映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなダークファンタジー初めて観ましたww

今回ベルセルク3部作のうちの2作目になります。
109シネマズの女性デーに行きましたのでほとんどが女の子のお客さんでしたね。
たいていお一人様でしたが中にはお友達に騙されてくる子いました。
おとなりが吉川ひなのばりの美人でびっくりしました!!
この映画を観に来る客層が前回にひきつづきイマイチ分からないです。
あ、前回おとなりはおじいさんトリオとウェスタンスタイルのイケメンだった・・・
ラスト目もくらむようなラブシーンがありましたが女性ばかりだったので割と堂々と観てましたね。

見どころは何と言ってもドルドレイ攻略です。
ヨーロッパで何日もかけて取材しただけあってものすごい臨場感です!
ロード・オブ・ザ・リングにも負けない迫力でしたwww
これだけ綺麗なものも血飛沫も同じくらい描いている作品他に観た事ないです。
わたし、ニトロプラスの作品好きなんですがタブーにひっかからないようにしているじれったさがあるんですね。
でもこの作品のレッドラインを突き破っても惹きつけられ魅せられるスケール感は素晴らしいし気持ちいいです!
音楽も平沢進さんでオープニングからしてかっこよすぎ!!!!
周りの女性がいつの間にかポップコーン食べるの忘れてましたもの。
1部を観ないで来たお客さんもいましたが割と大丈夫みたいでした。
グリフィスを女の人だと騙して友達を連れきたんですが最高にウケてくれました!!←自分も騙されたからwwww
ベヘリットのペン兼ペンダントのお土産は人によってはとても喜ばれるとおもいます!
だって覇王の卵なんですから!!!
エンドロールで流れたチェロの協奏曲なのかな?重いレクイエム調のエンディングすごく好みです!


この映画ではキャスカがさらに一段とかっこよかったですよ。惚れそうになりました(*´∇`*)

【あらすじ】
「他人の夢にすがることなく、自分の生きる理由は自らが定める。私にとって友とはそんな対等な者」グリフィスのその言葉を聞いてしまったガッツは鷹の団を去る決意をする。対等の友になる為に・・・
ミッドランド王国とチューダー帝国との百年戦争が最終突入する。ミッドランドの精鋭軍が難攻不落のドルドレイ要塞を攻め入るが、チューダー最強のボスコーン率いる紫犀聖騎士団に迎え撃たれ壊滅に追いやられる。そこでグリフィス率いる鷹の団が出陣を進言する。しかし鷹の団五千に対し敵は三万一体どうやって勝つのでしょうか・・・無敗の戦国武将秀吉の戦話並みにご期待をwww


ガッツ・・岩永洋昭
グリフィス・・櫻井孝宏
キャスカ・・行成とあ

原作・・三浦健太郎
監督・・窪岡俊之





スポンサーサイト

【2012/07/13 15:30】 | 邦画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。