映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《エデンの檻》
瀕死のザジくんがみんなに気づかれないよう自分から崖に落ち姿を消した!(前回)

ショックを受けた全員だが…。
徐々に落ち込みから立ち直ろうとする。

真里谷は「僕は変わるぞそうじゃなきゃ
いけないんだ……!!」

自分たちに立ち止まってる暇はない!
自分だけ落ち込んでいられないと悟り、ようやく食べ物を泣きながら口にいれるアキラ。

神楽真実の予知は本物だと認めたアキラ達。

一方、エイケンら別の一行が人工物にたどり着いたが…。
これは一体?

今回ここまで露出が多いとは思わなかった…。
暗い場面を盛り上げる為でしょうが…。
りおんや宮内ら女子が大森さんを慰める。ザジくんの事で泣いて抱き合うのですが、川で水浴び姿の裸の為、吹き出してしまった。

原始少年のような格好ではなくあくまで制服なのですね‥。
しかし、話はサバイバル冒険ものです。次回も楽しみです。

《アバウト!》
光嶺3年樋口が素顔を晒した!
反則。カッコイい…。来週はついに朝霧降井
朝霧が面白い!しかしみんなどこかで見たような顔のキャラクターばかり?

《コード:ブレイカー》上杉くん、あまり覚えていなかったのですが、こんなに不敵な顔でしたか…。(*^^*)

突然大神の腕にエンペラーの姿が…。
エンペラーの言う対価とは何か。不吉な予感が…。

上杉くん生きていました…!!
もう誰も死んで欲しくないのですが…。

来週も盛り上がり間違いなしですね‥!
《ゴッドハンド輝》
医院長は、死を畏れるテルに父親の死を、悲しい過去と向き合わせる。

患者の死に立ち会った事のない輝が、患者の死を恐れるようになる。そんな輝を医院長は自分の命も勘定に入っているのか問われる。
輝は一度死んで、父親の光介の命がけの処置で再びこの世に生まれてきたんだという事、闇から来る手は父親の手だと気づく。
医院長から、
医者をやっていて、テルがまだ一人の患者さんの死に遭っていないのは経験が浅いからだと言われる。
医院長は、光介だったらこう言うだろうと

「畏れることを畏れるな生命とは畏るるに尊いものなのだ……!!」


元気ないテルは、つまらないですよね‥?
立ち直れテル!お父さんも、患者の死を畏れたから出来たんだ!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
《ゴッドハンド輝》
医院長は、死を畏れるテルに父親の死を、悲しい過去と向き合わせる。

患者の死に立ち会った事のない輝が、患者の死を恐れるようになる。そんな輝を医院長は自分の命も勘定に入っているのか問われる。
輝は一度死んで、父親の光介の命がけの処置で再びこの世に生まれてきたんだという事、闇から来る手は父親の手だと気づく。
医院長から、
医者をやっていて、テルがまだ一人の患者さんの死に遭っていないのは経験が浅いからだと言われる。
医院長は、光介だったらこう言うだろうと

「畏れることを畏れるな生命とは畏るるに尊いものなのだ……!!」


元気ないテルは、つまらないですよね‥?
立ち直れテル!お父さんも、患者の死を畏れたから出来たんだ!
スポンサーサイト

【2010/09/29 10:22】 | 漫画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。