映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想の前に・・・

上映前の暗くなったわずかだけど長い時間、

割と近い席で炭酸飲料ボトルが

\プシュwwwww/

ビックリして飛び上がっちゃったよwwww

やめてくれwwwww

心臓に悪いwww

シーンとしてるところで炭酸の音って・・・ワザとか?

以上




<感想>


かなりの力作でした。

「綱ひいちゃった」の後に観てしまったのでテンションメチャメチャ下がりました。

耳がドクドクするほど泣いた映画もあまりないような・・・

草刈民代の陰影の濃い顔と表情が終始重かったwww

引力というよりも重力を持って放さなかったですね。

医療と法律は相容れない・・・

法律の方が権力があるからこういう事になるのですね。

医療も法律も人の為にあるものだけれど

相手の苦痛を1番和らげる「死」という行為で解放へと導いてしまった

しかし彼女を憎む誰かから陥れられ

咎人となった

その行為は自分が望んだのではなく患者が望んだものなのに。

本当は生きててほしい!

そういう気持ちが痛いほど強く伝わってきました。

人工呼吸器を外したあとに発作で暴れだす

何度も薬で抑える・・・

苦痛を和らげるために

死に直面したことのない人から見たらどうしていいか分からないような取り乱した風景・・・・

しかし周りは彼女を簡単に見捨てた

主張すればするほど検察に都合のいいような調書を作成され続ける無慈悲な場面。

それを見守る検事の部下の痛々しそうな眼差し。


草刈民代の死の天使見事でした!

それにしても大人になってからの喘息ってこんなに死と隣り合わせなのですね。

喘息は2年間発作が起きなければ治療を終了できるけれど放置すればどんどん悪化するもの。

入院すれば治療費はかかるし、治ってもいつ発作で動けなくなるか・・・

それを何十年。


ところで、最近医療叩きすぎですよね。

以前、予防接種のあとに子供が死亡した事件がありましたが原因が分からないのに診療所の名前がテレビで出されました。

結局は子供は服用していた薬があったのを親が医師に知らせていなかったとか・・・

報道側も医療への理解に隔たりがあるのですね。


以前植物状態の人と会話できる方法が見つかったというニュースがありましたが・・・・

まだまだ庶民には難しそうです。

早くそうできるといいですね。

もし私が植物状態で生命維持装置を付けている状態になったら費用がかさむから延命拒否すると思う。

お金がないからしょうがないじゃん。

長患いって本当に家族も本人も苦しい。もう地獄だもん!

静かにゆるやかに1人で死を迎えたいものです。

死で終わると考えちゃうからいけないんじゃないかな?

死の先に何があるか解明されたら法律覆っちゃうんでしょうね。

「私のお父さん」いい曲なのにそういう滑稽な歌だったんだ・・・・




<原作>
朔立木

<キャスト>
草刈民代
役所広司
浅野忠信
大沢たかお

<スタッフ>
監督:周防正行
音楽:周防義和

エンディング曲:「遠く、そして近く」種もとこ
挿入曲:「私のお父さん」キリ・テ・カナワ
















スポンサーサイト

【2012/12/04 12:27】 | 邦画
トラックバック(1) |

Re: プシュ
愛知女子
ナドレックさん、 こんにちは。
コメントありがとうございます!
やられたことがありますか・・(≧▽≦)e-330
あのプシュwwwを何故真っ暗になってからやるんでしょうね。
お化け屋敷じゃぁあるまいにwww



プシュ
ナドレック
こんにちは。

>\プシュwwwww/

私もやられました(T^T)
せめて予告編のうちに開けてくれればいいのに。
意地が悪いですねー。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: プシュ
ナドレックさん、 こんにちは。
コメントありがとうございます!
やられたことがありますか・・(≧▽≦)e-330
あのプシュwwwを何故真っ暗になってからやるんでしょうね。
お化け屋敷じゃぁあるまいにwww

2012/12/15(Sat) 16:05 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
プシュ
こんにちは。

>\プシュwwwww/

私もやられました(T^T)
せめて予告編のうちに開けてくれればいいのに。
意地が悪いですねー。
2012/12/15(Sat) 00:34 | URL  | ナドレック #cxq3sgh.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 さすがは周防正行監督だ。『終(つい)の信託』は144分もの長さがありながら、名人芸ともいえるショットの積み重ねで、一瞬の無駄もない。  いや、一瞬の無駄もなく切り詰めに切り
2012/12/04(Tue) 17:33:31 |  映画のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。