映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督 - 中田秀夫
脚本 - 鈴木智
主題歌 - May'n「シンジテミル」(flying DOG)
結城理久彦 - 藤原竜也
須和名祥子 - 綾瀬はるか
関水美夜 - 石原さとみ
大迫雄大 - 阿部力
橘若菜 - 平山あや
西野宗広 - 石井正則
真木雪人 - 大野拓朗
岩井荘助 - 武田真治
渕佐和子 - 片平なぎさ
安東吉也 - 北大路欣也

「インシテミル」何語?おや、日本語ですか!?エンディングは「シンジテミル」

最初は思ったよりそんなに怖くないな。
と安心感があった。
しかし、サスペンス好きの人が殺された時点から暗転。
肘掛けを握りっぱなしです。

いきなりの殺人事件。
怪我をし、絶叫し、格闘する演技は流石、藤原竜也です。ぽけっとした気の良さそうな感じから目を剥いた憤怒の表情まで素晴らしいです。
映画が終わると、手の平にかなりの汗をかきました…。

出だしに主人公が、見とれていたのは関水(石原さとみ)では無かったのね…(笑)

映画館内は5人くらい。広々一番いい席で見られました(笑)
豪華キャストばかりで、この人は死なないだろうと思いましたら、どんどんお亡くなりに…。
《あらすじ》
ある心理的データをとるための実験に集められた10人。(原作では12人か!?特徴も変えてあります)時給1120百円の報酬額。最大7日間または生存者が2人になった時点で実験終了。特別ボーナスあり。質問は一切不可。
暗鬼館へは人気のない山の中に外見無機質なコンクリート造り。
暗鬼館では守らないと大変な事になるいくつかルールが決められています。
1人1部屋ずつ鍵の掛からない部屋で、夜10時から朝6時の間は必ず中にいる事。
一定時間ごとに廊下を巡回するパトロールロボ《ガード》に見つかると、警告を受けます。さらに従わないと排除されます。処刑です。

朝、廊下で銃弾の後があるメンバーの死体が発見される。

1人に武器が部屋にひとつずつ自分のカードで開く金庫の中(小説ではブリキのおもちゃ箱)に入っています。
それぞれの武器は不明。あれ?種類はチラシに載っていませんでしたっけ…。

主人公はお互いが信頼を築いて無事7日間を乗り切りましょうと話し合う。

しかし、殺人者が潜む恐怖感に捕らわれたメンバー。
武器は自分を守る武器にもなるので、皆自分たちの武器の公開は断固拒否する。

探偵に立候補した意見に多数決で解決されるゲーム。
犯人と認定されると監獄へロボット《ガード》が捕獲し連れて行きます。勿論、犯人にされた人は怒り抵抗します。
(あれ?主人公が吹っ飛ばされている!)
あまりの信じられない出来事に悲鳴や怒号が…。
犯人も探偵も殺された人にも倍額のボーナス!!?が支給されるゲームが本格化する。サバイバルものに。

何度も窮地に陥るが、好きな人を庇い、謎に立ち向かう主人公に共感しながら観る事ができました。(笑)

主役級の豪華キャストばかりで、まさかあの人が、まさかあの子が、えぇ!北大路欣也までが!?
役者のイメージがひっくり返ります。

ラストがまだまだしっくりこないので、
今文庫でまだまだ確認中です。
本当はもっと盛り上がる話しなのでしょうが、映画の時間枠を考えるとこれでいいと思います。(さらに連続ドラマ版を作って欲しいです!!)

原作は意外に厚めの本ですから映画にはないストーリーを読む事が出来ます!

小さな子供は鑑賞はやめたほうが無難かも。デスノートやカイジのノリとは違いましたので。
マタミテミル?
もう、結構(笑)

ホンミテイル!ので。
トラックバックはこちら
映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』試写会にて鑑賞。: ほし★とママのめたぼうな日々♪
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
トラックバックはこちら
映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』試写会にて鑑賞。: ほし★とママのめたぼうな日々♪
スポンサーサイト

【2010/10/28 19:33】 | 邦画
トラックバック(3) |

Resこちらにも
愛知女子
yukarinさん、こちらにもトラックバック賜りましてありがとうございます!!(^O^)

yukarinさんすぐに犯人解ったのですか!!
凄い!
サスペンス物の展開に目が肥えていらっしゃるのですね。
私は半分くらいの確率で騙されております。(笑)

私、この話は犠牲者は1人か2人くらいかと思っておりました。

後で、吊り天井の仕掛けでガードをグシャリと出来ないのか疑問が沸きましたが…。(笑)

yukarinさん、またブログお邪魔させて下さいね。



こちらにも
yukarin
豪華キャストでしたね。
でもお話がちょっとイマヒトツな所がありました^^;
原作の方がきっと面白いんでしょうね。
映画化するのは難しいですね。

Resホンミテイル!うまい~
愛知女子
ほし★ママさん、
こちらこそいつも、ありがとうございます恐縮です(笑)
こちらの原作厚いですよね!
500ページくらいありますよ。
私、夕べ300ページ読み進みましたらいつの間にか爆睡しておりました。
話が途中から夢と入れ替わりになり、また数ページバックして読み直しております。(笑)
米澤穂信さんの作品は今まで未読でしたが、他のシリーズも興味深いです。
ところで、そんなに当たるものなのですか!?
試写会の案内はどちらでご覧になっているのですか?
昔は新聞を観て、往復ハガキで応募したものですが。
朝ドラ私もたまに観ておりますよ!
また遊びに行きますのでよろしくお願い致します。(^O^)


ホンミテイル!うまい~
ほし★ママ
記事の紹介、有難うございます。
いつもいつも気にかけてもらって嬉しいです。

で、本作私も今「ホンシテミテ」ます…
ちょっと忙しくしていてなかなか進まないのだけど
「原作の方が面白い」って事だけはわかります(#^.^#)
ホリプロの記念映画という事で
きっとキャストが先にアリキだったんでしょうね!

NHKの朝ドラが大好きで、見続けているので
石原さとみちゃんもお気に入りなの~
なかなか頑張っていましたよね。
原作を読んでいるとスワナさんも綾瀬さんピッタリ(^_-)-☆

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Resこちらにも
yukarinさん、こちらにもトラックバック賜りましてありがとうございます!!(^O^)

yukarinさんすぐに犯人解ったのですか!!
凄い!
サスペンス物の展開に目が肥えていらっしゃるのですね。
私は半分くらいの確率で騙されております。(笑)

私、この話は犠牲者は1人か2人くらいかと思っておりました。

後で、吊り天井の仕掛けでガードをグシャリと出来ないのか疑問が沸きましたが…。(笑)

yukarinさん、またブログお邪魔させて下さいね。

2010/11/01(Mon) 12:57 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
こちらにも
豪華キャストでしたね。
でもお話がちょっとイマヒトツな所がありました^^;
原作の方がきっと面白いんでしょうね。
映画化するのは難しいですね。
2010/11/01(Mon) 11:59 | URL  | yukarin #-[ 編集]
Resホンミテイル!うまい~
ほし★ママさん、
こちらこそいつも、ありがとうございます恐縮です(笑)
こちらの原作厚いですよね!
500ページくらいありますよ。
私、夕べ300ページ読み進みましたらいつの間にか爆睡しておりました。
話が途中から夢と入れ替わりになり、また数ページバックして読み直しております。(笑)
米澤穂信さんの作品は今まで未読でしたが、他のシリーズも興味深いです。
ところで、そんなに当たるものなのですか!?
試写会の案内はどちらでご覧になっているのですか?
昔は新聞を観て、往復ハガキで応募したものですが。
朝ドラ私もたまに観ておりますよ!
また遊びに行きますのでよろしくお願い致します。(^O^)
2010/10/30(Sat) 23:07 | URL  | 愛知女子 #-[ 編集]
ホンミテイル!うまい~
記事の紹介、有難うございます。
いつもいつも気にかけてもらって嬉しいです。

で、本作私も今「ホンシテミテ」ます…
ちょっと忙しくしていてなかなか進まないのだけど
「原作の方が面白い」って事だけはわかります(#^.^#)
ホリプロの記念映画という事で
きっとキャストが先にアリキだったんでしょうね!

NHKの朝ドラが大好きで、見続けているので
石原さとみちゃんもお気に入りなの~
なかなか頑張っていましたよね。
原作を読んでいるとスワナさんも綾瀬さんピッタリ(^_-)-☆
2010/10/30(Sat) 20:40 | URL  | ほし★ママ #o6.nH2Qo[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2010/10/16公開 日本 107分監督:中田秀夫出演:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、武田真治、平山あや、石井正則、大野拓朗、片平なぎさ、北大路欣也死ぬか、稼ぐか。時給11万2000円という謎の心理学実験に参加した10人の男女が、想像を超える過酷な心理ゲーム?...
2010/11/01(Mon) 11:57:10 |  映画鑑賞★日記・・・
 コンビニのアルバイト情報誌を見ていた結城は、若い女性に声をかけられ時給112.000円のバイトの存在を知る。「7日間にわたって行われる心理学の実験」の被験者となった10人は”暗鬼館”と呼ばれる施設で生活...
2010/11/05(Fri) 01:45:54 |  うさぎの昼寝
人気ミステリー作家・米澤穂信の同名小説の映画化。時給11万2千円という高額に惹かれて集まった男女10人が、一人づつ死んでいく…。 物語の設定を見て思い出したのが極限推理コロシアムでした。 関...
2011/06/30(Thu) 02:35:34 |  単館系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。