映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏見ミリオン座へは、13年ぶりに行きました!綺麗になっていてびっくり
売店・トイレは1階のみ。
階段で3階へ。エレベーターもありました…。
70席くらいの自由席でした。
チケットの購入ナンバー順によばれて入ります

鹿児島県出身の榎木孝明主演、企画者でもあります。凄まじい郷土愛が伝わってきます。
榎木は示現流の達人であり、半次郎になりきりたい、演じたいという情熱がこの作品に現れています。
彼が企画しただけある作品です。
中村半次郎:榎木孝明
永山弥一郎:AKIRA
さと:白石美帆
別府晋介:津田寛治
村田新八:坂上忍
篠原国幹:永澤俊矢
辺見十郎太:広島光
河野圭一郎:冨家規政
野村忍介:犬山ヴィーノ
大久保一蔵:北村有起哉
西郷吉之助:田中正次
常吉:田上晃吉

監督:五十嵐匠
撮影:阪本義尚
音楽:吉俣良

映画「半次郎」を成功させる会発起人
伊藤祐一郎、稲盛和夫、森博幸、梅原猛、諏訪秀治、門川大作、島津修久、島津義英、山田啓二、西郷吉太郎、西郷隆文、大久保利□、加藤房子、原口泉、瀬戸内寂聴、津曲貞利


《感想》
薩摩国の世界です!

薩摩示現流は一刀流派からみれば随分異質でしょうが…。

ホオアァァァァァァアァァァァ断末魔のような震撼さ
せる雄叫び

バシバシバンバンバンバン、
親の仇のように激く速くひたすら叩き続ける音。
アニメひぐらしの世界も真っ青!悲鳴状態です!
素直に怖かった

示現流初めて見ました。 少し感動。

西郷吉之助(隆盛)はなんと、全国オーディションで選ばれた鹿児島県出身の方です。
名古屋市在住。
ほとんどただ黙って座っていますが、黙っている難しい役だから大事でした。

永山弥一郎は知らなかったのですが、なんとEXILEのAKIRA!殺陣見事です!榎木から貰ったふんどしを締めて挑んだだけあります!テレビや映画にも活躍中です。


榎木孝明に離れずカメラがついて回っています。

明治維新をやってみせた気概。自分達がやってみせるという薩摩隼人の魂を見せてもらいました。

薩摩ゆかりの人には涙が滝のように流れてしまう映画です。

すみません。愛知女子は涙は…。最後のさとの部分とエンディングだけです。

時代劇のエンディングは鎮魂歌風になりますが、今回の選曲は、どなたも聴いた事のある名曲「ソルヴェイグの歌」に日本語歌詞を付けて平原綾香が歌ったものです。

早速家で原曲を聴いてをみました。
グリーク:ペールギュント

ソルヴェイグの子守歌の内容はこんな感じです


お休み、わたしのいとしい子
お前をあやし、見守ってあげよう
お休み、わたしのいとしい子
お眠り、夢のなかに
★ ★ ★ ☆ ☆ ☆

ペールは様々な幸、不幸の旅の連続。
ノルウェーの近くで難破、九死に一生を得るペール。無一文になってボロボロ。白髪になったソルヴェイグの元にたどり着きます。待ち続けた彼女の膝に顔をうずめ、静かにペールは息をひきとります。

うーん、3回も聴いて考え込んでしまった。

この映画は芝居で観てみたいですよ!やっていませんか?

殺陣は力ずく、殴る蹴るなんでもあり。まさに戦です。

劇場内は30人以上でしたが、老人は勿論、若い女性も結構みえていたので驚きました。
エンディングの最中誰一人席を立ちませんでした。

機関銃でボロクズのように散る姿に嗚咽を堪える年配女性も。

歴史を学んでからまた映画を見たいかも。


ところで、
薩摩といえば木曽川の治水です!
こちらは小学3年生で千本松原を学校で学びます。
校外学習(遠足)は木曽三川です。揖斐川の治水神社に行きました。

薩摩の人達の犠牲を伴った治水工事を忘れないで欲しいという想いが感じられます。

薩摩と愛知の縁の話でした。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
グリーク:ペールギュント

ソルヴェイグの子守歌の内容はこんな感じです


お休み、わたしのいとしい子
お前をあやし、見守ってあげよう
お休み、わたしのいとしい子
お眠り、夢のなかに
★ ★ ★ ☆ ☆ ☆

ペールは様々な幸、不幸の旅の連続。
ノルウェーの近くで難破、九死に一生を得るペール。無一文になってボロボロ。白髪になったソルヴェイグの元にたどり着きます。待ち続けた彼女の膝に顔をうずめ、静かにペールは息をひきとります。

うーん、3回も聴いて考え込んでしまった。

この映画は芝居で観てみたいですよ!やっていませんか?

殺陣は力ずく、殴る蹴るなんでもあり。まさに戦です。

劇場内は30人以上でしたが、老人は勿論、若い女性も結構みえていたので驚きました。
エンディングの最中誰一人席を立ちませんでした。

機関銃でボロクズのように散る姿に嗚咽を堪える年配女性も。

歴史を学んでからまた映画を見たいかも。


ところで、
薩摩といえば木曽川の治水です!
こちらは小学3年生で千本松原を学校で学びます。
校外学習(遠足)は木曽三川です。揖斐川の治水神社に行きました。

薩摩の人達の犠牲を伴った治水工事を忘れないで欲しいという想いが感じられます。

薩摩と愛知の縁の話でした。
スポンサーサイト

【2010/10/18 15:33】 | 邦画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。