映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

109シネマズで3週間の限定上映してました。
アニメです。前編をやってエンディングの時に帰ってしまう人がいました・・
つづいて後編があるの分からなかったんですね。私も帰りの支度してましたもの。

声優さんはほとんど当時の人達でびっくりしました!!
斉藤一の声は鈴置さんがなくなってますからひきつづき成田剣さんが。
志々雄真実の声が池田政典さんに代わっていてものすごく違和感があってちょっと残念。
多分ルパン三世の声みたいにこちらも前声優さんに似せようとして失敗しちゃったんでしょうね。
気にしないでのびのびやってやって欲しかったですね。
あと四乃森蒼紫の声も違和感あったような。安原義人さんとなってますね。
思い切り違う声でも途中からどうでもよくなるものですがこの作品は最後まで気になりました・・

昔のアニメとほとんどあらすじはあまり変わらないので観慣れた人にとってはちょっと退屈かも。
そういえば成田剣さんはガンダムUCのブライト・ノアの声をやっていますね。違和感ないです。

お土産いろいろ売ってましたが女性客が結構いろいろ買って行きました。
私は予告編でみた実写版のるろうに剣心が気になります。
このるろうに剣心の話というか歴史観はハチャメチャでファッションも現代風のものもあったりとちょっとついていけないところが多いのですが・・・
和月伸宏の作品はるろうに剣心よりも武装錬金の方が私は好みです♪


【前編あらすじ】
明治11年初夏
大久保卿暗殺の黒幕志々雄が企む「京都破壊計画」を阻止するために、京都御庭番衆の頭、翁は先代の遺児、操に一つの任を与えた。かつて人斬り抜刀斎と呼ばれ明治維新を裏で支えた男、緋村剣心の探索である。操は東海道を登り、想い人四乃森の消息をしるかもしれない剣心を見つける。剣心もまた翁と同じく真実の企てを阻止すべく京都に向かっていた。剣心の跡を継いで新政府の為に人斬りをして尽くしてきた志々雄、しかし政府に裏切られ火をかけて殺されかけた過去が。今の腐った政府を倒し、新しい世の中を創ろうと力を求める志々雄。それを否定する剣心。しかし志々雄の配下の瀬田宗次郎に逆刃刀を折られてしまう。


【後編あらすじ】
かつての蒼紫とは別人のようになって翁を斬った蒼紫。
それを目撃してショックを受ける操。
しかし、操は自分が京都御庭番衆頭になって志々雄らの野望を阻止する為に京都を大火から守ることを宣言!
そして弥彦や薫も京都に到着し京都の防衛に徹することに。
あのシャアの声のお師匠さん出てきますよー!
相楽左之助、斉藤一、剣心らは大阪港へと向かう。
そこには異国の船が・・・




スポンサーサイト

【2012/07/13 15:31】 | 邦画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。