いきや
渡辺謙さんや江口洋介さんとは‥!!
結構映画が作られていると言うことなんですかね?

ただ、キャストも豪華だし愛知女子さんの言うとおり
音楽が映画にマッチしていて引き込まれそう♪
渡辺謙さんは、インセプション依頼に見る気がするw
2012/03/15(Thu) 20:14 | URL  | ゆうだい♪ #qbIq4rIg[ 編集]
こんにちは~
4作全部終わりましたね~

それぞれ押し出しがあるのですが、音楽、ラストのCGなど今作品はよかったと思います

ガムテのところとNASAの面々がボロ椅子をチラっとみるところは、
日本の宇宙開発にかける予算のなさを表していてわたしは泣けました~
どうも貧乏に弱い

発射からスイングバイとスイングバイからイトカワまでは省略していて、
はやぶさの行程をある程度理解している人向けだなと思いました
子供向けではなかったですね

個人的にNASAが支援を打ち切る件のやりとりのところは熱くなってましたね
謙さん言ってやってくださいよ~マハラジャかましてやってくださいよ!←けんさん違い

このシーンは今作品だけで、他と違う良い押し出し部分だと思いました
2012/03/15(Thu) 19:02 | URL  | おくやぷ #NvRuhwz.[ 編集]
うーむ、
やはりキャストが重厚ですね@@。

いろいろ迷うところですが、
これがいちばんよさそう^^。

ありがとうございました。
2012/03/15(Thu) 18:35 | URL  | NANTEI #8g7ZE2Jk[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
はやぶさ映画第3弾 今回は渡辺謙主演、瀧本智行監督 いつもこういう情報は書かないのですが、はやぶさはカオスなので記載 関連記事 第1弾「はやぶさ -HAYABUSA BACK TO THE EARTH-」 46分ドキ...
2012/03/15(Thu) 18:53:50 |  as soon as
はやぶさを映画にした3本のうち、 2本目の観賞。 1本目『はやぶさ/HAYABUSA』を観たから、別にいいかって思っていたのですが、 ま、監督も俳優陣も視点も違うかなと思って、 たまってたポイントを...
2012/03/15(Thu) 20:18:12 |  よくばりアンテナ
JUGEMテーマ:邦画&amp;nbsp;   ドキュメンタリーぽい映画でしたが、本編とあまり関係のない &amp;nbsp; 東出博と井上真理の家族のことには、ぐっときましたね。 &amp;nbsp; あまり儲かっていないが、自分のやりたいことに &amp;nbsp; 執着する町?...
2012/03/17(Sat) 19:59:39 |  こみち
M-Vロケットに搭載され打ち上げを待つはやぶさ内部をボアスコープが巡るオープニング。最初にアップになる電子基盤上の小さな部品こそが、後にイオンエンジン全停止というプロジェクト最大の危機を救うことになるクロス運転回路のダイオードだ。次いでボアスコープはX軸の...
2012/03/17(Sat) 21:40:10 |  SOARのパストラーレ♪
 3つの制作会社がそれぞれの視点と思いで惑星探査機・はやぶさを映画化しました。今回は東映が描いた作品はやぶさ 遥かなる帰還の記事です。  3作品見たら、もうどのエピソードがその作品だったかすっかり混同してしまったので、ちゃんと記事に出来るか心配ですが。...
2012/05/24(Thu) 07:18:49 |  よしなしごと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。