映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOHOシネマズの6回観たら1回無料のポイントを使い、400円を支払い指定席を選ぶ。あれ、前300円でしたのに…。
初めての3D

アバターで大好評だった3D

上映前に説明が出た。おおー ☆ポップコーンが浮かんで見える~
いよいよ上映だ!!

画面が暗いなー。
しばらくすると、画面がボヤケてきました(笑)
鼻の付け根から曇って来たみたいです。
上映中、メガネを10回以上拭いましたが、目と目の幅が合わない?視界が狭い!
海猿は暗い場面が多いのですからとうとう外してしまいました。
あれ?皆さん外している。
着けたり外したりで髪がボサボサ。髪の長い人でフケが落ちる人がいるだろうに。

回収するおばちゃんスタッフに聞いてみた。
「時々曇りましたがよくあることですか?」
「いえー。そんなことはありません。しかし、体温と気温の差で曇る事はあるかもしれません。」
他にも画面が虹色で見えなくなる人も。
「電池切れですね。すみません。」
それで終わり。
いやいやそこは返金等のお詫びをする所では…。
何やってるの


やはり今回海猿は暗すぎてメガネをとらないと見づらい、分けが解らなくなったとの感想が続々。
私個人は海猿は2Dで観る方がオススメかと良思います。

上映後半のラスト鼻を啜る音が聞こえ始めました。
エンディングはメガネが無いとダメ。
懐かしい人物らの回想場面が流れ続けました。
感極まり、涙を流して余韻に浸る女性が結構いました。
感動して泣いている人を観て感動していました。
私は冷たい人間なのか今回涙ゼロでした…。
ぐっと来た所は、ハットリ(漢字不明)が脚の折れた仙崎を迎えに一人で飛び込む所かな?
一人は凄い怖い!勘が利く人でなければ不可能です。
彼は凄いじゃないですか!
絶体絶命のピンチを避ける勘は素晴らしい。

私は鶴見信吾の立場もよく解る! 彼だって死人は出したくないですよ。命をかけて作ったモノを命の為に沈める!

しかし最後に彼の電話口で見せた表情が印象的でした。
この後彼はどうなったか知りたいですよ。

資源掘削、採掘が活発化する昨今は事故が起きれば救助は難航する事件が多発しますよ。
昨日から始まったチリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山の落盤事故で、深さ600メートル以上の地下坑道からカプセルを使った作業員の引き上げ作業が始まり、 日本時間13日午後0時10分、最初の作業員が地上が…
地下に閉じ込められた作業員33人全員の救出は14日にも完了する見通し。


今回の映画は台風が近づいている中、レゴリア東側にに掘削船が激突火災の事故。今回救出対象は5人。うち海猿が2人。何故か美人女医が紅一点。
設計士が1人。
技術者?三枚目1人。
バランスのとれた配役でした。

人数少なすぎでは。せめてポセイドンアドベンチャー並みに欲しかったです。
しかし、もっと大勢いたならばどうなっていたのでしょうかやはり死人が出たと思います。

私個人としては最後まで想像通りになり終わってしまい残念です。
仙崎が無事家族のもとへ戻れるのか。
赤ちゃんと2人取り残された不安に涙する家族はどうなってしまうのか。そこの部分に もっと人間的ドラマが欲しかった。
ハットリが、怖じ気づいて不安を打ち明け始める所がありましたが違和感を感じました。命の危険があったばかり、極限状態。しかし自分は逃げてばかり。そんな時によくあれだけ喋れるなー。と違和感ありまくりです。早く黙って避難すればいいのに…。
落ち着いてから喋ればいいのに。



台風に煽られるレゴリアのシーンは迫力がありました。
今までで一番水だらけ。火災で閉じ込められたり、上から落下物に苦しめられるし、色んな水が迫ってきましたが、映像では実際水を何リットル使ったのでしょうか。




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
地下に閉じ込められた作業員33人全員の救出は14日にも完了する見通し。


今回の映画は台風が近づいている中、レゴリア東側にに掘削船が激突火災の事故。今回救出対象は5人。うち海猿が2人。何故か美人女医が紅一点。
設計士が1人。
技術者?三枚目1人。
バランスのとれた配役でした。

人数少なすぎでは。せめてポセイドンアドベンチャー並みに欲しかったです。
しかし、もっと大勢いたならばどうなっていたのでしょうかやはり死人が出たと思います。

私個人としては最後まで想像通りになり終わってしまい残念です。
仙崎が無事家族のもとへ戻れるのか。
赤ちゃんと2人取り残された不安に涙する家族はどうなってしまうのか。そこの部分に もっと人間的ドラマが欲しかった。
ハットリが、怖じ気づいて不安を打ち明け始める所がありましたが違和感を感じました。命の危険があったばかり、極限状態。しかし自分は逃げてばかり。そんな時によくあれだけ喋れるなー。と違和感ありまくりです。早く黙って避難すればいいのに…。
落ち着いてから喋ればいいのに。



台風に煽られるレゴリアのシーンは迫力がありました。
今までで一番水だらけ。火災で閉じ込められたり、上から落下物に苦しめられるし、色んな水が迫ってきましたが、映像では実際水を何リットル使ったのでしょうか。




スポンサーサイト

【2010/10/14 00:22】 | 邦画
トラックバック(2) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
THE LAST MESSAGE 海猿 この映画第1弾は録画で観ました。 第3弾は完結編(?)なのかなぁ? 日本・韓国・ロシアの共同国家プロジェクトである天然ガスプラント「レガリア」 そのレガリアに海洋掘削...
2011/06/30(Thu) 02:32:01 |  単館系
10月6日 THE LASR MESSAGE 海猿 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11034111038/f7abde1a
2011/10/06(Thu) 10:21:49 |  スポーツ瓦版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。