映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<感想>
レディースデーを利用して見に行きました。
実はメチャメチャ暑いので映画観ながら涼むつもりでいたんです。
以前からチラシとか観てなんじゃこりゃと思っていましたしww
でけっこうキツイ作品でした(笑)

こちら書籍が上巻と下巻で売られてましたが読んでません。
多分映画を観てよく分からなかったので読んでみたいとはおもいます。

こちら普通のシーンから思わぬタイミングでビクッとさせられました。
その不意打ちぶりに何回かやられました・・・
例えばあちらから主人公の方に歩いてきてにこやかに話しかけてくる貴婦人がいきなり顔面パンチ浴びせるとか・・・
他にもいろいろ主人公の妄想なのかよく分からないシーンが色々出てきてそのたびに凍りつきました。
まあ、訳が分からずポカンと観ているうちに理由が最後で明らかになるのですが・・・


冒頭はトマト祭みたいに赤いものを群衆が体に塗りたくって盛り上がっているシーンから始まります。
この映画ではチラシもそうですが赤ばっかりです・・・・・
食べ物やらペンキやらで血を連想させるいろいろな赤を取り入れてスクリーンに出しますΣ(; д )ドキッ

実際には流血シーンは無いのですが・・・

流血したであろうシーンは省略されてます。
多分そんなにこだわっていないのでしょうね。
お客さんの想像にお任せしますみたいな状態でした。

劇場内はレディースデーだとちょっとうるさい感じがするのですがこの映画は途中からみんな凍ってました。静かすぎる・・・

子供が親の為にいろいろ犠牲になったり、失ったりする話は割とよくあるのですが、主人公が作家として成功し、優しい旦那さんもいる美しい良妻賢母。
ところが美しい息子にに傷つけられ何もかも奪われていく展開になっていく。

日本だったら八つ墓村の祟りみたいに息子になにかが憑りついたんじゃないかと思ってお祓いに行きまくるところでしょうが・・・

母親にだけ逆らう、傷つけるような事をするけど父親や周りからは子供らしいし勇敢に見える部分しか見せない・・・
そういえば息子は友達と遊んでいる風景とか出てこなかったから学校で優等生だったのか劣等生だったのかよく分からなかった。
こういう大事なところを省いている映画って結構イライラしちゃうんだけど分からないから不気味に感じたりするんでしょうね。

暑い夏にはもってこいの作品ですよー!


<あらすじ>
衝撃的な内容、400ページを超える長編で「映画化が困難」と言われてきたイギリス女性作家文学賞の最高峰、オレンジ賞受賞作品を映画化。
過去と現在を交錯させ、「事件の日」へ向かうサスペンスフルな構成、監督特有のストイックで繊細な映像表現が、観る者を謎と恐怖へ引き込み、そして得も言われぬ感動へと導く。

自由奔放に生きてきた作家のエヴァはキャリアの途中で子供を授かった。ケヴィンと名付けられたその息子は、なぜか幼い頃から母親であるエヴァにだけ反抗を繰り返し、心を開こうとしない。やがてケヴィンは、美しく、賢い、完璧な息子へと成長する。しかしその裏で、母親への反抗心は少しもとどまることはなかった。そして悪魔のような息子は、ついにエヴァの全てを破壊するような事件をおこす。

監督 リン・ラムジー
出演 ティルダ・スウィントン
   ジョン・C・ライリー
   エズラ・ミラー
脚本 ラン・ラムジー&ローリー・スチュワート・キニア

原作 ライオネル・シュライバー
音楽 ジョニー・グリーンウッド

2011年イギリス作品

原題 WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN









スポンサーサイト

【2012/07/21 13:41】 | 洋画
トラックバック(1) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 観ちゃいましたね
愛知女子
ナドレックさん、どうもこんにちは!
TBとコメントどうもありがとうございます(*´∇`*)

はい、観てしまいました!

レディースデーであんなにシンとする雰囲気はちょっと無いですね。
誰一人喋る人もいないし皆さん無言でスクリーンを後にしてました。
こんな雰囲気初めてですよ!

そうですね。いっそホラーサスペンス風にしてくれればいいですのにw

あと冒頭のトマト祭りはスペインでしたか。
ニュースで毎年見かけますが食べ物勿体ない!
と思った覚えが・・・

グチュグチュ全身に塗られているシーンはスプラッタものみたいで気持ち悪かったですww





観ちゃいましたね
ナドレック
こんにちは。
きつい映画ですね。思い出すだけでゾッとします。
いっそホラー映画で、あれは得体の知れない怪物なんだと割り切れればいいのでしょうが。
スペインのトマト祭りは、けっこう気持ちの悪いものですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/21(Tue) 14:30 |   |  #[ 編集]
Re: 観ちゃいましたね
ナドレックさん、どうもこんにちは!
TBとコメントどうもありがとうございます(*´∇`*)

はい、観てしまいました!

レディースデーであんなにシンとする雰囲気はちょっと無いですね。
誰一人喋る人もいないし皆さん無言でスクリーンを後にしてました。
こんな雰囲気初めてですよ!

そうですね。いっそホラーサスペンス風にしてくれればいいですのにw

あと冒頭のトマト祭りはスペインでしたか。
ニュースで毎年見かけますが食べ物勿体ない!
と思った覚えが・・・

グチュグチュ全身に塗られているシーンはスプラッタものみたいで気持ち悪かったですww



2012/07/21(Sat) 23:21 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
観ちゃいましたね
こんにちは。
きつい映画ですね。思い出すだけでゾッとします。
いっそホラー映画で、あれは得体の知れない怪物なんだと割り切れればいいのでしょうが。
スペインのトマト祭りは、けっこう気持ちの悪いものですね。
2012/07/21(Sat) 22:21 | URL  | ナドレック #cxq3sgh.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 世界でも、自国の歴史の上でも、もっとも平和な時代を迎えた日本。  けれども、残念ながら凶悪犯罪はゼロにはならない。そしてどんな犯罪者にも親はいる。  もしも我が子が凶行に走ったとき、「あの子な...
2012/07/21(Sat) 22:09:28 |  映画のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。