映画メインの感想を日記形式で綴っております♪どうぞのんびり覗いてやって下さいませ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは愛知女子です<(_ _)>
こちらを新聞広告で初めて知り、すぐ図書館へリクエストしました♪

新聞広告の記事には東野圭吾氏の直筆メッセージがありました。

「いろいろと推理するだろう
残念ながら
すべてはずれている 東野圭吾」

と作者かなりの自信作とうかがえます

実際その通りになりました。参りました<(_ _)>

し、しかし事件以外に気になるエンディングはやはり決まっていましたよ★
やはりこの2人でくっつくか~、つまらんな~と。(笑)
東野先生、す、スミマセン冗談です。


題名通りゲレンデを乗っ取られました…。
しかも訳の解らない内容の脅迫状と微妙な金額を要求してきます。
愛知女子は話に出てくる違反者を捕まえるシーンなど素直にわくわくさせていただきました。★

スキーに行きたいと思わせられます。温泉も
最近小さいスキー場はどんどん閉鎖されて行くので悲しいです。

また、現代日本のゲレンデにおける様々な安全対策の問題点もお勉強しました♪

以前夕方のテレビ特集で見た事がある内容とほぼ同じですが、テレビ映像から見ると、えーっ!!という所を通るのですよね。

怖いです危ないです

しかし外国は全て自己責任なのですか…。それもいいですね。え?Σ( □ ;)
とんでもないですと!?
この話に出て来るスキー場を訪れる家族は、
純粋にスキーを楽しむ年季の入ったテレマークの老夫婦。
スキー場で命を落としたお母さんの事件以来心を閉ざした少年。現実を受け入れる為に立ち直らせようと連れてくる父親。彼自身も深く傷ついた心を抱えながら、前へ進もうとする姿には涙が出そうです。しかも犯人が捕まっていない為、スノボー客を見ると犯人ではないかと思ってしまう。やりきれない話です。
しかし、
最後は犯人はあなた達だったとは…。
またまたゲレンデ乗っ取り犯人よりこちらのエンディングはさらにやりきれないです。

この話に出て来るコースを外れて勝手にスキー場を通る違反者と根津らの鬼ごっこは楽しかった!
捕まえた違反者は女、しかも可愛いお姉ちゃん、可愛い年下男と知り合いになれるのですから、羨ましい~(≧▽≦)モテモテ

彼らは海猿ならぬ雪猿?またぎ?カッコイイ

クライマックスの雪崩から逃げる時の熱いスピード滑走にもっともっとページを割いて欲しかったです★


これはドラマ化しても面白いでしょう。これからのスキーの季節には持って来いの作品です。


愛知女子は、サスペンス感よりも滑走する疾走感を楽しみました★

登場人物の根津と千晶のコンビがいい。敵無しです!犯人との鬼ごっこは「これはパフォーマンスのエアじゃない。サバイバルのジャンプだ。」
ここでは警察の介入なしのおかしな状況も話を魅力的にしています!ナイスチームプレイ&的外れ推理で騙してくれました。

この一冊にまとめられる力量。さすが東野圭吾です!
680円はファン特別価格ですよ!!
最近またドラマのガリレオが再放送しています!
1話の唐沢寿明の話が一番よく出来ていました★★★★★
後はアーツェリーのトリックも良かったです。★★

ところで、愛知女子は記事に絵文字を取り入れておりますが……。
ちゃんと反映されていますでしょうか?( ̄ー ̄;
スポンサーサイト

【2010/11/15 14:00】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。