映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新田次郎原作
木村大作監督

CG一切無し!!
実際に全ての道を登ったのは凄い!
台本より水を一本でも多く持って行けー!
台本持たずに行く人続出。
「誰か台本持ってないか!?」
なんて状況も。関係者のコメントは実に興味深いです。

ところで、
新田次郎の話とは大分違います!
読めば分かりますが新田次郎原作ではとても…。
その甲斐あってか観客の多数を占めたのが老夫婦!
(ほぼ満員)

兎に角、俳優より景色に目がいきます。
スクリーンで観て良かった。
音楽もいいです。♪
ヴィヴァルディの四季。とてもよく合っていました!
最後の手旗信号の話はありましたっけ?
おそらくフィクションでしょう。
映画としては余分でした。

メイキングの様子DVDもレンタルしてみました!(どんだけsukinanda)
確か、
「剣岳~制作の記~」だったかな~?

それにしても夏八木勲が行者様とは、タフですね…。柴崎役の浅野さん重かったろうな。

何回観ても楽しめます!!
因みに立山黒部アルペンルートへ行った人の話では
「浅野さんお薦めの●●」
「松田さんお薦めの●●」
と店に出ているらしい。

スポンサーサイト

【2010/09/19 19:06】 | 邦画
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
観てきました 上映中のため内容は詳しく書かないので、 詳細は密度の濃い感想をかかれるブログか公式でどうぞ 原作の新田次郎さんの本は既読でした 関連記事 → 『剣岳 点の記 』 このとき書いたように、想像は自由なものです その描写により?...
2011/02/26(Sat) 09:50:29 |  ハクナマタタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。